>ポルシェ(Porsche)

テックアートが800馬力のポルシェ911チューンドカー「GTストリートR」発表!内外装カーボンだらけ、最高速は350km/h

投稿日:

テックアートが800馬力のポルシェ911チューンドカー「GTストリートR」発表

| ひと目で「チューンドカー」だとわかる外観がさすがテックアート |

GTストリートRへのコンバーキョンキット価格は約930万円。意外と安いのかも

ポルシェのチューナーとして名高いテックアートが最新「GTストリートR」を公開。

テックアートはこれまでにも991型911をベースとしたGTストリートRを展開していましたが、今回のGTストリートRは「992型へ」と代替わりしたということになります。

そのルックスはまさに「どこからどう見てもチューンドカー」であり、まずは通常の911と見間違えることはないという印象ですね。

過激を通り越してもはや暴力的!ポルシェ911ベース、770馬力、0−100km/h加速2.5秒のテックアートGTストリートRSが10台限定で登場

これまでのGTストリートRから大幅バージョンアップ テックアートがポルシェ911ターボSベースのコンプリートカー、GTストリートRS(GT Street RS)をジュネーブ・モーターショーにてお披露目 ...

続きを見る

ベースはポルシェ911ターボ/911ターボS

そして今回の911GTストリートRのベースは911ターボ/ターボS。

なんといってもその派手なルックスが目を引きますが、テックアートによるとこれらエアロパーツは「見た目だけ」ではなく実際にも大きな効力を発揮し、たとえばフロントだと揚力を最大で45%低減させる効果がある、とのこと。

構成されるのはエアインテークのカバー、スプリッター、フラップ等ですが、いずれも複雑な構成を持っており、これまでに公開された911カレラ用エアロキット同様、部位ごとにカラーを変えることで一台一台異なる印象を演出できそうです。

2021-TECHART-GTstreet-R-3

テックアートが992世代のポルシェ911のカスタムに一番乗り!エアロキット、サスペンション、ホイール等が一挙公開

| 911カレラS用パワーキットは+60馬力 | ポルシェ専門チューナー、テックアート(TechArt)が992世代のポルシェ911用チューニングプログラムを発表。よくよく考えてみると、新型ポルシェ9 ...

続きを見る

そのほか前後オーバーフェンダー、フロントフェンダー上のエアアウトレット、さらにドアミラーやリアフェンダー上のエアインテークカバー、サイドウイングもカーボンファイバーに。

ホイールはテックアート製フォーミュラVI Raceが装着され、サイズはフロント20、リア21インチ。

タイヤはミシュラン・パイロットスポーツカップ2もしくはパイロットスポーツ4S(フロント:265/35 ZR20、リア:325/30 ZR21)が推奨されています。

2021-TECHART-GTstreet-R-6

もちろんリアのダウンフォースも増加しており、インタークーラーへのエアフローを最適化するなど、エアロダイナミクスを最大化していますが、それに貢献するのは2段重ね(ある意味では3段重ね)のリアウイング、そしてレーシングカーのような巨大なリアディフューザー。

エキゾーストシステムももちろんテックアート製へと入れ替えられていますが、バルブコントロール機能を内蔵し、「近所迷惑にならないよう」配慮がなされている模様。

2021-TECHART-GTstreet-R-2

当然ながら出力も大幅に引き上げられ、ターボチャージャーの交換、そしてECU打ち替えによって800馬力を発生し(911ターボS比で+150馬力)、これによって最高速は時速350キロへ(0−100キロ加速は公表されていない)。※控えめで安価な700馬力版も用意されている

足回りについては、スポーツスプリングセットまたはアジャスタブルコイルオーバーキット装着によって最大25mmのローダウンされ、パフォーマンスシート、フルアジャスタブルコイルオーバーサスペンション、ロールケージを内包した「クラブスポーツパッケージ」もオプションで提供される、とのこと。

テックアート「911GTストリートR」の真髄はインテリアにあった

なお、今回の911GTストリートRの見どころはその「インテリア」。

ほぼ「全張替え」に近いカスタムが施されています。

2021-TECHART-GTstreet-R-18

シートやステアリングホイール、ダッシュボードには大胆な「チェック柄」。

2021-TECHART-GTstreet-R-16

千鳥格子、そしてイエローのアクセントも。

2021-TECHART-GTstreet-R-15

リアシートも同様の意匠を持っています。

スポーツカーというか、クルマのシートに「チェック」というのは日本ではあまり馴染みがないものの、欧州(とくにドイツ)では珍しくはないようで、ゴルフGTIのシートにも以前から「チェック」が採用されています。

2021-TECHART-GTstreet-R-23

もちろん、こういった仕様は「自由に」選ぶことができ、レトロや「レース志向」など、様々なデザインを作り上げることができるようですね。

なお、シートの「87」は限定台数を現している模様。

2021-TECHART-GTstreet-R-22

インテリアの細部にもこだわり抜いていた

そして細部に拘るのはテックアートならではですが、ステアリングホイールのグリップ部に施された「チェック柄」はもちろん、ドライブモード変更スイッチ、スポーク部のビスまでもがイエロー。

2021-TECHART-GTstreet-R-20

マットにもチェックとイエロー。

2021-TECHART-GTstreet-R-29

ペダルはアルミ製のブラック仕上げ。

2021-TECHART-GTstreet-R-30

ドアインナーパネルはアルカンターラ、そしてチェックにイエローのアクセント。

2021-TECHART-GTstreet-R-31

車検証入れやキーホルダーも同様の意匠ですね。

2021-TECHART-GTstreet-R-33

このテックアート911GTストリートRのアップグレード費用は73,000ユーロ(930万円くらい)に設定されていますが、マンソリーやブラバスのコンプリートカーが「新車価格の2倍や3倍」というプライスタグを掲げているところを見るに、「意外と安い」のかもしれません。

テックアートGTストリートRのテスト風景(プロトタイプ)を紹介する動画はこちら

参照:TechART

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5