>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリV8ミドシップの中古相場に異変?458イタリアの価格が欧州を中心に上昇し、488GTBを上回るケースも

投稿日:

フェラーリV8ミドシップの中古相場に異変?458イタリアの価格が欧州を中心に上昇し、488GTBを上回るケースも

さて、フェラーリ458イタリアの価格がジワジワと上昇し、その後継モデルである488GTBの価格を逆転する現象が生じている模様。

フェラーリ458イタリアは2009年に登場して2015年に488GTBへとバトンを渡していますが、488GTBは458イタリアのフェイスリフト的モデル(日本的に言うとビッグマイナーチェンジ)だと捉えています。

そのため両者には共通する部分も少なくはなく、しかし最大の相違はその「エンジン」。

フェラーリの命はやはりエンジンにアリ

フェラーリは非常にエンジンを重視してきた会社であり、エンツォ・フェラーリも「エアロダイナミクスなんぞはエンジンを作れない奴がやっとけ」と言い放ったという逸話があるほどで、現代においても、公式に発行されるプレスリリースの最初に紹介されるのが「エンジン」という構成です。

環境性能が要求される中、多くの自動車メーカーはそういった状況に配慮して(プレスリリースの)冒頭にCO2排出量を述べるものの、フェラーリのプレスリリースでは、いかに搭載されるエンジンが優れているかを記載しているわけですね。

DSC05302

458イタリアはV8ミドシップフェラーリ最後の「自然吸気」

そしてフェラーリ458に積まれる4.5リッターV8エンジンは「V8ミドシップにおける最後の自然吸気エンジン(限定ではないカタログモデルにて)」でもあり、フェラーリ458が価値を上げている理由はここにあると考えて良いかもしれません。

スペック的には458イタリアに積まれる4.5リッターV8エンジンは578PS、そののちの488GTBのエンジン(3.9リッターV8ツインターボ)は670PSを発するため、数字だけを見ると圧倒的に488GTBのほうが「上」。

加えて、最大トルク発生回転数だと、458イタリアは6,000回転、488GTBでは3,000回転なので、扱いやすさからしても488GTBのほうがずっと上と考えてよいかと思います。

DSC01033

ただ、最高出力を発生するタイミングについては458イタリアが9,000回転、488GTBでは8,000回転なので、458イタリアのほうがより高回転ということになり、排気をタービンに送り込まないという構造上、より直接的かつ(高回転による)官能的なサウンドを堪能できるわけですね。

さらに458イタリアでは「大排気量NA特有の」、踏めばガツンと出るリニアなトルクを持っていて、ターボラグを感じさせず意のままに操ることができるという印象も。

フェラーリは488GTBに搭載されるエンジンにつき、ターボラグ「ゼロ」を謳ってはいるものの、実際に458イタリア、そして488GTBを運転してみた印象としては「488GTBのターボラグはゼロとは言えない」とも考えています。

こういった「ドライバビリティの違い」が458イタリアに再度注目が集まっている大きな理由なのかもしれません。

1

そのほか「デザイン」にも大きな差異がある

なお、ぼくとしては、458イタリアと488GTBについて「デザイン的にも大きな差がある」と考えています。

458イタリアのデザインはピニンファリーナによるもので、488GTBはフェラーリのインハウス(フェラーリ・スタイリング・センター)にてなされていますが、ピニンファリーナでは「面と線との連続性」を重視しているのに対し、フェラーリ自社のデザインでは機能を重視しているため、とくにボディサイドに大きなダクトが与えられることに。

DSC01030

実際のところ、458イタリアのデザインを行う際にも、フェラーリはボディサイドにダクトを設けたかったそうですが、ピニンファリーナ側は「デザイン的整合性、美しさが損なわれる」という理由にてこれを拒否し、リアクォーターウインドウとCピラーとの間からエアを取り入れる構造を採用することでこのコンフリクトを解消した、とも。

結果的に458イタリアはタイムレスな美しさを持つことになり、それが現代においてはフェラーリの伝統的な美しさを表現しているのだとも考えられますが、458イタリアは「ピニンファリーナがデザインした最後のV8フェラーリ」ということになり、「最後のV8自然吸気」に加え、「最後のピニンファリーナデザイン」という歴史的価値、そしてノスタルジーも458イタリアの相場を押し上げる理由となっていそうです。

DSC05252

【動画】フェラーリF8トリブートのデザインは間違っている!458を絶賛するカーデザイナーがF8を再デザインして公開

| フェラーリは458よりあとの世代ではピニンファリーナを切り、自社デザインへと切り替えている | さて、カーデザイナーのスケッチモンキー氏はフェラーリF8トリブートのデザインに納得ができず、「どうし ...

続きを見る

458イタリアの価格はどれくらい上がっているのか?

そこで気になる458イタリアの中古相場ですが、これは今のところ国によって差があるようで、アメリカだとまだ488GTBのほうが高く、488GTBの「最安」である22万ドルに対し、もっとも高価な458イタリアは21万ドルくらい。

ただしイギリスでは事情が異なり、フェラーリ正規ディーラーが「458イタリアの中古(2013)を144,800ポンド、488GTB(2016)の中古を152,000ドルで販売している」と報じられています。

加えて、フェラーリ正規ディーラーではないスーパーカーディーラーだと「フェラーリ458イタリアを159,990ポンドで販売」、つまり488GTBの相場を超える価格で販売し始めたケースも登場しており、今後458イタリアの中古相場が上昇する「兆し」が見えているようですね。

なお、日本だとフェラーリ458イタリアは36台の売り物があり、最安だと1698万円(2010年)、最高だと2990万円(2014年)。※リバティーウォークのフルエアロ装着車で2768万円という個体もある

43

ちょっと面白いのは、年式の新旧よりも走行距離やコンディションのほうが重視されているということで、低年式であっても、より新しい年式の個体よりかなり高い値を付けているケースが珍しくない、ということ。

一方の488GTBだと、71台の登録がカーセンサー上にあり、つまり「458イタリアの倍の売り物がある」ということを意味していて、これは裏を返すと「458イタリアを所有している人は、自身のクルマを売りたがらない」ということなのかも。

488GTBの最安だと2480万円、もっとも高価な個体だと3800万円なので、まだまだ458イタリアの相場とは乖離があるという印象ですが(中心価格帯は3000万円前後というイメージ)、この差は年々縮んでくるのかもしれません。

合わせて読みたい、フェラーリの中古関連投稿

フェラーリのホイール
清水草一「貧乏人こそフェラーリを買え」。過去27年で13台のフェラーリを購入し、11台を売却した「収支」を公開

| フェラーリはもっともコストパフォーマンスのいいスポーツカー? | さて、清水草一氏が常にいう、「フェラーリは値がほとんど下がらない」。これについてはぼくも異論はなく、しかも中古だけではなく新車もそ ...

続きを見る

フェラーリのブレーキ
20年落ちのフェラーリ360モデナを購入→初年度の維持・カスタム費は248万円!「こんなにお金がかかることを知っていたら、手を出さなかった」

| それでも結果的には”お金にかえることができない”満足感があるようだ | さて、ぼくがいつも楽しみにしているGQの連載企画、「29歳、フェラーリを買う」。これはGQの編集部員(29歳)が実際に自分の ...

続きを見る

コーンズ南港ショールームにて。488、F12など中古として販売されるフェラーリを見てみよう

| V8フェラーリの価格の強さは異常 | フェラーリ812試乗イベントにて訪れたコーンズさんの南港ショールーム。 いつも相当数のフェラーリが置いてあり、しかも時折超レア物ものも。 やはりフェラーリとい ...

続きを見る

参照:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5