>中国/香港/台湾の自動車メーカー

実現は無理っぽい・・・。中国から「1835馬力、0-100km/h加速1.8秒、最高速420km/h、重量1350kg」という世界トップクラスのスペックを持つEV「ファーノヴァ・オセロ」登場

投稿日:2021/10/02 更新日:

実現は無理っぽい・・・。中国から「1835馬力、0-100km/h加速1.8秒、最高速420km/h、重量1350kg」という世界トップクラスのスペックを持つEV「ファーノヴァ・オセロ」登場

| ここまで実現が難しそうな数字が並んでしまうと、そもそもの計画自体を疑ってしまう |

ただ、中国だけに無理矢理にでも実現させる可能性もゼロではない

さて、このところ毎週のように出てくる「新興ハイパーカーメーカー」ですが、今回は中国から「ファーノヴァ・オートモーティブ(Farnova Automotive)・オセロ」が産声を上げています。

なお、ファーノヴァ・オートモーティブそのものは2019年に設立された自動車メーカーだそうですが、経営難に陥ったQiantu Motorsとの間で何らかの(プロジェクトの買取りなのか、もしくはOEMなのか)契約がかわされ、よってこのオセロは、Qiantu Motorsの開発していたK50をベースにしている、とのこと。

一体誰が買うのかわからない中華系エレクトリックスポーツ「Qiantu K50」が米で発売に。「オーバークロックモード」でパワーアップも可能

さすがにこのクルマに買う理由を見出すのは難しい 中国系新興エレクトリックスポーツカー「Qiantu K50」がついにアメリカで発売されることになり、ニューヨークモーターショーにて公開。なおナンバープレ ...

続きを見る

ファーノヴァ・オセロの出力は1835馬力

報道によると、このファーノヴァ・オセロは2つのモーターを搭載して合計1835馬力を発生するといい、その価格は186万元(日本円で約3220万円くらい)。

1835馬力を発生するハイパーカーとしては望外に安価な設定ではあるものの、そもそも2モーターで1835馬力を実現できるのか等の疑問もあり、ほかの中国製ハイパーカー同様、結局は発売されないままに終わるのかもしれません。

なお、中国では様々なスタートアップに投資するのが一つの流行であり、こういったハイパーカープロジェクトは「投資を募りやすい」のだとは思いますが、結局のところ実現できない可能性が(これまでの例を見ても)高く、ともすると「投資詐欺」のようなケースもありそうです。

Farnova-Othello-2

中国のEVメーカーは現在300社、さすがに中国政府も「多すぎ」と語る。しかし半年前には「400社」が存在し、6ヶ月で100社も倒産
中国のEVメーカーは現在300社、さすがに中国政府も「多すぎ」と語る。しかし半年前には「400社」が存在し、6ヶ月で100社も倒産

| 中国の「起業ブーム」「流行に乗る勢い」は凄まじい | それにしても、よく起業のための資金をかき集めることができるものだ さて、中国は「EV生産台数世界No.1」を目指しており、国策としても電気自動 ...

続きを見る

さらにこのファーノヴァ・オセロは「0-100km/h加速1.8秒」というリマック・ネヴェーラなみの性能を謳っていて、このあたりからしてかなり「怪しい」という雰囲気。

ちなみに時速300キロまでは8.5秒、最高速は420km/hに達するとされ、バッテリーはスウェーデンのNorthvolt社製で75kWhの容量を持ち、航続距離は600kmというスペックが公開されています。

ちなみに生産開始はリマック・ネヴェーラやテスラ・ロードスターよりも早い「2022年」に設定されており、あらゆる意味で「そこまで風呂敷を広げて大丈夫か・・・」という感じ。

Farnova-Othello-3

ボディサイズは全長4,670mm(183.9インチ)、全幅2,080mm(81.9インチ)、全高1,145mm(45.1インチ)なのでランボルギーニ・アヴェンタドールに近く、車両重量は1,350kgと紹介されていますが、これもまた「実現できなさそうな」数字ですね。

ただ、そのデザインは悪くなく、シャープなフロントにディヘドラルドア、フライング・バットレス、ルーフマウントエアブレーキといった特徴を持っています。

farnova-othello-8-800x549

ファーノヴァ・オセロのインテリアはこうなっている

そしてこちらはファーノヴァ・オセロのインテリア。

カーボン製と思われるバケットシートを持ち、全体的にシャープでエッジの効いたデザインを持っていますが、スポーツカーらしくミニマルなデザインが好印象。

farnova-othello-6-800x545

ステアリングホイールは八角形、ブレーキペダルも八角形を模していて、メーターはダッシュボード上にコンパクトな「アクリル板のようなもの」が設置されるにとどまります。

センターコンソールは「フロート」デザインですね。

farnova-othello-5-800x601

なお、このファーノバ・オートモーティブはこのオセロのほか、「元ランボルギーニのデザイナーによる」エレクトリックバスのデザインを公開しており、さらに2023年からはSUVやセダンをはじめとしたEVを発売する計画を持っており、かなり野心的な企業でもあるようです。

合わせて読みたい、新興ハイパーカー関連投稿

また出た新興ハイパーカー!ただし今度はルノーやロータスF1チームの監督が設立に関わった「モランド・カーズ」
また出た新興ハイパーカー!ただし今度はルノーやロータスF1チームの監督が設立に関わった「モランド・カーズ」。ピュアエレクトリック版だと1,950馬力

| ハイブリッド版とピュアエレクトリック版が存在し、価格は2億7600万円、限定73台 | さて、続々出てくる新興ハイパーカー計画ですが、今回はスイスのモランド・カーズ(Morand Cars)社から ...

続きを見る

英国から1,100馬力の新興ハイパーカー、ヴィリテック・アプリケール登場
英国から1,100馬力の新興ハイパーカー、ヴィリテック・アプリケール登場!「電気自動車は2つの問題がある。だから我々は代わりに水素電池を使う」

さて、英国のエンジニアリング企業、ヴィンテック社が「水素燃料電池搭載の」ハイパーカー、”アプリケール”を発表。これは同社の水素燃料電池技術力を示すショーケースとして企画されたもので、およそ2億円を支払 ...

続きを見る

エレクトロンQuasar
またまた新興ハイパーカー登場!0−100km/h加速は世界最速の1.65秒、最高速450km/hの「エレクトロン・クエーサー」

| エレクトロン・クエーサーの価格は2億6000万円。2023年には納車が開始されるというが | さて、雨後のタケノコのようにニョキニョキ現れる新興スーパーカー/ハイパーカーメーカー。今回発表されたの ...

続きを見る

参照:CarnewsChina

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5