ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

新型ポルシェ718ケイマンGT4 RS発表!500馬力エンジンに加え数々の専用装備を持ち、完全に「コレクターズアイテム」としての資格を獲得。激しい争奪戦になりそうだ

投稿日:

新型ポルシェ718ケイマンGT4 RS発表!500馬力エンジンに加え数々の専用装備を持ち、完全に「コレクターズアイテム」としての資格を獲得。激しい争奪戦になりそうだ

| これはポルシェセンターに問い合わせねばなるまい |

日本でも1843万円で受注開始

さて、ポルシェデザインのうっかりリークから数時間後、ポルシェが新型718ケイマンGT4 RSを発表。

ワールドプレミアはロサンゼルスモーターショーにてなされる予定ですが、まずはオンライン上での先行発表となります。

なお、718シリーズはおそらく次世代からピュアエレクトリックカーとなる可能性が高く、よって現行「982」世代はガソリン車最後、さらに718ケイマンGT4 RSはその最終記念モデル的意味合いを持つと捉えられており、その意味でも高い注目度を誇ることとなっています。

Porsche-718-Cayman-GT4-RS (2)

ポルシェはすでに「次期ケイマン/ボクスターを示唆するコンセプト」、ミッションRのテストを行っていた!「すでに完成に近く、次世代の市販モデルを示唆する要素が詰まっている
ポルシェはすでに「次期ケイマン/ボクスターを示唆するコンセプト」、ミッションRのテストを行っていた!「すでに完成に近く、次世代の市販モデルを示唆する要素が詰まっている

| シャシーはスチール製、モーターはアクスル上。バッテリースペースは現時点では明かされていない |この記事のもくじ| シャシーはスチール製、モーターはアクスル上。バッテリースペースは現時点では明かされ ...

続きを見る

ポルシェ718ケイマンGT4 RSはニュルブルクリンクを7分4秒で走行

すでに公開されていた情報により、新型ポルシェ718ケイマンGT4 RSはニュルブルクリンクを7分4秒511(20.832kmコースだと7分09秒300)で走る能力を持つことが明らかになっていますが、これは718ケイマンGT4よりも23.6秒も速いタイム。

Porsche-718-Cayman-GT4-RS (12)

ついにポルシェ718ケイマンの公式ティーザー動画公開!なんとニュルを7分4秒で走り、AMG GT R Proやマクラーレン720S/600LTよりも速異タイム
【動画】ついにポルシェ718ケイマンGT4 RSの公式ティーザー動画公開!なんとニュルを7分4秒で走り、AMG GT R Proやマクラーレン720S/600LTよりも速異タイム

| さらにはあのフェラーリ488ピスタに肉薄し、「価格/タイム比」ではこれ以上はないクルマかも |この記事のもくじ| さらにはあのフェラーリ488ピスタに肉薄し、「価格/タイム比」ではこれ以上はないク ...

続きを見る

これを達成するため、ポルシェのエンジニアは718ケイマンGT4 RSに積まれる4リッター・フラットシックスの出力は500馬力/470Nmにまで引き上げており、これは718ケイマンGT4の420馬力から80馬力の向上にあたるだけではなく、992世代の911GT3の510馬力にわずか10馬力だけ劣るのみ。

参考までに、911GT3のニュルブルクリンクのラップタイムは6分59秒927なので、ここはポルシェが「ヒエラルキーを維持した」部分だと考えられます。

ポルシェが新型911GT3発表!レーシングカー譲りのエアロにサスペンションを持ち、出力は510馬力へ
ポルシェが新型911GT3発表!レーシングカー譲りのエアロにサスペンションを持ち、出力は510馬力へ。ニュルのタイムは先代比-17秒、7分切りを達成

| 「RS」のついていない、”通常”の911GT3が7分を切る時代になった |この記事のもくじ| 「RS」のついていない、”通常”の911GT3が7分を切る時代になった |最高速度は320km/hニュ ...

続きを見る

Porsche-718-Cayman-GT4-RS (11)

そしてこのエンジンに組み合わせられるトランスミッションは7速デュアルクラッチのみで、これはマニュアル・トランスミッションが選べる718ケイマンGT4、そして911GT3とも異なるところ。

Porsche-718-Cayman-GT4-RS (10)

そして加速性能においても向上が図られ、718ケイマンGT4RSは(ケイマンGT4に比較して)0.5秒も速い3.2秒をマークし、これは911GT3に匹敵する数字。

加えて最高速度も315km/hに向上しており、718ケイマンGT4からすべての数値が向上したということになりそうです。

Porsche-718-Cayman-GT4-RS (9)

もちろんRS(レンシュポルト)を名乗るからには足回りもサーキットを中心に見据えたセットアップへと変更され、ダンパー、スプリング、アンチロールバーが再調整されたほか、サスペンションとボディはブッシュを介さずにボールジョイントにて連結され、車高は標準の718ケイマンより30mm低くなっている、とのこと。

新型ポルシェ718ケイマンGT4RSのエアロパッケージはこうなっている

新型ポルシェ718ケイマンGT4 RSは、911 RSRや911 GT3にインスパイアされたスワンネック型の巨大なリアウィングを持っていますが、リアクオーターウィンドウの代わりにRS専用のエアインテーク(プロセスエアインテーク)が設置されていることも718ケイマンGT4との視覚的な差異であり、このインテークは、改良されたサイドインテークと組み合わせることで、より冷却性能を向上させているようですね。※ドライバーの耳に近い位置でエアを吸うので、吸気音がずいぶんエキサイティングらしい

Porsche-718-Cayman-GT4-RS (3)

また、サイドフィンを一体化して存在感を増したフロントスプリッター、フロントフェンダー上のルーバー(エアアウトレット)、カーボンボンネット上のNACAインテーク(これもRSならではの装備)、調整可能なフロントディフューザー、最新のアンダーボディ/リアディフューザー等によっていっそう戦闘的なルックスを実現するとともに、718ケイマンGT比で25%のダウンフォース強化を果たしています。

Porsche-718-Cayman-GT4-RS (6)

新型ポルシェ718ケイマンGT4RSは軽量化にも抜かりはない

そしてRS恒例の軽量化にも抜かりはなく、PDK装着車どうしで比較すると718ケイマンGT4RSは(718ケイマンGT4に比較して)22kg軽くなっており、これはCFRP製のフロントフェンダーやボンネット、軽量ガラスを使用したリアウインドウ、ファブリックハンドルや簡素化されたインテリアドアパネルなどによって達成され、パワーウエイトレシオは2.97という数値を誇ります。

Porsche-718-Cayman-GT4-RS (7)

なお、オプションでは「ヴァイザッハパッケージ」が用意され、これには折り目の見えるエクスポーズド仕様カーボンファイバー製パーツ(フロントリッド、インテーク、エアボックスリッド、ミラーキャップ、リアウィング)、935クラブスポーツ風のエンド部を持つチタン製エキゾーストパイプ、チタン製ロールケージ、ダッシュボードのレーステックス(アルカンターラのような素材で軽量)張りが含まれ、さらに追加費用を払えば、純正の20インチ鍛造アルミホイールに替え、ミシュラン・パイロットスポーツカップ2Rを装着したマグネシウム製ホイールが装着される、とのこと。

ちなみにこのマグネシウムホイールのカラーは「ネイビー」そしてインテリアのアクセントにもネイビーが用いられており、718ケイマンGT4 RS特有の差し色はこの「ネイビー」なのかもしれませんね。

Porsche-718-Cayman-GT4-RS (8)

日本国内価格は1843万円に設定され、本国の14万1338ユーロ(約1835万円)と同等レベルとなっていますが、おそらくは生産台数も相当に限定されることになりそうで、熾烈な争奪戦となりそうです。

ポルシェ718ケイマンGT4RSのプロモーション動画はこちら

参照:Porsche

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5