>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスLCにカーボンボンネット/エアロパーツ、カーボンホイール装着!各部ブラックアウトにて精悍な印象に

投稿日:

レクサスLC500のカスタム

| ただしカーボンホイールは「表面をカーボン処理」したにとどまるようだ |

さて、現在の自動車市場において「もっとも美しいクーペ」とも称されるレクサスLC500。

今回はホイールメーカー、Strasse(シュトラッセ)が自社のホイールを装着したLC500を公開しています。

なかなかに刺激的なルックスを持っていますが、その詳細を見てみましょう。

レクサスLC500「カスタム」はこういった仕様を持っている

このレクサスLC500最大の特徴は「カーボンづくし」ということ。

フロントアンダーにはカーボン製のフロントスプリッターが装着され、ボンネットも「レクサスLC500では初」とシュトラッセが主張するカーボン製。

このボンネットのセンターそして両脇にはエアアウトレットが追加され、アグレッシブな雰囲気を演出していますね。

Lexus-LC500-7

さらにサイドアンダーにはウイングレット付きのブレード、トランクリッドにはリップ、リアアンダーにもカーボン製ディフューザー。

なお、ヘッドライトやテールランプ周辺、ルーフサイド等の「メタル調パーツ」はサイドマーカーともどもブラックアウトされています。

Lexus-LC500-6

車高はガッツリと落とされていますが、最低地上高はある程度確保されているようにも見えます。

Lexus-LC500-4

ホイールは「カーボンフィニッシュ」

そして最も注目すべきはこの「カーボンホイール」。

これはシュトラッセのSV 10MディープコンケーブFS(このレクサスLC500に装着されているのは前後22インチ)というホイールだそうですが、見ての通り「フルカーボン」。

Lexus-LC500-5

ただしホイールそのものがカーボンファイバーで成形されているわけではなく、表面をカーボン化したものだと紹介されています。

Lexus-LC500-3

それでもカーボンの美しい折り目を確認できるので、ウォータートランスファーのように「カーボン”柄”を転写」したのではなく、実際に織られたカーボンシートを貼り込んでいるようですね。

Lexus-LC500-8

おそらくは相当に手間のかかる工程を経ていると思われ、しかしそれだけの甲斐があった仕上がりだと言えそう。

Lexus-LC500-2

なお、現在カーボンファイバー製ホイール(表面だけではなく中身もカーボン)を導入しているのはフォード、フェラーリ、そしてケーニグセグ、ポルシェあたり。

BMWそしてアウディも(軽量化によって燃費を向上させるため)カーボン製ホイールの導入に向けて動いていると言われるものの、少量生産スーパーカー向けであればまだしも、量産車に装着するにはコスト、想像品質の安定化という面においてまだまだ課題が残る、と報じられています。

合わせて読みたい、カーボンファイバーホイール関連投稿

ポルシェ純正カーボンホイールを米ディーラーが通販開始!タイヤ込みで価格243万円

| 日本への配送もOK | アメリカのポルシェディーラー兼、オンラインショップ「サンコースト」が新製品をいくつか公開。 純正パーツ以外も扱ったり、自国以外への販売も行うという日本では考えにくいディーラ ...

続きを見る

フェラーリ「488ピスタに採用されるカーボン製ホイールは、軽量化のために塗装していない」

フェラーリはホイール軽量化のため、地球の裏側にまでその答えを求めに行った フェラーリが、公式コンテンツTOFM(The Official Ferrari Magazine)にて、488ピスタに採用され ...

続きを見る

【動画】ケーニグセグ・ジェスコの「カーボンボディ」の価格は4750万円、カーボンホイールは1100万円!もう一台スーパーカーが買えそうだ

この記事のもくじ1 | それでもケーニグセグの技術と仕上げを考えると高くはない? |1.1 カーボンホイールは1190万円1.2 最終的に「自分仕様」のケーニグセグ・ジェスコは4億3700万円に |  ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f