>スウェーデンの自動車メーカー

生産わずか29台、ケーニグセグCCXが中古市場に登場。その価格1.4億なるも「安すぎる」と話題に

投稿日:2021/05/09 更新日:

ケーニグセグCCX

| ケーニグセグのクルマは「アゲーラより前」「アゲーラ後」でその価格が大きく変わるようだ |

さて、アメリカのエキゾチックカーディーラーにて、ケーニグセグのハイパーカー「CCX(総生産台数は29台)」が売りに出されているものの、その価格が「わずか」1,259,900ドル(1億3800万円)だとして話題に。

ケーニグセグは1993年に設立され、その後CC8S(2002~2003年)、CCR(2004年~2006年)、そして2006年にはこのCCXを発売しています。※CCXのバリエーション、CCXRは映画「ワイルド・スピード」に登場したことでも知られる

CCX=コンペティション・クーペ・X

このCCXとは「コンペティション・クーペ・X(X=10。最初のプロトタイプであるCC Prototypeから10周年の意味)」の略で、搭載されるエンジンは4.7リッターV8(フォード製がベース)ツインスーパーチャージャー、出力は817PS。

トランスミッションは6速MT、0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は実に395km/hを誇ります。

Koenigsegg-CCX-1

参考【動画】ケーニグセグはもともとスバル製F1用エンジンにあわせて設計されていた!スバルがF1参戦していたという事実、そしてなぜその後採用されなかったのか

| ケーニグセグは実際にスバル製の水平対向12気筒F1エンジンの使用権を購入していた | ケーニグセグは現在自社製のV8ターボエンジンを使用しているものの、創業初期にはフォードのV8エンジンを改造して ...

続きを見る

なお、開発当初からアメリカ市場での販売を考慮しており、そのために各種規制をクリアしていることも特徴。

大柄なアメリカ人にあわせ、全高が(先代のCCRから)41ミリ高くなっています。※ルーフはタルガトップ

前後バンパーもアメリカの衝突安全基準に適合させており、その結果として全長は(CCR比で)88ミリ延長されることに。

Koenigsegg-CCX-4

車体構造はカーボン製のバスタブシャシーにカーボン+ケブラー製の外装を持ち、そのため車体重量はわずか1,180kgと非常に軽量に仕上がっています。

Koenigsegg-CCX-5

ドアはいったん外に出てからくるっと90度回転する「ラプタードア」。

Koenigsegg-CCX-2

走行わずか、コンディションは新車同様

なお、このケーニグセグCCXは2019年7月にサービスを受け、その後走行したのはわずか20マイル。

まさに新車コンディションだと言って良さそうですね。

Koenigsegg-CCX-6

エンジンルーム内部、エキゾーストシステムもまさに新車同様。

Koenigsegg-CCX-8

ケーニグセグCCXのインテリアはこうなっている

こちらはケーニグセグCCXのインテリア。

カーボンやアルカンターラがふんだんに使用されており、金属パーツは「削り出し」のようにも見えますね。

いまでも世界第一級の走行性能を誇り、素晴らしいコンディションと希少性を持つものの、その価格はずいぶん安いようにも思われ(ただしこの後継モデルのアゲーラになると価格が一気に上がるようだ)、将来的な資産価値を考慮すれば「今が買い」なのかもしれません。

Koenigsegg-CCX-9

合わせて読みたい、ケーニグセグ関連投稿

ワンオフのケーニグセグ・アゲーラ”RSN”が中古市場に登場!その価格はなんと5億5000万円。なぜケーニグセグはこんなに高いのか?

この記事のもくじ1 | このアゲーラRSNはOne:1と同一スペックのエンジンを持つ |1.1 ケーニグセグは新車よりも高く売れるクルマの一台1.2 ケーニグセグ・アゲーラRSNはこういった仕様を持っ ...

続きを見る

ケーニグセグ・アゲーラRSリファインメント
ケーニグセグが2017年モデルのアゲーラRSを自ら「レストモッド」!最新スペックを持つ"アゲーラRSリファインメント"として蘇る

この記事のもくじ1 | こういったサービスを行ってくれるのは少量生産メーカーならでは |2 もともとケーニグセグ・アゲーラRSは非常に希少なクルマ2.1 そのスペックはアゲーラOne:1と同一へ2.2 ...

続きを見る

ケーニグセグ・レゲーラがオークションへ出品
オプション総額2200万円!ボディ上のラインには本物の金を使用したケーニグセグ・レゲーラが競売に登場予定

この記事のもくじ1 | ケーニグセグ・レゲーラはすでに80台すべてが販売済み、新車ではもう買えない |2 ケーニグセグ・レゲーラはこんなクルマ2.1 今回競売に登場するレゲーラは「オプション満載」2. ...

続きを見る

参照:Marshall Goldman

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5