ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

レンジローバースポーツ史上最強最高!「究極」の名を持つSVRアルティメット・エディションが登場。ボディカラーは「星のような輝き」を持つ専用色

投稿日:2021/08/29 更新日:

レンジローバースポーツSVRアルティメットエディション

| やはりレンジローバーのカスタムセンスは比類ない |

「バイカラー」RANGE ROVERバッジはなかなか思いつかない

さて、ランドローバーは次期「レンジローバースポーツ」の開発を進めており、プロトタイプらしきクルマも目撃されていますが、今回は現行レンジローバースポーツに「SVRアルティメット・エディション」を追加。

これはランドローバーのカスタム車両製作部門、スペシャル・ビークル・オペレーションズ=SVRが手掛けたもので、ボディカラーにはグロス・マヤ・ブルー、グロス・マール・グレー、サテン・リグリアン・ブラックの3色が用意され、最初の2つは"星のような強烈な輝きを放つ壮大なガラスフレーク技術 "を採用しています(このSVRアルティメット・エディション専用色)。

Range-Rover-Sport-SVR-Ultimate (2)

アクセントはナルヴィクブラックにフジホワイト

なお、ボディカラー3色のうち、どのカラーを選択してもルーフはナルヴィクブラックとなり、さらにはフジホワイトのエッジにブラックのローレット加工が施された「Range Rover」バッジが与えられることに。

Range-Rover-Sport-SVR-Ultimate (3)

JUN
このRANGE ROVERバッジはカッコいい!

そしてフロントフェンダー上のサイドギルもナルヴィクブラックにフジホワイト。

Range-Rover-Sport-SVR-Ultimate (4)

そのほかの特別装備だとカーボンファイバー製のボンネットやグリルにミラー、テールゲートフィニッシャーに施されたナルヴィクブラックのアクセントが施され

22インチの鍛造アロイホイールには、ブラックキャリパーを備えた高性能ブレーキシステムが採用されています。

ちなみこの画像は「Bピラー」で、ドアを開けるとこのSVRバッジが見えるということになりそうですが、これもまたオーナーにしかわからない英国流のたのしみである「ヒドゥン・デライト」ということになるのかもしれません。

Range-Rover-Sport-SVR-Ultimate (5)

レンジローバースポーツSVRアルティメット・エディションのインテリアはこうなっている

こちらはレンジローバースポーツSVRアルティメット・エディションのインテリア。

Range-Rover-Sport-SVR-Ultimate (6)

カラーはエボニーとシーラスの2種類から選ぶことができ、ウィンザーレザーとスエードクロスを使用したSVRロゴ入りのパフォーマンスシートがお勧め、とのこと。

Range-Rover-Sport-SVR-Ultimate (7)

「Ultimate Edition」シルプレートが装着され、特別仕様ということをさりげなくアピール。

Range-Rover-Sport-SVR-Ultimate (8)

レンジローバースポーツSVRアルティメット・エディションに搭載されるのはスーパーチャージド5.0リッターV8エンジン、最高出力575ps/最大トルク516lb-ft(700Nm)を誇ります。

レンジローバースポーツSVRアルティメット・エディションは0-60mph(0-96km/h)を4.3秒で駆け抜け、最高速度は176mph(283km/h)に達し、"ランドローバー史上最速、最強、そして最もダイナミックなモデル "として君臨し、実車の公開は9月に開催されるサロン・プリエヴェにおいて行われるそうですが、すでに本国では受注が開始されており、その価格は123,900ポンド(日本円で約1870万円)に設定されています。

相当に高価なモデルではあるものの、随所に特別感が漂っており、オーナーとしては「乗るたびに満足感が感じられる」モデルなのかもしれませんね。

合わせて読みたい、レンジローバー関連投稿

ジャガーI-PACE
ジャガー・ランドローバーが大幅方向転換!ジャガーは次期XJ開発を中止し、次期ディスカバリー、レンジローバー・イヴォークは全車電動化。高級ブランド「ロードローバー」もお蔵入り

| これまでかけたコストを「捨てて」まで方向転換を図るとは、ジャガー・ランドローバーは相当に思い切るようだ |この記事のもくじ| これまでかけたコストを「捨てて」まで方向転換を図るとは、ジャガー・ラン ...

続きを見る

レンジローバーが中国向けにイヴォークのロングバージョン「イヴォークL」発表
レンジローバーが中国向けにイヴォークのロングバージョン「イヴォークL」発表!全長が16センチ長くなり後部座席は電動にてリクライニング可能に

| やはり中国人はロングホイールベース大好き |この記事のもくじ| やはり中国人はロングホイールベース大好き |おそらくは現地での最高級バージョン足元スペースは125ミリ拡大中国では「ロングバージョン ...

続きを見る

レンジローバー・オートバイオグラフィーの内装カスタム(ヴィルナー)
最高級のレンジローバー・オートバイオグラフィーの内装にも満足できなかったオーナー!内装スペシャリストに命じてフルカスタムを実施

| ここまで内装のカスタムに費用を投じることができる人は少ない |この記事のもくじ| ここまで内装のカスタムに費用を投じることができる人は少ない |ただでさえ高級なレンジローバーをさらに高級に合わせて ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5