>ポルシェ(Porsche)

程度がいいのかそうでないのかわからないポルシェ911Eタルガが販売中。どうやらニコイチもしくは3個イチかも

投稿日:2021/03/02 更新日:

ポルシェ911タルガ

| ポルシェ911はどんな状態でも値段がつくようだ |

ebayにて、不動となった1971年製ポルシェ911Eタルガが39,950ドル(約426万円)にて販売中。

販売元はビバリーヒルズ・カークラブで、この個体はつい最近ニューメキシコからロサンゼルまで運ばれたという経緯を持っているとのこと。

なお、911Eは「911T」と「911S」との間に位置するグレードですが、今回販売されている個体については1972年製911Sのエンジンへとアップグレードされているとのこと。

一体なぜこんな姿に?

この1972年製ポルシェ911Eタルガについて、もともとのボディカラーはコンダグリーン。

ただしドアはなぜかホワイトに、そしてリア周りはペイントが剥がれた状態となっています。

Porsche-911-E-Targa (2)

フロントウインドウはないものの、タルガバーとリアウインドウはしっかり残っており、ホイールもなかなかに美しい状態を保っているように見えますね。

Porsche-911-E-Targa (4)

リアフードのルーバー、そして「911」エンブレムも(タルガバーの「Targa」エンブレム同様)けっこうきれいに残っている模様。

Porsche-911-E-Targa (5)

タルガトップも比較的程度がいいようですね。

Porsche-911-E-Targa (6)

こちらが1972年の911Sのエンジン。

やはりエンジンもそこまで程度が悪くはなさそうです。

Porsche-911-E-Targa (1)

フロアは部分的にサビが見られるものの、スペアタイヤは程度良好。

部分的にサビていたり程度が良かったりとけっこう謎な傷み具合ですね。

Porsche-911-E-Targa (11)

ポルシェ911Eタルガのインテリアもそこまで程度は悪くない

このポルシェ911Eタルガのインテリアカラーはサンドベージュ。

フロアカーペットが無く、フロアがサビた状態なので、下回りが湿度によって腐食しているようにも見えますね。

Porsche-911-E-Targa (10)

ダッシュボードやドア内張り、シートのレザレットもさほどひどい状態ではなく、しかしステアリングホイールはちょっとボロボロ。

Porsche-911-E-Targa (9)

そして車内側の金属部分はなぜかグリーンではなくホワイト。

もしかすると「グリーンとホワイトとのニコイチ」なのかもしれませんが、詳細について記載はなく、そのあたりは不明です。

それでも「426万円」という価格をつけており、まさに”腐っても鯛”だと言えそうですね。

Porsche-911-E-Targa (8)

あわせて読みたい、ポルシェ911関連投稿

ドイツで最初に納車されたポルシェ911タルガのレストア
39年放置されていたポルシェ911Sタルガが発見→「ドイツで最初にデリバリーされた911Sタルガ」であることが判明、3年かけてレストアされることに

| この瞬間も「人知れず眠り続けている」ポルシェが多そうだ さて、ポルシェは自社にてクラシックカーのレストアやメンテナンス、パーツ販売を行う「ポルシェクラシック」部門を持ちますが、今回「ドイツにて、は ...

続きを見る

【動画】亡き父の遺してくれたポルシェ911をレストアして乗る男の物語。「この車に乗ると、父がそばにいてくれると感じる」

| ある親子と、ポルシェ911とのストーリー | ポルシェが公式にて感動的な親子の話を動画で公開。 今回の主人公はナジャさんで、彼が乗るのは父から受け継いだ964世代のポルシェ911。 彼の父はカーコ ...

続きを見る

30年間放置された、2オーナーのポルシェ912(911の廉価版)が倉庫で発見。競売に

| 二人目のオーナーになにが? | 30年間を納屋(倉庫)にて過ごしたポルシェ912が発見され、オークションに登場することに。 これは1965年にオランダへと納車されたもので、その後20年ちょっとを最 ...

続きを見る

参照:ebay

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5