>日産/インフィニティ(Infinity)

日産が「ノート オーラ NISMO」発表!新しいニスモロゴとこだわりの仕様を採用し286万9900円。ボクはノートを高く評価しており、もっと売れてもいいと考えている

投稿日:

日産が「ノート オーラ NISMO」発表!新しいニスモロゴとこだわりの仕様を採用し286万9900円。ボクはノートを高く評価しており、もっと売れてもいいと考えている

| 先進的でフラッシュサーフェスが進んだクリーンなデザインは日本車離れしている |

とくに前後ランプがボクのお気に入り

さて、日産が6月に発表した「ノート オーラ」を発売し、同時に「ノート オーラ NISMO」を発表。

ちなみにノート オーラは「ノートの高級版」という位置づけで、当然ながらノート オーラ NISMOはそのスポーティーバージョンとなります。

なお、日産は今回のノート オーラ NISMOを開発するにあたり、コンセプトを「フォーミュラEにインスパイアされた俊足の電動シティレーサー」と定めており、” NISMOらしい新世代のデザイン、高揚感をもたらすハンドリング、そして、俊敏なレスポンスと伸びのある加速 ”をその特徴として掲げています。

2022-nissan-note-aura-nismo (5)

ボクは新型ノートのデザインを高く評価している

参考までに、ぼくは新型ノートそして新型ノート オーラのデザインを高く評価していて、その理由は「クリーンでスマート、未来的で、フラッシュサーフェスなところ」。※路線としては最近のプジョーに近い

現在市販されているコンパクトカーの中ではもっともフラッシュサーフェス化されたボディラインを持っていると思いますが、ヘッドライトや「テールランプもボディにインテグレートされたデザインを持っていて、町中で見かけると「おっ」と思わされることも。

ただ、一般的にはあまりウケていないようで、思ったよりも販売ランキングが上がらず、「もっと売れてもいいのにな」と考えるクルマのひとつです。

2022-nissan-note-aura-nismo (6)

日産は「都会的で、ムダを削ぎ落とした」とノート オーラのデザインを表現しており、さらにノート オーラ NISMOでは専用のエアロパッケージを与えることで高速走行時の安定性が向上した、とのこと。

加えて、ノート オーラNISMOでは、今やニスモのアイコンとなったレッドアクセントを持つ「レイヤード・ダブルウイング」が与えられ、そしてデザインが一新されたNISMOのエンブレムは、マットクロームとマットレッド塗装の表面処理によって、新世代NISMOの存在感を主張している、と紹介されています。

2022-nissan-note-aura-nismo (10)

新デザインのLEDフォグランプも視覚的訴求力を持つ部分で、フロントは5灯の薄型デザイン、リヤはフォーミュラEからインスパイアされた7灯のドット状の意匠を採用。

ホイールはグロスブラックに切削加工というスポーティーな仕様です。

2022-nissan-note-aura-nismo (9)

フードには「マットブラックとグロスブラックの2トーン」デカールが貼られ、コントラストの効いた外観を演出しているようですね。

2022-nissan-note-aura-nismo (1)

ノート オーラ NISMOには合計で5つのボディカラーが用意されており、いずれも劣らぬ魅力を放っています。

2022-nissan-note-aura-nismo (2)

このメタリックグレーはいっそう未来的な雰囲気を持っている模様。

2022-nissan-note-aura-nismo (4)

なお、ノート オーラ NISMOは自然吸気の1.2リッターガソリンエンジンを発電機として使用し、フロントに搭載された電気モーターと小型リチウムイオンバッテリーを駆動する「レンジエクステンダー(航続距離延長)型EV」。

このシステムは、通常のノート オーラと同様に134馬力(100キロワット)と221ポンドフィート(300ニュートンメートル)のトルクを発し、これは先代ノート NISMOに比較して馬力は25%、トルクでは18%向上しています。

加えてスタイリングの変更により空力特性が向上し、サスペンションの改良やボディ剛性の向上と相まって、シャープなハンドリングを実現している、とアナウンスされています。

ノート オーラ NISMOのインテリアはこうなっている

ノート オーラ NISMOのインテリアは” 走りへの集中と高揚感を掻き立てる、ダークトーン&レッドアクセントの色調 ”を持ち、シートは専用ファブリックと合成皮革とのコンビ素材。

NISMOロゴの刺繍や、レッド/グレーのコンビネーションステッチによって雰囲気を高めているようですね(レカロシートもオプション設定されている)。

2022-nissan-note-aura-nismo (8)


なお、ステアリングホイールもNISMO専用となり、レッドのセンターマークが入るというスポーツカーっぽい仕様。

メーターもレッドを用いたパワーメーターを採用した専用デザイン(中央に表示される自車もNISMOバージョンへと変更されている)。

ざっと見る限り、ノート オーラ NISMOはかなりこだわった仕様を持つ車だと見受けますが、その割に比較的価格が抑えられており、 車両本体価格は2,869,900円という設定です。

2022-nissan-note-aura-nismo (7)

新型オーラ発表の様子を収めた動画はこちら

参照:NISSAN

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5