>ランボルギーニ(Lamborghini) ■近況について ●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニオーナーのツーリングに参加してきた!ウラカン、アヴェンタドール、ウルス等総勢35台、サーキット走行後には高級ホテルに昼食会

投稿日:2021/04/18 更新日:

ランボルギーニオーナーのツーリングに参加してきた

| 「ランボルギーニオーナー=怖い」というのはもはやステレオタイプなイメージに過ぎない |

さて、久々にランボルギーニ大阪/神戸さん主催のツーリングへと参加させていただくことになり、ここでその内容を紹介したいと思います。

今回参加したのはおよそ35台のランボルギーニ。

それらランボルギーニがコンボイを組んで(法定速度で)奈良へと向かい、名阪スポーツランドの特設コースにて走行後、JWマリオット・ホテル奈良でランチをいただくといった流れです。

やはりランボルギーニのオーナーからは刺激を受けることが多い

なお、こういったイベントに参加させてもらっていつも思うのは、「いろいろな刺激を受け、人生前向きになる」ということ。

もちろんツーリングはランボルギーニのみでの参加となり、もちろん集まるのはランボルギーニのオーナーさん。

そしてランボルギーニに乗っておられるオーナーさんは各方面にて成功された方々ばかりということになり、そういった人々と触れ合うことはこういった機会をおいて(このコロナ禍の状況では)ほとんどないわけですね。

そして「成功した人々」の話す言葉はその一片一片に重みがあり、いつも大きな刺激を受けています(スーパーカーに乗ることによって、そういった世界を見ることができるようになったのは、人生において大きなプラスでもある)。

スーパーカーは新たな世界へのパスポート?購入後に出来るようになったこと、人生の変化を考える

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

続きを見る

集合場所の香芝SAではこんな感じ

そしてまずは集合場所である香芝SA。

ここに続々とランボルギーニが約35台集合することになり、集合時間が近づくにつれ続々とランボルギーニが集まってきますが、クルマを見ようというギャラリーも集まり、色とりどりのランボルギーニがやってくると子どもたちも大喜びです。

L1320007

なお、このツーリングは奈良県警察本部 交通規制課へと届出済みの合法イベント(警察が様子を確認しに来るかもという話だったが、結局は現れなかった)。

L1320013

コロナ禍ということもあり、ブリーフィングは「密」を避けて無線で行い、走行中もこの無線にて随時状況を知らせてくれるので「はぐれる」心配もなく、細かい配慮には感謝です。

ちなみに、要所要所で観光情報も盛り込んでくれるため、また別の機会に(教えてもらった場所を)訪れようと思ったり。

L1310970

「ツーリングのしおり」も用意いただき、事細かにルートが記載されているので、迷ったときでも目的地へとたどり着くことが可能。

スーパーカーツーリングというと「ただただぶっ飛ばす」というイメージもあるものの、実際のところはそういった危険で過激なイメージはなく、極めてジェントルかつフレンドリーな内容となっています。

L1310969

そして「万が一」に備えてランボルギーニ大阪さんの積車も帯同。

何から何まで万全の体制にてツーリングを企画・実施いただいており、安心して運転に集中することが可能です。

L1310963

名阪スポーツランドではこんな感じ

そこでまず最初の目的地、名阪スポーツランドへ。

ここではショートサーキットを貸し切り、ラリー形式にて競うこととなりますが、これは速さを競うものではなく、「決められたタイムに”いかに近いタイムを出せるか”」に挑戦するもの(速さだけを競った場合、クルマの性能に結果が左右されることになる)。

L1320057

なお、こうやって集合した車両を見ると、一時多かった「ホワイト」「ブラック」が減り、グリーンやブルー系の勢力が増加しているようですね。

L1320054

その後は奈良県コンベンションセンターへと向かいますが、その道中は数十台のランボルギーニが連なることとなるため、ランボルギーニのコンボイを見る周囲の人々の唖然とした顔が印象的で、中には家や店舗から出てきて路肩で写真を取る人々も。

L1320121

ランボルギーニ各モデルがサーキットを走った際の動画はこちら

奈良県コンベンションセンター 天平広場はこんな感じ

そして最終目的地である奈良県コンベンションセンター「天平広場」へと向かい、しかしこの天平広場にクルマが乗り入れたのははじめてなのだそう。

これは「ランボルギーニだから」実現したとのことですが、おそらくはかなりタフな交渉が行われたのだと思われ、さすがはランボルギーニのブランド力ですね。

L1320127

ずらりと並んだランボルギーニの姿はまさに壮観。

L1320139

たまたま通りがかった人はさぞや驚いたかもしれませんね。

L1320150

JWマリオット・ホテル奈良ではこんな感じ

その後は奈良県コンベンションセンターに隣接するJWマリオット・ホテル奈良にて昼食会。

なお、JWマリオット・ホテル奈良は「奈良県初の外資系ラグジュアリーホテル」として2020年7月に開業していますが、さすがにその雰囲気はラグジュアリーといった印象です。

L1320177

コースの最後には特製デザート。

L1320185

最後にはラリーの結果発表と表彰式が行われ、上位入賞者には郷家景品が進呈されることに(参加者全員にギフトもいただいた)。

L1320184

当日の様子については、後日あらためて動画を公開したいと思います。

イベントを企画してくださったのはランボルギーニ大阪・神戸さん

こまやかな心配り、徹底した事前準備によって今回のツーリングもトラブル無く無事終了。

これまでにも様々な(ほかブランドの)イベントに参加してきましたが、ここまで安心しできたイベントも少ないと思います。

どしてもランボルギーニオーナー向けのイベントというと「怖い」という印象があるものの、実際に参加してみると皆さん気さくでフレンドリーな方ばかりで、楽しいひと時を過ごすことができました。

最後になりましたが、ツーリングを企画・運営してくださったランボルギーニ大阪/神戸さんにはお礼申し上げます。

ランボルギーニ大阪

  • 住所:大阪府豊中市庄内栄町2-21-10(地図はこちら
  • 営業時間:10:00~18:30
  • 定休日:火曜日

今回のランボルギーニツーリングのダイジェスト動画はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■近況について, ●ランボルギーニ・ウラカン
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5