>ランボルギーニ(Lamborghini)

まだ収まらぬランボルギーニ・カウンタックLPI800-4発表の余波!今度は「LP5000S風」など様々な作品をCGデザイナーが一挙公開

投稿日:2021/09/08 更新日:

ランボルギーニ・カウンタック

| それだけランボルギーニ・カウンタックは初代、LPI800-4ともにデザイナーのインスピレーションを掻き立てるということか |

さすがに現実世界でこのクルマをカスタムする例は無いものと思われ、想像の世界だけでも楽しみたい

さて、ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4発表後もその「余波」が各方面を襲っていますが、主にはCGアーティストたちの間で「こういったデザインであれば」という仮想カスタム合戦が繰り広げられている模様。

これまでにも「カウンタックの名物でもある、巨大なリアウイング」を装着したレンダリングが公開されているものの、カーデザイナーであるシーム・ペールン氏はその先を行く様々な作品を公開しています。

上の画像は「LP5000S」っぽいオーバーフェンダーやリアウイング、ホイール、そしてCピラー上の「(通称)弁当箱」を再現し、さらに各部をかつてのカウンタックっぽく調整した作品です。

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4
現代版ランボルギーニ・カウンタック「LPI800-4」発表!思っていたよりも「カウンタック」、しかし回顧モデルではなくれっきとした「カウンタック後継モデル」だった

| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザインをさらに発展させた「新型」カウンタックだった |この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザ ...

続きを見る

そのほかにもこんな作品が公開されている

そしてシーム・ペールン氏はこのほかにもいくつかレンダリングを公開していますが、こちらもカウンタックLPI800-4を「LP5000S」風にバーチャルカスタムしたもので、しかしサイドビューが含まれます。

オーバーフェンダーやリアウイングを含むエアロパーツが追加され、ディティールもLPI800-4に比較し、さらにアグレッシブな形状へと変更されていますね。

こちらはバージョン違い。

こちらもバージョン違い。

オーバーフェンダーやウイングの他、ルーフやサイドのNACAダクト、リアディフューザー等に相違が見られます。

こちらは「カウンタックLPI800-4SP」と命名されたスピードスターバージョン。

もしかすると、本当にこういったクルマをオーダーしたコレクターもいるんじゃないかと思わせます。

こちらはさらに「カウンタックっぽい」、リトラクタブルヘッドライト装着バージョン。

一方、こちらは現代版のカウンタックLPI800-4ではなく、初代カウンタックを現代風に手直ししてみたというレンダリング。

ウラカンSTOスピードスター。

ユーチューバーのDDE(デイリー・ドリブン・エキゾティクス)がウラカンのスピードスター版、「ウラカン・アペルタEVO」を作成していますね。

左はウラカンSTO、右はアヴェンタドールSTO。

ウルスの「ウラカンSTO」風カラーリング。

こうやって見ると、ウラカンSTOのカラーリングが大いにこのデザイナーへと影響を与えたようですね。

さらには「ムルシエラゴSTO」。

ただしサイドステップなど、ウラカンのパーツもミックスされているようです。

ウルスの「ピックアップトラック」化。

そのうち、事故などで廃車になったウルスを購入し、実際に作ってしまうユーチューバーが登場しそうですね。

こちらは珍しい、ランボルギーニ・カラ(CALA)の仮想レンダリング(エッセンツァSCV12の影響が見られる)。

「カラ」は1995年のジュネーブ・モーターショーにて発表されたコンセプトカーで、3リッターV10エンジンをミドシップマウントすることから「ガヤルドの祖先」とも言われます。

企画されたのはクライスラーがランボルギーニを所有していた時代だとされますが、その後アウディがランボルギーニを買収するに際してそのプロジェクトが「白紙」となっています。

「イマ風」なディアブロ。

アヴェンタドールっぽいディティールが見られます。

現代版ミウラ。

テルツォ・ミッレニオとアヴェンタドール、ディアブロを融合したような一台。

ランボルギーニがボディにバッテリーを織り込んだ”Terzo Millennio(テルツォ・ミッレニオ)”発表。「エレクトリック」「軽量」「空力」を追求

| 未来のランボルギーニはこうなる。次の1000年を示すコンセプトカー | ランボルギーニが予告通り新コンセプトカー、「Terzo Millennio concept(テルツォ・ミッレニオ・コンセプト ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

元フェラーリ、マクラーレンのデザイナーがランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を斬る!「未来への繋がりが足りないな。オレだったらこうする」
【動画】元フェラーリ、マクラーレンのデザイナーがランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を斬る!「未来への繋がりが足りないな。オレだったらこうする」

| 実際に自身でデザインを作成、たしかに「未来」が見えてくるようだ |この記事のもくじ| 実際に自身でデザインを作成、たしかに「未来」が見えてくるようだ |どちらのカウンタックも甲乙つけがたいランボル ...

続きを見る

ランボルギーニ・カウンタック
ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の「限定112台」が当然のごとく完売!1台2.56億円、ランボルギーニは287億円を確保することに

| ランボルギーニの限定モデルはその価格、台数とも増加傾向にあり、つまりそのぶんブランド価値が高くなっていると考えられる |この記事のもくじ| ランボルギーニの限定モデルはその価格、台数とも増加傾向に ...

続きを見る

新型ランボルギーニ・カウンタックで唯一批判される「リアウイングがない」をバーチャルにて解決した男!LP400S」風のウイングやホイールが装着されたCGが公開
【動画】新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4で唯一批判される「リアウイングがない」をバーチャルにて解決した男!LP400S」風のウイングやホイールが装着されたCGが公開

| おそらくは実際に「ランボルギーニに対し、ウイング装着を希望する」オーナーが出てきそう |この記事のもくじ| おそらくは実際に「ランボルギーニに対し、ウイング装着を希望する」オーナーが出てきそう | ...

続きを見る

参照:Spdesignsest

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5