>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >テスラ(TESLA)

VWが「2025年までにテスラの販売台数を超える」と豪語。ただしボクは「そううまくは行かないだろう」と考えている

投稿日:2021/09/21 更新日:

VW幹部「ID.6は現時点では利益が出ていない。それは認めよう」

| テスラが自動車業界に参入した頃、テスラが「挑戦者」だったが、今のEV界においてはVWこそが挑戦者に |

多くの関係者がテスラの実力を見誤った

さて、フォルクスワーゲングループが2025年までにテスラの販売台数を超え、「世界最大のEVメーカーになる」という野心を抱いている模様。

フォルクスワーゲンは現在ID.3そしてID.4を発売しており、この後には「ID.BUZZ(ミニバン)」「ID.Aero(セダン)」の市販モデルを市場投入する計画を持っており、2030年までに70万台を販売したいと考えている、と報じられています。

ただ、この数字だとテスラを抜くのは難しいかもしれず、というのもテスラは現時点ですでに年間50万台を販売しているからですが、LMCオートモーティブのアナリストは、VWグループが2025年までにEV販売台数でTeslaを超えることは確かだという分析も公開しているようですね。

未来は誰にもわからない

なお、テスラに関する予測は「誰一人として」的中しておらず、つまりは予想のずっと上を行くのがテスラでもあり、ぼくとしては「フォルクスワーゲンがテスラを抜くのは難しいかもしれない」と考えています。

フォルクスワーゲングループにはアウディやポルシェといったブランドも含まれ、これらの販売が加算されることを考慮すればテスラを抜くことは可能かもしれませんが、現時点では不安要素も多々あり、まずは「信頼性」の問題。

ポルシェはタイカン発売当初、ソフトウエアの制御については「テスラのように、バグが出ない」と強気の姿勢を示していたものの、実際に発売されたのちに問題が見つかり、販売台数の多くをリコールするといった状況に陥っています。

「タイカンを体感」?ポルシェからダジャレのようなDMが届く!しかし実際に「タイカン」は「体感」も考えてのネーミングだった!

さらにはつい最近、フォルクスワーゲンID.3が発火するという事件も起きており、現在「EVを発売したばかりの」フォルクスワーゲングループにとって、待ち構えているのは「明るい話題だけではない」ということですね。

フォルクスワーゲンID3が炎上
【動画】充電完了直後のVW製EV、ID.3が発火→炎上。閑静な住宅地で他車を巻き込んで燃え尽きるも、こういった場合の補償が「自分持ち」だとちょっと怖い

| 自動車メーカーとしては、完全に過失が証明されない限りは補償を行わないものと思われる | もし火災の損害額を自分で負担することになると、それはあまりにも恐ろしい さて、オランダにてフォルクスワーゲン ...

続きを見る

テスラが自動車業界へと参入した際、多くの既存自動車メーカーは「まあトラブルに直面してすぐにテスラは消えるだろう。自動車業界はそんなに甘くない」と余裕を見せていたものの、実際のところテスラは様々なトラブルを乗り切って販売を伸ばしており、今度はEVにおいて「一日の長がある」テスラが既存の自動車メーカーに対して「EVはそんなに甘くない」と見おろす番なのかもしれません。

ただしフォルクスワーゲンはテスラを当初から高く評価していた

しかしながらフォルクスワーゲングループは比較的早い段階からテスラの実力を正しく評価していて、ほかメーカーが「テスラなど恐れるに足らぬ」と考えていた時期から対テスラ戦略を進めており、それが現在傘下のブランドから投入されている一連のEVということに。

VWのCEOが公式Twitterを開設し「パワーデー」開催と告知
VWのCEOが公式Twitterを開設し「パワーデー」開催と告知。その手法はテスラと酷似しているが、ボクは自動車業界で唯一「VWのみが、テスラの実力を正しく理解している」と考える

| フォルクスワーゲングループは、早い段階で「テスラを驚異」だと認識し、対策を打ってきた | さて、フォルクスワーゲンが「パワーデー(Power day)」なるイベントを開催すると発表。これはフォルク ...

続きを見る

その甲斐あってかVW ID.3はテスラ・モデル3を、ポルシェ・タイカンはテスラ・モデルSの販売を侵食することに成功していますが、フォルクスワーゲングループのEVにはおそらく「外れ」が出てくることになると思われ(e-tronシリーズは余り売れていないようだ。中国ではIDも今ひとつふるわない)、しかし一方でテスラには「外れナシ」。

VWの頼みの綱、「ID」が中国で全く売れず
VWの頼みの綱、「ID」が中国で全く売れず。現時点で販売計画の1/10程度にとどまり、このままでは大コケする可能性も

| VWにとっての最大市場、中国でEVが売れなければ「この先はない」 | フォルクスワーゲンは全力でこの状況を改善しようとするはずだ フォルクスワーゲンが満を持して発売したEVシリーズ「ID」について ...

続きを見る

この差は結構大きく、つまり外したぶんの開発コストについては大きくグループ内の負担としてのしかかることになり、さらにフォルクスワーゲンは「グレード構成が多岐にわたる」ので販売コストも比較的高いと考えて良さそう。

一方のテスラは「EVのみ」「車種が少ない」「グレードごとの変化内容も小さい」といった状況なので販売コストも低く(もともとテスラは直販体制を取るなど、コストを削っている)、そしてこれからは利益額の大きなサイバートラックや、これも利益率として悪くはないであろう「2万5000ドルの」EVが投入されることに。

テスラ・サイバートラック

つまりテスラの場合は「これからコストをペイし、利益が上積みされる」ものの、フォルクスワーゲングループの場合は「これからどんどんコストが響いてくる」ことになるわけですね。

VW幹部「ID.6は現時点では利益が出ていない。それは認めよう」
VW幹部「ID.6は現時点では利益が出ていない。それは認めよう」。生産効率やパーツ価格が現時点では低く、生産台数増加が必須

| ただし生産台数を増やせば増やすほどバッテリー価格が上がってしまうというジレンマも | フォルクスワーゲンはエレクトリックモデル「ID.4」を発売し納車を開始したところですが、その価格(約430万円 ...

続きを見る

加えて、テスラには「アップルコンピューター並みの」ブランドバリューと信者がおり、これもテスラとフォルクスワーゲンとの圧倒的なさと言えるかもしれません。

なお、ぼくはテスラの戦略を高く評価し、「テスラの株」を買い続けているものの、テスラのクルマを買おうという気はなく、EVを購入するのであれば「アウディかポルシェ」だとも考えています(会社と製品とは別だと考えている)。

合わせて読みたい、フォルクスワーゲン関連投稿

アウディAi-Meコンセプト
VWグループがまたしても重要決定。「ミッション”T”を立ち上げ、アウディをもってテスラを堕とす」「VWが50年続けたモータースポーツ活動から撤退」

| フォルクスワーゲングループであっても、そこまでしないとエレクトリック競争に勝ち残れないのか | フォルクスワーゲンは現在、ブガッティ、ランボルギーニ、ベントレー、ポルシェ、アウディ、シュコダ、ドゥ ...

続きを見る

テスラ・モデル3
テスラの時価総額が自動車大手6社「トヨタ、GM、フォード、PSA、ホンダ、VW」の合計を超える!テスラの株価はこの1年で8倍に

さて、テスラの株価は相変わらず上昇を続けており、6日の米国株式市場の終値ベースで7000億ドル(邦貨換算で72兆円)を突破した、との報道。そしてこの7000億ドルがどのくらいかということですが、なんと ...

続きを見る

これからの自動車業界を生き抜くには舵取りが難しそうだ!調査によると多くの自動車メーカーがEV移行をスムーズにできず、VWは最大で2030年に270万台も売り逃す可能性も
これからの自動車業界を生き抜くには舵取りが難しそうだ!調査によると多くの自動車メーカーがEV移行をスムーズにできず、VWは最大で2030年に270万台も売り逃す可能性も

| まだまだEVを売るには様々な準備ができていないが、ガソリン車を売っている場合でもない | ひとつ方針を間違えば、一気に世の中に置いて行かれることになりそうだ さて、昨今報じられる通り、多くの自動車 ...

続きを見る

参照:Auto News

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >テスラ(TESLA)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5