>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンCEO「我々のピュアエレクトリックスポーツの投入はやや先になる。おそらくはDB11の後継となるだろう」

投稿日:2021/08/27 更新日:

アストンマーティン

| アストンマーティンはまず現行モデルの開発コストを吸収せねば先に進めないようだ |

どうやらDBXのピュアエレクトリック化は今のところ念頭に無い模様

さて、ここ最近動きが大きいスポーツカーメーカーというと「アストンマーティン」。

なぜかというと資本が変わりCEOが入れ替わったためで、これによって以前の方針の多くがひっくり返ってしまったわけですね。

たとえば「ル・マン24時間レース参戦」「ラゴンダブランド復活」「新型V6エンジン投入」「MT継続」「大排気量ガソリンエンジン重視」といった部分がアッサリと取り下げられてしまい、現在では環境対応路線が色濃くなっています。

アストンマーティン
アストンマーティンが電動化を加速。「次世代ヴァンテージ、DB11はピュアエレクトリック」。2030年の完全電動化に向けて大きく舵を切るようだ

| これまでは「ガソリン、MT」という要素にこだわっていたが、最近では急激に電動化へとシフト |この記事のもくじ| これまでは「ガソリン、MT」という要素にこだわっていたが、最近では急激に電動化へとシ ...

続きを見る

アストンマーティンがピュアEVを発売するのは「少し先」

そして現在電動化を推進しているアストンマーティンですが、トビアス・メアースCEOによると「電気自動車は次世代のスポーツカーを発売する準備が整うまで数年は待つ必要がある」。

DB11、ヴァンテージやDBSスーパーレッジェーラといったモデルのコストを回収することが先決ということになりそうですが、これらのコストを回収した、もしくは回収する目処が立った時点でピュアEVが登場することになりそうです。

なお、この中ではDB11が最も早くコストを回収することになりそうなので(2026年に10年が経過する)、おそらくはDB11後継モデル「DB12(仮)」がアストンマーティン初のキュアエレクトリックスポーツという栄誉に浴する可能性が高いと考えています。※実際のところ、トビアス・メアースCEOもそれを示唆している

アストンマーティン

ちなみにアストンマーティンはピュアエレクトリックカーとして「ラピードE」を発売していますが、これはほどんど売れなかったと見え、現在では「なかったことに」されているという印象も。

そして「次のピュアエレクトリックモデルは数年先」になるという発言からするに、ラピードEに搭載されたエレクトリックシステムは「失敗」だったと考えてよく、アストンマーティンとしてはここからノウハウを得ることがほぼできなかったのかもしれません。

アストンマーティンが「ニュルを一周走るのが限界」なピュアEV、ラピードEを発表!限定155台なるも完売は遠く「受注受付中」

やはりEVスポーツはエンスージアストが興味を示さない? アストンマーティンが初のEVとなる「ラピードE」を発表。これは文字通りアストンマーティンの4ドアサルーン「ラピード」をエレクトリック化したもの。 ...

続きを見る

もうひとつ参考までにですが、もともとDBXは「ピュアエレクトリック」モデルとして企画されており、しかしその後ハイブリッドへと計画が変更され、結局は「ガソリンエンジン」にて発売されています。

これについては、新興自動車メーカー含む各メーカーとも似たようなこととなっており、いかにピュアエレクトリックカーを発売すること、そしてそれを成功させることが難しいかがわかりますね。

アストンマーティンは電動化を急がない

なお、ガソリン重視路線から電動化路線へと転換したといえど、アストンマーティンは必要以上にエレクトリック化を急がない模様。

そこにはラピードEから得た教訓(物理的な難しさに加え、そもそも自社の顧客がエレクトリックカーに興味を示さなかった)もあるのだと思われ、実際に「2030年にはラインアップの半分を電動化する」としながらも、「ガソリンエンジンを求める層はまだまだおり、電動化の速度は需要を見ながら調整する」とも。

このあたり、アストンマーティンが多くの顧客を抱える中東そして中国においては、欧州よりもまだしばらく先までガソリン車の販売ができそうだという事情を考慮しているのかもしれず、「行ける範囲までは」ガソリンエンジンを維持することになりそうです。

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティン
アストンマーティンの販売が前年比2.2倍、赤字幅も1/3へ減少し急速に業績が好転。新しい経営者はリスクを恐れずに同社を買収した甲斐があったようだ

| やはり富を得られるのは「他人が二の足を踏んでいる時」に恐れずに踏み出した人であるようだ |この記事のもくじ| やはり富を得られるのは「他人が二の足を踏んでいる時」に恐れずに踏み出した人であるようだ ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティンが2022年にもMT廃止を決定!「MT導入は愚かな判断だった」「MTはもう不要」「MTでは環境規制に対応できない」

| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |この記事のもくじ| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |実際のところ ...

続きを見る

その価格1580万円!アストンマーティンとジラール・ペルゴとのコラボ腕時計第一弾「スリー・フライング・ブリッジ・トゥールビヨン」登場
その価格1580万円!アストンマーティンとジラール・ペルゴとのコラボ腕時計第一弾「スリー・フライング・ブリッジ・トゥールビヨン」登場

| 1580万円もあれば、アストンマーティンの中古車が一台買えそうだ |この記事のもくじ| 1580万円もあれば、アストンマーティンの中古車が一台買えそうだ |付属のラバーストラップには「腕時計史上初 ...

続きを見る

参照:MotorTrend

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5