ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■服や小物、時計、雑貨など ■近況について

ボクの中では過去最高!サイバー系フルメタルG-SHOCK「GMW-B5000TVA-1JR(198,000円)」を買ってみた

投稿日:

ボクの中では過去最高!サイバー系フルメタルG-SHOCK「GMW-B5000TVA-1JR(198,000円)」を買ってみた

| カシオはG-SHOCKを絶え間なく進化させてくる |

高価だがかなり満足度は高い

さて、発売されたばかりのカシオG-SHOCK、「GMW-B5000TVA-1JR(198,000円)」を購入。

これはいわゆる「フルメタルG」で、見た目は初代Gショック「DW-5000C」っぽく、そして(カラーがブラックなので)樹脂っぽくも見えますが、実際の素材はチタン、そしてこのブラックはDLCコーティングにて再現されています。

そして今回購入したGMW-B5000TVA-1JRですが、カシオいわく「バーチャルワールドやSF映画、ゲームの世界にインスパイアされた」という仕様を持っており、なんとなくサイバーな雰囲気も漂う一本です。

L1360220

GMW-B5000TVA-1JRはこんな仕様を持っている

そこでさっそくこのGMW-B5000TVA-1JRを見てみたいと思いますが、上述の通り表面はブラックのコーティング(DIAMOND LIKE CARBON COATING)仕上げ。

ただしベゼルなど一部は鏡面仕上げの上にコーティングがなされており、実際に肉眼で腕時計を見たときには多彩な表情を伺うことができ、かなり高級感があるんじゃないかという印象。

L1360209

メインのケース上下(バンドの取付部に近い部分)には肉抜きが施され、その楕円の隙間からはレッドのクッショニングが覗きます。

このクッショニングは、金属製ケースの内部にてムーブメントを保護するのに使用されるものと同じ素材なのだと思われます。

3K4A4213

ボタンの一部にもレッドのライン入り。

なお、ボタンそのものはポリッシュ仕上げです。

3K4A4187

ケースバックもチタン製、そしてブラック仕上げ(マット仕上げ)。

3K4A4199

液晶がネガティブ(反転)でないのは残念ですが、ケースそのものにはマーキングが施され、「A / B / C / D」ボタンの文字やその役割が施され、たとえばAボタンの根本には「SPRIT / RESET」、Bボタンの付け根には「LIGHT」といった具合ですね。

3K4A4217

なお、ケースサイドには「DIAMOND LIKE CARBON COATING」といった具合にその仕様もあわせて記されています。

3K4A4205

そしてケースやバンドにも機能や素材、加工を記しており、「FINE RESIN CUSHONING」「BASE TITANIUM」といった文字も(これら文字はレーザーで刻印される)。

3K4A4185

バンドのコマの「表裏」はマット仕上げ、サイドはポリッシュ仕上げを採用していて、これが実際に腕に装着したときにコントラストを演出することになり、樹脂モデルとは全く異なる表情を演出している模様(けっこうキラキラしているという印象がある)。

3K4A4200

サイドはポリッシュ、そしてコマとコマとの間からも、チラリとポリッシュ仕上げが覗きます。

3K4A4212

そしてバンドのコマのドットは「エンボス」ではなく「貫通」。

いろいろな部分でほかの「フルメタルG」とは異なる仕様を持つようですね。

3K4A4211

G-SHOCKの美点のひとつとして「強靭なバックル」というものがありますが、この製品もその例にもれず、厚みのあるフォールディングパーツを使用し、高い剛性をもって取り付けられています。

バンドのコマとコマとの遊びも少なく、フォールディングデバイス、バックルと合わせて「(以前に購入して後悔した)セイコー・アストロンとは段違い」に優れるという印象です(セイコーはベルトやバックルを軽視しすぎているが、腕時計の一部としてもっとコストを割くべきだと思う)。

3K4A4202

こちらはボックス。

L1360193

外箱・内箱ともどもGMW-B5000TVA-1JR専用デザインを持ち、腕時計同様に「サイバー」な世界観が表現されていますね。

L1360195

なぜボクはGショックを愛用するのか

ちなみにぼくはほかにもいくつか機械式腕時計を所有していますが、(腕時計を着用する場合)基本的にはGショックを使用しています。

その理由のひとつは「Gショックは他の腕時計と比べられることがないから」というもので、たとえば機械式腕時計のヒエラルキーのように「どのブランド、どのモデルがエラい」といった上下関係にまったく左右されないと考えているわけですね(その点ではスウォッチも似ている)。

G-SHOCKは高級機械式腕時計に比較すると安価な部類ではありますが、G-SHOCKを身に着けているからといって「お金がない」と受け取られるようなことはまずなく、たいていは「好きだから身につけている」という好意的な解釈がなされるのだとも認識していて、つまりは独自の存在意義とポジションを確保しており、ほとんどの場面において(ぼくにとっては)恥ずかしくない腕時計のひとつ、ということになります(クルマでいえば、アバルトやミニ、ジムニーのようなイメージ)。※ぼくは基本的に、価格に限らず、突出した何かを持つ製品が大好きだ

3K4A4191

カシオGショック
G-SHOCK「新」アナログフロッグマンGWF-A1000を買った!なぜボクはGショックを愛用するのか

| 日常使いするにはG-SHOCKが「ベストな腕時計」だと考えている |この記事のもくじ| 日常使いするにはG-SHOCKが「ベストな腕時計」だと考えている |やはり電池交換不要なのは安心自動時刻修正 ...

続きを見る

加えてG-SHOCKは機能的に優れており、「ソーラー(充電やバッテリー交換が不要)」「電波(時刻合わせが不要)」「アプリ対応(スマホで各種設定が容易にできる)」といった機能を持つモデルも多く、(時間を知るという本来の目的と)腕時計として考えた場合、まず完璧なんじゃないかと考えていて、逆に機械式腕時計は「アクセサリー」の一種だとも認識しています。

G-SHOCKからガンダムっぽいフルメタルG「GMW-B5000TVA-1JR(198,000円)」出た!ボクの考える「もっともイケてるGショックNo.1」を更新
G-SHOCKからガンダムっぽいフルメタルG「GMW-B5000TVA-1JR(198,000円)」出た!ボクの考える「もっともイケてるGショックNo.1」を更新

| フルメタルG-SHOCKシリーズは画像で見るよりも実物を見たほうがずっとカッコいい |この記事のもくじ| フルメタルG-SHOCKシリーズは画像で見るよりも実物を見たほうがずっとカッコいい |さら ...

続きを見る

GショックGMW B5000 TVA-1JRを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、カシオG-SHOCK関連投稿

カシオGショック
ボクの考える最強の腕時計はG-SHOCK!ニューモデル「チタン製フルメタル+カモフラ加工」、GMW-B5000TCF-2JRを買う

| ボクが一番信頼している腕時計はカシオG-SHOCK |この記事のもくじ| ボクが一番信頼している腕時計はカシオG-SHOCK |GMW-B5000TCF-2Jはこんな箱に入っているGMW-B500 ...

続きを見る

G-SHOCKが9月のニューモデルを発表!「暮れゆく空」を表現したGショック初のパープルIPフルメタルG、そして八村塁シグネチャーモデル第二弾も
G-SHOCKが9月のニューモデルを発表!「暮れゆく空」を表現したGショック初のパープルIPフルメタルG、そして八村塁シグネチャーモデル第二弾も

| GMW-B5000シリーズには頻繁に新製品が追加 |この記事のもくじ| GMW-B5000シリーズには頻繁に新製品が追加 |一方、販売終了となるペースも速いようだGMW-B5000PB-6JFはこ ...

続きを見る

カシオG-SHOCK最新モデル、アナログフロッグマンGWF-A1000
カシオG-SHOCK最新モデル、アナログフロッグマンGWF-A1000を購入!ベゼルとストラップには積層カーボン採用、オールブラックにオレンジの差し色

さて、先日紹介したカーボンフロッグマン、GWF-A1000XC-1AJF(170,500円)を予約の上で発売と同時に入手。以前にもアナログ仕様のフロッグマン(ベースモデル)を購入しているので、「フロッ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■近況について
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5