ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデス・ベンツのデザイナー語る!「次期AMG GTは消滅ではなくちゃんと発売する。SLとは性格が異なり、より伝統的で純粋、そしてレーシングカーに近い」

投稿日:2021/11/03 更新日:

メルセデス・ベンツ

| プロトタイプがまったく見られなかったので「消滅」の噂も出ていたメルセデスAMG GTだが |

どうやらちゃんと開発が行われ、現行モデルに磨きをかけた性能が与えられそうだ

さて、メルセデス・ベンツは新型SLを発表したところですが、同社のチーフデザイナーであるゴードン・ワグナー氏によれば「AMG GTにも新型が存在し、少なくとも第二世代までは継続する」とのこと。

なお、新型SLと時期AMG GTとは共同にて開発が行われ、これによってメルセデス・ベンツSLは「AMG SL」となり、そしてAMG GTロードスターを吸収することになっているものの、しかしAMG GT(クーペ)については未だプロトタイプの姿すら目撃されておらず、よって「AMG GTの後継モデルはなく、一代限りで終わりなんじゃないか・・・」といいう予想も出ていたわけですね。

新型メルセデスAMG SLついに発表!70年におよぶSL史上はじめて4WDを採用するも「原点回帰」を目指して軽快さと運動性能を追求
新型メルセデスAMG SLついに発表!70年におよぶSL史上はじめて4WDを採用するも「原点回帰」を目指して軽快さと運動性能を追求

| 今回の新型メルセデスAMG SLには見どころが多い |この記事のもくじ| 今回の新型メルセデスAMG SLには見どころが多い |新型メルセデスAMG SLがこれまでで「最高のSL」であることは間違 ...

続きを見る

新型SLと新型AMG GTとは大きく異なる性格を持つ

そして今回、ゴードン・ワグナー氏が語った内容によれば、「いかに新型メルセデスAMG SLがAMG GTロードスターを吸収したといえど、新型SLはAMG GTクーペのかわりになるものではない」。

この意図としては、メルセデスAMG SLは「デジタルロードスター」であって、最新のMBUXによる最高のユーザーインタラクションシステムだけでなく、すべての電子機能、運転支援システム、すべてのテクノロジーを備えたクルマであり、「エアサスペンションをはじめとするあらゆる可能性を備えることで、ボタンをクリックするだけでクルーザーからレーシングカーに変身させることができる」とも。

反面、AMG GTにはこういったテクノロジーや二面性はないとコメントし、つまり「AMG GTはレーシングカーやスポーツカーとしての性格が強く、それは純粋である」と主張していることになりそうです。

メルセデスAMG GT

新型メルセデスAMG GTはどんなクルマに?

そこで気になるのが新型メルセデスAMG GTはどんなクルマになるのか、ということ。

ゴードン・ワグナー氏のコメントから察するに、テクノロジーよりも純粋さを追求したスポーツカーになるであろうことが推測できますが、よりシンプルかつ伝統的な技術を使用し、つまりは軽量で俊敏なクルマとなりそうです。

ちなみに先代メルセデス・ベンツSLと現行メルセデスAMG SLLとを乗り比べると「全く違う」クルマであることもわかりますが、新型AMG SLと新型AMG GTではその差が多少縮まるとはいえど、明確な境界線があると考えていいのかもしれません。

参考までに同氏は「AMG GTは日常の運転にはちょっと(乗り心地的に)厳しすぎる」という顧客も多いといい、そういった人々に向けたのが新型AMG SLということなのだと思われます。※そして、新型AMG SLがAMG GTの領域にちょっと踏み込んだことで、新型AMG GTはもっと先に行けるということなのかもしれない

そして上述のとおり、AMG SLと次期AMG GTとは「共同開発」がなされますが、となると新型AMG GTに使用されるプラットフォームはMSA(Modular Sports car Architecture)ということで間違いなさそう。

2022-mercedes-amg-sl-bodyshell

このMSAは「フロントにエンジンとトランスミッションを搭載する」レイアウトを持っており、現行AMG GTのように「フロントミッドにエンジン、リアにトランスミッション」というトランスアクスルレイアウトを持たず、その意味では新型AMG GTのピュア度は現行モデルに比較して「やや劣る」可能性も。

新開発となるMSAプラットフォームがトランスアクスルレイアウトを持たないのは「MSAプラットフォームをSLにも使用し、SLには後部座席を設ける必要があったため」だと思われますが、よくメルセデスAMGはこの決断に踏み切ったな、と思ったり。

もちろんAMG GTではリアシートを持たない2シーターレイアウトに変更されるはずですが、構造上「トランスアクスルにまでは」変更できないと考えるのが妥当であり、多少は重量バランスが理想からずれることになる可能性もありそうです。

なお、搭載されるエンジンについては「AMG SLが(今のところ)4リッターV8ツインターボのみということを考慮すると」、新型AMG GTもこれに倣うことになりそうですが、AMG渾身の「2リッター4気筒電動ターボ」の搭載にて前後重量配分を改善してくる可能性も考えられます。

ただし、これらは現在憶測の域を出ず、今後チョコチョコと公開されるであろう情報を待つしかなさそうですね。

ターボラグ解消に切り札!メルセデス・ベンツがF1由来の技術を使用した市販車向け電動ターボを開発し、「次世代AMGから採用」と発表

| おそらくこの「電動ターボ」は今後の主流になりそうだ |この記事のもくじ| おそらくこの「電動ターボ」は今後の主流になりそうだ |ターボラグはどのメーカーにとっても悩みのタネただし今回のメルセデスA ...

続きを見る

参照:Road & Track

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5