>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

GRヤリスがメキシコで販売開始→12時間で予定台数を完売。トヨタは順次販売地域を拡大しつつも完売を繰り返し、GRヤリス人気を盛り上げる計画?

投稿日:

GRヤリス

| GRヤリスの裏には「転売需要」もありそうだが、それもまた人気の裏返し |

さて、GRヤリスがメキシコにて発売され、300台の予定台数がわずか24時間で売り切れた、とのこと。

GRヤリスは御存知の通り、ラリー参戦のためのホモロゲーション取得用モデルですが、年間25,000台を販売せねばならない、という使命を課せられています。

日本においては(RZが)MTのみということで販売が振るわず、試乗の申し込みすらもさほど集まっていないと聞きますが、ラリー人気の高い欧州、そしてオーストラリアでは相当に好調な販売を記録しているといい、オーストラリアでは申込受付開始後、最初の24時間で560台を販売したとも報じられています。

豪ではGRヤリスの限定台数が6日で完売!一方日本ではさほど好調と言う話を聞かず、「年間25,000台」のホモロゲーション取得条件をクリアできるのか

この記事のもくじ1 | ファーストエディションの予約状況は日本と欧州とあわせて6,000台と言われていたが |1.1 気になるのは日本での販売状況1.2 GRヤリスは一般人にはあまり気にならないなクル ...

続きを見る

GRヤリスは北米では販売されていない

なお、GRヤリスは(意外なことに)米国では販売されておらず、これはおそらくアメリカ人が「コンパクトハッチ」にあまり興味を示さないであろうこと、そもそもラリーに興味を持たないであろうことが理由だと思われます。

ただ、世界中でこれだけ話題になるとさすがのアメリカでもGRヤリス待望論が盛り上がっており、今回の「メキシコでの販売好調」については、「アメリカのコレクターに(25年ルールの規制から外れる頃に)売りつけよう」と考えて購入している人が多いんじゃないかとも見られているようですね。

参考までに、こういった「急に売り切れた」クルマはキャンセルが出ることも多く、よって現在、トヨタ・モーター・セールス・オブ・メキシコではキャンセル待ちを見越したウエイティングリストを作成中だとも報じられ、購入できる可能性が100%ではないものの、いちおう「予約」ができるようですね。

L1250608

現在、GRヤリスはどの程度の受注があるのか?

そこで気になるのが「GRヤリスはどの程度売れているのか」。

25,000台を売らねばならないという予定からすると、オーストラリアで1,000台、メキシコで300台というのはかなり少ない台数であるように思われ、しかし日本でも「さほど」となると、欧州ではけっこう売れているのかも。

もしくは、販売地域や台数を制限することで別地域での飢餓感を募り、そこから新しい地域へと市場投入することで一気に「完売」という状況を作り、その後同様の例を繰り返しながら販売地域を増やしてく(勢力を拡大してゆく)可能性もありそうです。

その意味では、まだGRヤリスが発売されていない「アメリカ」は最後の砦だと思われ、上述のような特色もあるものの、「世界各地で話題となっているGRヤリスであれば、なんとしても手に入れねばならない(投機筋も含めて)」と考える人も多いとも思われます。

このまま25,000台が消化できれば問題はなさそうではあるものの、もし消化が難しいようであれば、最終的に「アメリカ頼み」となるのかもしれません。

GRヤリスを見てきた、そして試乗してきた際の動画はこちら

合わせて読みたい、GRヤリス関連投稿

ドイツのチューナーがGRヤリスの超ワイドボディカスタムを予告
え?これがGRヤリス・・・!?ドイツのチューナーがGRヤリスの超ワイドボディカスタムを予告。現地ではかなり関心が高いようだ

この記事のもくじ1 | もともと欧州ではラリー用ホモロゲーションモデルの人気が高い |1.1 Prior DesignによるGRヤリスはこうなっている1.2 Prior Designは過去に日産R35 ...

続きを見る

やはりGRヤリスの速さはタダモノではない!兄貴分のGRスープラをホッケンハイムにて追い回す動画
【動画】やはりGRヤリスの速さはタダモノではない!兄貴分のGRスープラをホッケンハイムにて追い回す動画が話題に

この記事のもくじ1 | GRヤリスは今後「コレクターズアイテム」となりそうだ |1.1 舞台はホッケンハイムにて1.2 当日は小雨が降る状況ではあったが1.3 GRヤリスとGRスープラとがホッケンハイ ...

続きを見る

ポルシェが公式に「米カリフォルニアでは、騒音規制にひっかかってしまい、新型911GT3のMTを販売/登録できない」とコメント
Oh!ポルシェが公式に「米カリフォルニアでは、騒音規制にひっかかってしまい、新型911GT3のMTを販売/登録できない」とコメント

この記事のもくじ1 | マニュアル・トランスミッションに対しては、あらゆる面において「締め付けが厳しく」なっているようだ |1.1 もはやマニュアル・トランスミッションは小排気量スポーツカーにしか搭載 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5