>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリのスペシャリストが250へのオマージュ、「プロジェクト・モデナ」を発売予定!フェラーリに怒られないかはちょっと心配

投稿日:2021/02/27 更新日:

フェラーリのスペシャリストが250へのオマージュ、「プロジェクト・モデルナ」を発売予定

| フェラーリはこういったことにかなり厳しい会社でもある |

さて、イギリス拠点にて活動するフェラーリのスペシャリスト、「GTOエンジニアリング」が公開した”プロジェクト・モデナ”。

これはかのフェラーリ250GTOを現代風のデザインや仕様にて蘇らせるというもので、発表後には相当数のポジティブな反応があった模様。

そして今回アナウンスされたのは「現状報告」ということになりますが、搭載を予定している自然吸気V12エンジンの開発が最終段階に近づいていると述べています。

プロジェクト・モデルナはこんなクルマ

なお、このプロジェクト・モデナはGTOエンジニアリングによってイチから製造されるクルマで、メインフレームはチューブラー、サブフレームは軽量なアルミ製。※走行できない国もけっこう多いと思われる

トランスミッションにはもちろん「マニュアル」が採用され、車体重量は1000kg以下に抑えられるとしています。

GTO-Engineering-Moderna (2)

参考までに、GTOエンジニアリングは過去にも「フェラーリ250GT SWBベルリネッタ・コンペティツォーネのレプリカ」をスクラッチにて製作し販売済み。

フェラーリの許可を取っているのかどうかは不明ですが(フェラーリが許可するとは思えない)、なんとか現在までやってきているので、様々な問題をクリアしているのかもしれません。

こんなことして大丈夫か!英フェラーリ・スペシャリストが250GTのレプリカを「250SWBリバイバル」として販売開始。なお価格は1億円

| ちゃんとエンブレムまでフェラーリだが | イギリス拠点にて活動を行っているフェラーリのスペシャリスト、「GTOエンジニアリング」。今回なんとフェラーリ250GT SWBベルリネッタ・コンペティツォ ...

続きを見る

GTO-Engineering-Moderna (4)

ただ、今回のプロジェクト・モデナについては「レプリカ」というよりも「オマージュ」。

CGを見る限りでは、LEDヘッドライトやテールランプといった現代のクルマの特徴を備えています。

GTO-Engineering-Moderna (6)

「250GTO」の名称は使用できるが、その姿をコピーすることは許されない

なお、「250GTO」という名について、フェラーリはこの商標権をアレス・デザインと争ったものの「敗訴」することになり、よって現在は第三者であっても250GTOの名を使用することが可能となっているようですね。

フェラーリ元副社長とフェラーリが「250GTO」の商標で争い、フェラーリが負ける・・・。今後250GTOの名称は誰でも使えるように

この記事のもくじ1 | フェラーリにとっては「触れないほうがいい話題」だった |1.1 当然フェラーリは黙っていなかったが1.2 アレス・デザインが作ろうとしていたのはこんなクルマ1.3 こんな記事も ...

続きを見る

GTO-Engineering-Moderna (7)

ただしフェラーリ250GTOの「外観」についてだと、イタリアの裁判所が「250GTOは固有の芸術作品として認められるべきであり、レプリカやコピーはまかりならん」という判決を出しています。

イタリアの裁判所が「フェラーリ250GTOは芸術作品」と認定。今後レプリカ、コピーは法的に一切製造不可能に。なお自動車で芸術作品に認められたのはこれが「初」

| 今までは多数のレプリカが製造されてきたが。現在市場価値は77億円 | イタリアはボローニャの裁判所が「フェラーリ250GTOのレプリカを今後一切作ってはならぬ」というお達しを出した、という報道。こ ...

続きを見る

GTO-Engineering-Moderna (3)

この「プロジェクト・モデナ」については、フェラーリ250GTベルリネッタ・パッソコルトと250GTOとの特徴をミックスしたかのように見え、「モロに250GTOを意識したわけではない」のは、上述のイタリアの裁判所による判決を重視したためなのかもしれませんね(そのほかにもオリジナル要素が入っており、様々な配慮が見られる)。

GTOエンジニアリングでは、これから「ボディの開発に入る」とコメントしていて、その状況についても随時公開されるものと思われ、今後の進捗についても期待したいと思います。

合わせて読みたい、関連投稿

アレス・デザインがフェラーリF12/812ベースで”250GTO”オマージュを限定生産。「コピーではなく新解釈」

| アレス・デザインが「最も価値のあるクルマ」、フェラーリ250GTOを現代に蘇らせる | 先日、デ・トマソ・パンテーラを現代に蘇らせるとして一躍有名になったイタリアのアレス・デザイン。 今回はなんと ...

続きを見る

フェラーリ550をベースに「250GTO」の要素を取り入れたワゴンを制作するというプロジェクトが公開。アリかナシか

意外によく考えられたデザインであり、単なる思いつきではなさそう ロンドン拠点のデザインカンパニー、Neils van Roijデザインが「フェラーリ550マラネロをベースに、フェラーリ250GTOの要 ...

続きを見る

フェラーリ・ブレッドバン・オマージュ
当時エンツォを怒らせたフェラーリ250GTO"ブレッドバン"が現代に!ワンオフで製作された「フェラーリ・ブレッドバン・オマージュ」が登場

この記事のもくじ1 | この美しさだと、エンツォ・フェラーリが存命であったとしても怒るまい |1.1 もともとのフェラーリ250GTO SWB ブレッドバンはこんなクルマ2 フェラーリ・ブレッドバン・ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5