■映画や音楽、本、ゲームについて

え!?「ワイルド・スピード」と「ジュラシック・パーク」との乗り入れ作品が制作されるとのウワサ。監督「頂点に達すると、そこから先はもはや合作しか方法がない」

投稿日:

「ワイルド・スピード」と「ジュラシック・パーク」との乗り入れ作品が制作されるとのウワサ

| たしかにワイルド・スピード、ジュラシック・パークともにユニバーサルスタジオ作品だが |

さて、先日最新作「ジェットブレイク(日本では8月6日公開に決定)」の予告編が公開されたばかりの人気シリーズ”ワイルド・スピード”ことワイスピですが、今回なんと「ジュラシック・パーク」シリーズとのコラボレーションが行われるのではという話が登場。

これは「ワイルド・ スピード/ジェットブレイク」はじめ、シリーズの多くで監督を努めたジャスティン・リンがその可能性を示唆したもので、インタビューに対して「その可能性は絶対にないとは言えない」と語った模様。

「ワイルド・ スピード/ジェットブレイク」最新予告編
【動画】「ワイルド・ スピード/ジェットブレイク」最新予告編が公開!今回は新兵器「巨大磁石」を使用して破壊の限りを尽くす様子が描かれているぞ

この記事のもくじ1 | 「ワイルド・ スピード/ジェットブレイク」の破壊規模は映画史上類を見ないレベル |2 ワイルド・スピードといえば日本車2.1 新デバイス「磁石」が登場2.2 その他にはこんなア ...

続きを見る

実現は難しくない

なお、「ワイルド・スピード」「ジュラシック・パーク」ともユニバーサル・スタジオが権利を有しており、よってコラボの可能性はゼロではなく、様々な(権利上の)問題を解決することも容易かもしれません。

加えてジャスティン・リン監督は「ある種の頂点に達すると、それ以上はどこにも行けず、ブランドを超えてコラボレーションを行うしかない」とも語り、さらには「それは企業が大きくなりすぎた際に合併するのと同じことだ。だが、一般には権利関係などの障壁があり、しかしワイルド・スピードとジュラシック・パークは同じスタジオ傘下にある。よって私がいいたいのは”うまく行く”ということだ」。

たしかにこれ以上は単独では進めない

ワイルド・スピードは今やユニバーサル・スタジオにとってはドル箱のひとつですが、同時に「終わりが示唆されている」シリーズ。

よって、これが終わるとユニバーサル・スタジオは大きな収入源を失うことになり、なんらかの対策が必要なのは明らかです。

その対策の一つが「スピンオフ」ではあるものの、やはりそのインパクトは弱く、よって本編を活用した新シリーズを考えようということなのかもしれません。

なお、こういった試みは珍しいことではなく、「エイリアンとプレデター」が戦ってみたり、最近だと一連の「マーベル」系作品がそれに該当しそう(とくに、スパイダーマンの乗り入れについては、異なる配給会社が手を組むことになった)。

さらに言えば、「マーベル」「DCコミック」についても、映画化以前のアメコミの段階にて、人気が低迷すると新キャラを追加したり、作品間で乗り入れを行ってきたという経緯があるので(手塚治虫作品もそうだった)、そこを鑑みると、今回の「ワイルド・スピードとジュラシック・パーク」とのコラボレーションはさほど現実離れしたことではないのかもしれません。

もともとワイルド・スピードは「(TOKYO DRIFTあたりまで)どんなトラブルでも、レースで勝敗を決め、文句はいいっこなし」というわかりやすい映画ではあったものの、そのストーリーにも限界が生じ、ここまで(別の方向性で)発展してきたという経緯を持つだけに、さらなる新展開を求めるのも自然な流れだとも考えられます。

参考ワイルド・スピードはもはや車の映画ではない?シフト回数などをシリーズごとに分析した結果が公開に

| 意味もなくシフトチェンジ。そう、それがカーアクション | Bloombergにて、映画「ワイルドスピード」シリーズの内容を分析する「Seats of Furious(原題のFast and Fur ...

続きを見る

「ワイルド・スピードとジュラシック・パーク」とのコラボが実現すればどんな形に?

もちろん現時点では「ワイルド・スピードとジュラシック・パーク」とのコラボが実現すると決まったわけではありませんが、これが実際に稼働するとなると、恐竜だけにフォードが黙っていようはずがなく、F-150「ラプター」の活躍を望みたいところ(フォードはワイルド・ スピード/ジェットブレイクにも参加している)。

ちなみに「ジュラシック・ワールド」では、クリス・プラットがトライアンフ・スクランブラーに乗ってラプトルと並走するシーンが何とも印象的でしたが、同様のシーンが(このコラボが実現すれば)クルマで行われるということになりそうですね。

JUN
まさかポール・ウォーカーはこんな話が出るとは想像もしてなかっただろうな・・・。

参照:Comicbook

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f