>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

GRスープラに北米のみ、600台限定の「A91-CFエディション」登場!TRD製品とも異なる独自デザインのエアロパーツを装着した特別仕様

投稿日:

GRスープラに北米のみ、600台限定の「A91-CFエディション」登場

| GRスープラ A91-CFエディションは「ひと目で分かる」違いを備える |

現時点では価格やボディカラー等のアナウンスはナシ

さて、カローラクロスや86など一気にいくつかのニューモデルを(北米で)発表したトヨタですが、今回は2022年モデルの北米仕様スープラに「A91-CFエディション」を追加。※CFとは”カーボンファイバー”のことだと思われる

これは3リッターターボエンジン搭載のスープラをベースに、カーボンファイバー製のフロントスプリッター、サイドロッカーパネル、リアカナード、ダックテール形状を持つトランクリッドスポイラーを追加したもので、さらにはマットブラックの19インチホイール、インテリアにもカーボン製パーツとブラックとレッドの特別仕様インテリアが与えられるという特別仕様車です。

2022-toyota-supra-a91-cf-edition-rear-view

エアロパーツのデザインは「専用」

なお、このGRスープラA91-CFエディションに装着されるエアロパーツはどうやら「オリジナル」。

2022-toyota-supra-a91-cf1-edition-front-view

公開された画像を見るに、きちんと風洞実験が行われているようで、見た目の向上はもちろん、ダウンフォース強化などエアロダイナミクス面においても相応の効果を見込むことができそう。

2022-toyota-supra-a91-cf-1edition-rear-view

GRスープラ用のカーボン製エアロパーツとしては(日本の)TRDから一連の製品がリリースされているものの、細部を見てみるとこのTRD製エアロパーツとはデザインが異なるようで、よってこれらはGRスープラA91-CFエディション専用に企画されたものだと考えて良いのかも。

新型トヨタ・スープラ向け純正カスタムパーツも早速GRから登場。フルエアロ装着+ホイール交換で230万円ナリ

| 新型スープラは富裕層向けの高級スポーツカー? | トヨタはついに日本でも新型スープラを発表しましたが、トヨタの新型車発表時の「恒例」としてカスタマイズカーについても発表。ただし、いつもの「トヨタ純 ...

続きを見る

フロントには一体式のリップが装着されますが、フロントセンターは(他部分に比べて)出っ張っておらず、これは北米の道路事情と実用性を配慮したものだとも考えられます。

2022-toyota-supra-a91-cf-edition-front-fascia

サイド部分にはウイングレットが見られ、しかしこれはTRD製カーボン製エアロパーツと異なり、「フロート」しているようですね。

2022-toyota-supra-a91-cf-edition-wheels

サイドステップはリア側のみにウイングレット、そして下方には出っ張り。

2022-toyota-supra-a91-cf-edition-side-skirt

リアアンダーには整流板。

これで「疑似ロングテール」を作り出すのだと思われます。

2022-toyota-supra-a91-cf-edition-rear-splitter

そしてパーツ単体でも取り寄せて装着したいのがダックテールスポイラー。

TRD製品に比較すると薄く、そして後方へと伸びるスタイリッシュな形状を持つようです。

2022-toyota-supra-a91-cf-edition-rear-wing

実際にどれくらいのダウンフォースが得られるのか等の数値的エビデンスはないものの、GRスープラは超高速時の安定性に不安があるという意見もあり、なんらかの効果を期待できることは間違いない、とも思います。

限定販売台数は600台

そしてこのGRスープラA91-CFエディションは北米市場のみの販売、かつ600台に生産が絞られるそうですが、現時点ではその価格については公表なし。

ただし近日中には、このGRスープラA91-CFエディション含む2022年モデルのスープラの価格等に関してのアナウンスが行われる、とのこと。

なお、北米では豊田章男社長のサイン入り「ローンチエディション」に加えてA91エディションが投入されるなど、チョコチョコとGRスープラに対して限定モデルが追加されています。

「専用色、カーボン製ダックテールスポイラー」を持つ限定スープラ「A91エディション」が北米向けに登場!なお北米にも4気筒版が導入され、「販売が失速」したことが伺える

| トヨタはなんとしてもGRスープラを「失敗」させるわけにはゆかない | トヨタは北米(アメリカ)市場向けのGRスープラに付き「6気筒ターボ(日本だとRZ)モデルのパワーアップ」を実施し340馬力から ...

続きを見る

さらには(市販モデルではなくショー用モデルですが)TRD製品に自らが”タルガトップ”版のGRスープラを制作するなど、けっこう力を入れている様子もわかりますね。

トヨタGRスープラ「ヘリテージエディション」「スポーツトップ」
【動画】トヨタGRスープラに「ヘリテージエディション」、さらにタルガトップの「スポーツトップ」登場!製作したのは北米TRD

| これは市販を期待せずにはいられない | さて、先日SEMA360ショーケース(SEMAショーのデジタル版)でのワールドプレミアに向け、GRスープラのタルガトップ(エアロトップ)版を製作していた北米 ...

続きを見る

参照:Toyota

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5