>テスラ(TESLA)

テスラが中国にて28万台超の大規模リコール!やはりブレーキ問題で中国人民の感情を損ねたことに配慮か

投稿日:2021/07/03 更新日:

テスラ・モデルS

| テスラは中国での国民感情を損ねたことで、販売が半分に落ち込んだと言われている |

その後は「シルクロード構想」等で挽回を図っているが

さて、色々な報道があって「売れているのか売れていないのか」わからないテスラ。

ただし中国市場に限ると苦難が続いているのは間違いが無いようで、今回中国国内にて285,510台にものぼるリコール実施を余儀なくされています。

これはCNNによって報道がなされたもので、リコールの内容は「クルーズコントロール機能に問題がある」とのこと。

日本でもテスラの販売が値下げにより急増
2021年4月の中国ではテスラが「一人負け」。現地ではテスラに対する逆風が吹き荒れ、テスラは上海工場の拡張を凍結

| 新しく現地で改定された「消費者権利保護法」により、テスラ・モデルSの不具合に起因し、車両価格の3倍の賠償金を獲得したユーザーも登場 | アップル製品と同じく、力をつけた中国メーカー製品に「その地位 ...

続きを見る

「意図せずにクルーズコントロールが作動」

さらに詳しく見てみると、中国の国家市場規制総局は、テスラの一部のモデルにおいて、ドライバーがギアをシフトしたり、レバーに誤って触れたりすると、クルーズコントロールが意図せずに作動する可能性があると述べており、もしこれが作動すると、誤って加速してしまい、衝突の危険性が高まる可能性がある模様。

中国においては、「ブレーキが効かない」という問題にて大規模な抗議活動が行われたり、中国当局からも(テスラが)なんらかの指導を受けていると言われますが、この「ブレーキが効かない」というのが今回のリコール内容である「意図せずに加速してしまう」問題と関連しているのかは不明です(誤ってクルーズコントロールが作動したとしても、ブレーキを踏めば解除されるはずなので)。※ブレーキ問題については当局の調査も入っているというが、これが検査結果を反映しているのかどうかも不明

テスラ・モデルY

リコールの対象となるのは輸入されたモデル3(35,665台)と現地生産のモデル3/モデルY(249,855台)ですが、リコールの対応については例の「無線アップデート」で解決できるといい、消費者はクルマをどこかに持ち込む必要はないようですね。

なお、テスラは今回のリコールに際し、中国のSNS、Weibo上に「私たちは、この件でテスラ所有者の皆様にご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げます。それまでの間、テスラは国の規制を厳格に遵守し、安全保護を改善し続け、断固としてお客様に優れた安全な運転体験を提供します」と投稿。

これは(テスラにしては)なかなかの低姿勢だといえ、やはり中国市場で販売が減少しており、信頼回復のための対策の一環だと考えて良いのかもしれません。

なお、先般より問題となっているブレーキ問題に関し、お金を支払って「和解」してしまうと、第二、第三の同様の抗議が発生することになり、よってこちらの対応はちょっと難しそうです。

テスラの中国・上海ギガファクトリー
テスラの5月における中国販売台数が「4月の半分になった」との報道!これを受けてテスラ株は一時大幅な下げを記録することに

| ただし実際の販売台数については公式発表がなされておらず、事実はどうなのかわからない | 人は、見たいものだけを、自分の見たいようにしか見ない さて、先日も「中国におけるテスラの販売が現象中」という ...

続きを見る

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

中国にて、自分のテスラ車のペダルへとカメラを取り付けるオーナー急増
中国にて、自分のテスラ車のペダルへとカメラを取り付けるオーナー急増!「事故の際、自分の操作が間違っていないと証明できるように」

| 中国では「テスラ駐車禁止」のショッピングモールも登場したらしい | さて、先日は上海モーターショーにて「テスラオーナーの女性が、テスラの上に飛び乗り、ブレーキが利かないと大声で叫ぶ」など、中国では ...

続きを見る

テスラ・モデルS
テスラが中国に媚びる?「シルクロード沿いに、5,000kmにおよぶ充電ネットワークを設置した」と発表。最終的には上海〜ロンドンまでを結ぶ充電ルートを作るようだ

| 充電ネットワークの豊富さはテスラの一つの魅力でもある | これでテスラは中国政府や中国人民の信頼を取り戻せる? さて、テスラが中国のシルクロード沿いに、約5,000キロにおよび充電器を設置した「ス ...

続きを見る

まさかの急展開!上海MSでテスラの上に乗り「米大企業と一人で戦った女性」が実はテスラのライバル会社、NIO関係者だった説
まさかの急展開!上海MSでテスラの上に乗り「米大企業と一人で戦った女性」が実はテスラのライバル会社、NIO関係者だった説。証拠が次々出てきて形勢逆転?

| しかも、かつてテスラに講義をしたほかの人々もNIOのブースで働いているようだ | さて、上海モーターショーにて、「展示されているテスラ・モデル3の上に女性が登り、テスラをさんざん批判する」という珍 ...

続きを見る

参照:CNN

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5