>ポルシェ(Porsche)

EVのカスタムはどうやっても「性能ダウン」になりそうだ・・・。マンソリーがポルシェ・タイカンのカスタムを公開

投稿日:2021/06/15 更新日:

マンソリーがポルシェ・タイカンのカスタムを公開

| EV時代に突入すると、チューナーの仕事は一気に減ってしまいそうだ |

ガソリン車時代の「定番チューン」はどれも航続可能距離を悪化させてしまうものばかり

さて、マンソリーがポルシェ・タイカンのカスタムプログラムを公開。

マンソリーにしては「地味」なカスタムではありますが、ピュアエレクトリックカーの場合、これまでのガソリン車のように「空気抵抗を増加させるスポイラー」「転がり抵抗や慣性重量が増加する大径ホイールや幅広タイヤ」を装着してしまうと、自動車メーカー各車が「血がにじむような」努力をして伸ばした航続可能距離が一気に減ってしまうため。

加えて、EVだとバッテリーやモーター、プログラムに手を入れることは事実上不可能であり、よってチューニングメーカー各車は「どうやってEVに手を入れてゆくか」ということについて頭を悩ませているのかもしれません。

マンソリーによるポルシェ・タイカンはこういった内容を持っている

そこで今回リリースされたマンソリーによるポルシェ・タイカンですが、マンソリー得意の鍛造カーボンファイバーでドレスアップ。

1

フロントにはウイングレット付きのスプリッターが装着され、ヘッドライト両サイドのダクト、ボンネットとフロントフードとの間にもカーボンファイバー製のエアアウトレットが装着されることに。

5

サイドシル、充電リッドから伸びるカーボンファイバーに加えてドアミラーカバーにも整流効果を考慮したカーボンファイバー。

6

リアだとトランクリッドスポイラーにディフューザーが装着されています。

なお、ホイールも当然のごとく交換済みとなり、リアホイールは若干広くなっているようですね。

44

インテリアのカスタムだと内装の張替え程度に留まりますが、EVを購入する人は(ガソリン車に比較して)クルマをカスタムする比率が低いと思われ、かつ高価なEVを購入する人は効率性を重視したり環境負荷を嫌う人が多いと想定されるため、やはり「EVのカスタム需要」は期待薄かもしれませんね。

7

そのほかにもタイカンのカスタムに名乗りを上げるチューナーも

そして北米からはビビッドレーシングがタイカンのカスタムに名乗りを上げており、こちらはタイカンを3Dスキャンし、ボディにぴったりフィットするエアロパーツを作成しています。

内容としてはフロントスポイラー、サイドスカート、リアディフューザー、そしてダックテールスポイラー。

1120

ホイールも交換されローダウンされているように見えますね。

111

これらもやはり「抵抗」が増えることになり、本来の性能を阻害することになるのかもしれません。

https://www.flickr.com/photos/110074903@N02/51245568912/in/dateposted-public/

合わせて読みたい、ポルシェ・タイカン関連投稿

オプション価格は業界一?ポルシェがタイカンの「純正カスタム」を公開。これまでのポルシェとは一味違ったカスタムも

| ホイールインナーの「ボディカラー同色」は新しい | ポルシェが発表したばかりのエレクトリックカー、「タイカン」のカスタムを公開。これはポルシェの公式Facebook上にて紹介されたものですが、ポル ...

続きを見る

テックアートがカスタムしたポルシェ・タイカン
テックアートがポルシェ・タイカン向けのカスタムを公開。EVは「弄れるところが少なく」、チューナーにとって電動化社会は向かい風となりそうだ

| さらにはパーソナリゼーションも「メーカー純正カスタム」に客を持ってゆかれている | さて、ポルシェのチューン/カスタムにおけるスペシャリスト、テックアートがタイカンのカスタムプログラムを公開。テッ ...

続きを見る

参照:Mansory, Vivid Racing

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5