ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

テックアートが超過激チューンド911「GTストリートR」カブリオレを発表!150馬力アップで87台のみの限定、その改造費用は840万円から

投稿日:2021/10/03 更新日:

テックアートが超過激チューンド911「GTストリートR」カブリオレを発表!150馬力アップで87台のみの限定、その改造費用は840万円から

| これほどのパワーアップと外観の変更が得られるのであれば、そのカスタム費用はそれほど高くはない |

さすがはテックアート、その品質も最高レベル

さて、ポルシェのチューナーとして名高いテックアートが、992世代のポルシェ911ターボ/911ターボSカブリオレをベースにしたコンプリートカー、「GTストリートRカブリオレ」を発表。

見ての通り過激な仕様を持つクルマですが、万人向けではないということなのか、クーペと合わせて87台のみしか生産されないとアナウンスされています。

テックアートが800馬力のポルシェ911チューンドカー「GTストリートR」発表
テックアートが800馬力のポルシェ911チューンドカー「GTストリートR」発表!内外装カーボンだらけ、最高速は350km/h

| ひと目で「チューンドカー」だとわかる外観がさすがテックアート |この記事のもくじ| ひと目で「チューンドカー」だとわかる外観がさすがテックアート |GTストリートRへのコンバーキョンキット価格は約 ...

続きを見る

テックアート「911 GTストリートRカブリオレ」はこんな仕様を持っている

この911 GTストリートRカブリオレについて、エクステリアデザインでは、バンパー、フェンダー、サイドシルのエクステンション、GT3 RSスタイルのフェンダーギル、2つのアウトレットを備えた専用デザインのボンネット、リアスポイラーを装着し、さらにはバルブコントロール付きステンレス製スポーツエグゾーストシステムを採用。

ブラックに見える部分はエクスポーズドカーボン仕上げとなっていますが、これはマット、グロスに加えて鍛造カーボンも選べる、とのこと。

Techart-GTstreet-R-Cabriolet-1

もともとポルシェ911ターボSに積まれるツインターボ3.8リッターフラットシックスにも手が入り、テックアートの用意するターボチャージャーに加えてエンジンとギアボックスのソフトウェアの再プログラミングによって最高出力789ps(588kW / 800PS)、最大トルク701lb-ft(950Nm)を発揮しますが、これは、ノーマルの911ターボSコンバーチブルに比べて148馬力(110kW/150PS)、111lbft(150Nm)のパワーアップ。

いかに(出力向上が比較的容易な)ターボエンジンといえどこの上昇幅には驚きを禁じ得ず、テックアートの技術もさることながら、ポルシェのエンジンがいかに「チューニングポテンシャルが高くタフなのか」がわかりますね。

Techart-GTstreet-R-Cabriolet-2

なお、0−100km/h加速タイムは公表されていないものの、最高速度は350km/hに達することがアナウンスされており、パフォーマンスも相当に向上しているということになりますが、テックアートでは、エンジンのハードウェアに手を加えたくないユーザーのために、(おそらくはECUの変更のみで)最高出力700ps(522kW/710PS)、最大トルク664lb-ft(900Nm)に「留める」プログラムも用意している、とのこと。

Techart-GTstreet-R-Cabriolet-3

ただしいずれの場合も、スポーツスプリングを使用すると25mm、サスペンションキットを使用すると5~30mmのローダウンが可能となり、テックアート製のフォーミュラVI鍛造センターロック式20インチ(フロント)と21インチ(リア)のホイールにはエアロディスクを装着可能(最近はこういったエアロディスクが流行っていて、ブラバスもエアロディスク付きホイールをリリースしている)。

さらにテックアートはGTstreet Rをサーキットで使用する場合に備え、パフォーマンスシート、ロールケージ、フルアジャスタブルコイルオーバーサスペンションを含むクラブスポーツパッケージをオプションにて用意しているようですね。

Techart-GTstreet-R-Cabriolet-5

テックアートはオーナーの好みに合わせて様々なオプションを用意

911 GTストリートRのインテリアでは(今回画像は公開されていないので、下の画像はクーペ版のもの)オーナーの好みに合わせてアルカンターラ、レザー、レトロなスタイルのファブリック、カーボンファイバーを組み合わせており、随所にはTechart社のロゴをあしらい、さらにはハンドクラフトによるステアリングホイールを装備しています。※3Dオンラインコンフィギュレーターにて様々な仕様を確認できる

GTstreet Rカブリオレの改造費用は63,000ユーロ(約820万円)からだと発表されており、(クーペ版の)GTstreet Rの73,000ユーロ(約940万円)よりも安くなっていますが、これはクーペ版にのみ装着される巨大なリアウイングがないためだと思われます。

この改造費用は消して安くはなく、しかしこれだけのルックスそしてパフォーマンスが手に入るのであれば、むしろ「安い」と考えていいのかもしれませんね。

2021-TECHART-GTstreet-R-16

テックアートGTストリートR(クーペ)のプロトタイプを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、テックアートによるポルシェ911のカスタム関連投稿

ポルシェチューンの老舗テックアートが992世代の991用チューニングパーツ拡充!+60馬力のパワーキット+チタンマフラーやエアロパーツ等

| 一部エアロパーツは日本でも購入が可能 |この記事のもくじ| 一部エアロパーツは日本でも購入が可能 |重量は純正比でマイナス40%テックアートはこんな911用パーツをリリースしているこんな記事も読ま ...

続きを見る

テックアート製パーツでフルカスタムされたポルシェ911(992)!外装はモノトーン、内装は情熱的なレッド

| 徹底して色味を排除したエクステリアは新しい |この記事のもくじ| 徹底して色味を排除したエクステリアは新しい |テックアート製ポルシェ911カレラ用パーツは日本でも発売中こんな記事も読まれています ...

続きを見る

ポルシェ911乗りに朗報!テックアートが991/992向けにカーボンパーツを多数リリース。さすがに品質が高そうだ

| テックアートは品質の割にまだ安いほうだと思う | さて、ポルシェのチューン/カスタムで知られるテックアートがカーボンパーツを一気に拡充。これまでの「折り目の見える」カーボンに加え、パーツによっては ...

続きを見る

参照:TECHART, Shmee150

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5