>アストンマーティン(Astonmartin)

3台まとめて6億円!12年かけて集められ、新車同様にレストアされたアストンマーティンDB5トリオが新しいオーナーを募集中

投稿日:2021/06/11 更新日:

12年かけて集められ、新車同様にレストアされたアストンマーティンDB5トリオが新しいオーナーを募集中

| 購入できるお金がある人にとって、このDB5トリオはけして高い買い物ではないはずだ |

アストンマーティンDB5の価値はどう考えても下がることはなさそうだ

さて、「3台セットで6億円」というとんでもない価格のアストンマーティンDB5トリオが売りに出されることに。

しかしながらアストンマーティンはたびたび「英国クラシックカー史上最高値」を更新しており、今後の値上がり期待、そして資産価値を考えると「6億円でも高くはない」のかも。

アストンマーティンDB5
【競売】ボンドカー史上最高落札額!「007ゴールドフィンガー」用に製作されたアストンマーティンDB5が6.7億。機関銃以外のギミックは全て動作可能

| ゴールドフィンガー用に製作されたボンドカー”DB5”は合計4台 | 1964年の007映画「ゴールドフィンガー」の撮影に使用されたアストンマーティンDB5が、RMサザビースの開催したオークションに ...

続きを見る

ASton-DB5-trio

収集するのにかかったのは12年

なお、今回この3台を販売しているのはクラシック・アストンマーティンディーラーの「ニコラス・ミー」。

そしてニコラス・ミーがこの3台を集めるのにかかったのはなんと12年だとされ、かつ新車同様の状態へとレストア済みだと紹介されています。

Aston-DB5-12

なお、この3台の中でもっとも価値が高いのは「DB5シューティングブレーク」。

Aston-DB5-6

1960年代にコーチビルダーのハロルド・ラドフォード&サンズによって12台がシューティングブレーク(ワゴン)へと改装されたそうですが、そのうち高性能仕様の「ヴァンテージ」はこの1台のみだったとされ、つまりは「世界に一台しかないクルマ」ということに。

Aston-DB5-2

インテリアはレッドのレザーで覆われ、華やかな雰囲気ですね。

Aston-DB5-17

なお、シューティングブレークとは、ワゴンの一種で、「スポーツカーをワゴンにしたもの」と捉えられることが多い模様。

クルマのボディ形状(クーペやカブリオレ等)は基本的に馬車の形状に由来していますが、このシューティングブレークも例にもれず、シューティングとは「狩り(貴族の行うゲームとしてのハンティング)」、ブレークは「(上部分がない)フレームだけの馬車」という意味合いがあり、こういったワゴンの荷台に狩猟用の装備を積み込めるようにしたものが”シューティングブレーク”とも言われます。

なお、「ワゴンボディ」なのは(長い)猟銃を積むためなのかもしれません。

Aston-DB5-20

ちなみに英国では、狩猟を行う人を「スポーツマン」と呼ぶことがあり(狩猟はまさに貴族のスポーツ)、アストンマーティンはかつて、「V8」をベースにした「V8スポーツマン」なるシューティングブレークを少量生産していますが、今回販売される「DB5シューティングブレーク」こそが後のV8スポーツマン、そしてヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークへとつながる「シューティングブレークのルーツ」だとも考えられます。

こういった歴史を持つためか、現在でも欧州では「シューティングブレーク=裕福な紳士の乗り物」と捉える傾向が強く、そのため、2ドアボディを持つスポーツカーをシューティングブレークへとコンバートする例も少なくはないようですね。※よって、4ドアボディを持つ「ワゴン」とは根本的に異なる存在でもある

Aston-DB5-19

コンバーチブル、クーペも「希少モデル」には違いない

そのほかの2台、「クーペ」と「コンバーチブル」についてその希少性を見逃すことはできず、DB5ヴァンテージのクーペは60台、そしてコンバーチブルに至っては生産わずか6台のみ。

Aston-DB5-11

ヴァンテージは上述の通り「ハイパフォーマンス版」であり、搭載される4リッターエンジンは(通常の)DB5の282馬力に比較して322馬力というパワフルさを誇ります。

Aston-DB5-4

なお、クーペ版のDB5は1964年に公開された「007ゴールドフィンガー」にボンドカーとして登場しており(その後数作品にも登場)、そのため007ファンからの支持が厚いモデルでもありますね。

Aston-DB5-10

こういった事情を鑑みるに、「買える人にはけして高くない買い物」だとも言えそうです。

Aston-DB5-5

007次回作にアストンマーティン「ヴァルハラ」「DB5」が登場することが正式決定。過去24作中、10作品にはアストンマーティンが登場

| 今後しばらくはアストンマーティンがボンドカーとして採用されることになりそうだ | つい先日、その名称が「ヴァルハラ」になると報じられたアストンマーティン”第三の”ハイパーカー、AM-RB003。そ ...

続きを見る

アストンマーティンDB5「3台セット」を紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、アストンマーティンDB5関連投稿

007ゴールドフィンガーに登場したアストンマーティンDB5の復刻モデル
【動画】一台3.7億、5台で18.5億!アストンマーティンが「ボンドカー」と同じ装備を持つDB5の初回生産分を公開、一斉にマシンガンを発射し煙幕を張る

| まだまだ20台分の生産が残っており、これはアストンマーティンの財政を大きく潤わせることになりそうだ | アストンマーティンは映画「007 ゴールドフィンガー(1964)」に登場したアストンマーティ ...

続きを見る

アストンマーティンが細部にまでこだわったキッズ向け乗用DB5発売!その価格は驚愕の495万、トヨタ・ハリアー(最上位)やベンツGLB並み

| それでも、この出来栄えを見ると「買える人」には高くない買い物だろう | アストンマーティンが子供向け乗用DB5、「DB5ジュニア」を発表。これはキッズ用の乗用トイを手掛けるザ・リトル・カー・カンパ ...

続きを見る

参照:Nicholas Mee & Company Ltd

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5