ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

投稿日:

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW XMが登場 |

正直、カッコいいのかそうでないのか判断ができない

さて、BMWが予告通り、モータースポーツ部門である「M」独自開発となるコンセプトXMを発表。

BMW Mは1978年に(ランボルギーニの協力を得て)はじめてM部門専用となるスーパーカー「M1」を発表していますが、こちらは3.5リッター直列6気筒エンジン(274馬力)を搭載するBMW初のミッドエンジン車。

そしてそれから40年以上が経過し、2台目となる「M専用モデル」、コンセプトXMを発表することとなっています。

bmw-concept-xm (8)

新世代のM専用モデルはクロスオーバー

その意味では、今回のコンセプトXMはM1の後継といえなくもなく、しかし新世代の「M専用モデル」はプラグインハイブリッド、そしてクロスオーバー。

デザイン的にも大きなカイリがあり、M1との共通点があるとすれば、コンセプトXMのルーフ両端にあるBMWのプロペラマークかもしれません(M1のリア左右にも、同じようにプロペラマークがあった)。

bmw-concept-xm (16)

ちなみにこちらはM1。

おそらく、この位置にプロペラマークがあるのはM1とコンセプトXMだけなんじゃないかと思います(ヴィジョンMネクストはこの位置にプロペラマークを持たない)。

BMW コンセプトXMは市販化前提

そしてこのコンセプトXMは市販化前提のコンセプトカーですが、これまでBMWが発表してきたコンセプトカー(コンセプトZ4など)について、「コンセプト」という文字が取れた状態で発売されているので、このコンセプトXMについても、市販時には単に「XM」となるのかもしれません(シトロエンXMとの兼ね合いや、国ににっては2文字だと商標登録ができないので、なんらかの変更も考えられる)。

なお、発売については「BMW M部門が50周年を迎える」2022年だと言われていますね。

bmw-concept-xm (15)

パワートレーンは上述のとおり「プラグインハイブリッド」ではあるものの、現時点でBMWはその詳細(エンジンやバッテリーサイズなど)について述べておらず、ただし最高出力は750馬力、最大トルクは最大トルク737Nmを発揮し、バッテリーのみでは約48kmの走行が可能だと推測されています。

bmw-concept-xm (2)

BMW コンセプトXMのデザインもまた新世代

このコンセプトXMについて、やはり触れずにいられないのがそのデザイン。

従来のBMWとは大きく異るデザインを持ち、キドニーグリルはBMWのラインアップ中では「最大級」であり、ティーザー画像にて示されたようにLEDイルミネーションがグリルフレームに仕込まれ、夜間には強烈な存在感をアピールしそう。

ねお、ヘッドライトは「上下二分割」ではなく、スリムなLEDヘッドライトが左右ひとつづつ備わります。

bmw-concept-xm (3)

ホイールは23インチでこれまた「BMWでは最大級」の大きさを誇り、スポーク部、センターキャップともにこれまでにないデザインを採用。

bmw-concept-xm (7)

リアバンパーに仕込まれるテールパイプも「新しい」デザインを持ち、三角とも六角形とも受け取れるデザインです。

bmw-concept-xm (6)

テールランプはボディサイドからテールゲートへと回り込むデザイン。

bmw-concept-xm (5)

Mロゴ自体はこれまでと同じですが、カラーがモノクロームに。

bmw-concept-xm (4)

BMW Mストライプの由来
今まで謎だったBMW "Mストライプ"の起源についてBMW自身がついに語る!なお「M」文字はジウジアーロのデザインだった

| 歴史が長いと、その会社の中の人であってもわからないことが多くなってくる |この記事のもくじ| 歴史が長いと、その会社の中の人であってもわからないことが多くなってくる |Mストライプについては「考え ...

続きを見る

インテリアは意外やレトロで重厚だった

このコンセプトXMにてぼくが驚いたのがこのインテリア。

外観から推測すると先進的な雰囲気を持っていそうですが、意外やレトロ。

そしてそのレトロな雰囲気はヴィンテージレザーによって形成されているようですね。

bmw-concept-xm (14)

シート形状そのものは最新であるものの、やはり張り材はヴィンテージレザー。

なお、天然レザーは「サステイナブルではない」「エコではない」という理由にて敬遠される傾向が(特に欧州で)強まっていると聞きますが、一方ではレザーの支持も非常に高く、よってBMWはそういった風潮を鑑み、レザーを使用しつつも、ヴィンテージレザーによってエコっぽさを出そうとしたのかもしれません。

bmw-concept-xm (9)

ロールスロイス
ロールスロイスCEO「レザー以外の内装も用意しているが、今までにそういったオーダーを受けたことはない。レザーが高級素材として求められるのには理由がある」

| やっぱり今のところはレザーを超える高級な張り材は無いのかもしれない |この記事のもくじ| やっぱり今のところはレザーを超える高級な張り材は無いのかもしれない |結局ベントレーも「脱レザー」ができず ...

続きを見る

センターコンソールのスイッチ類も新しくデザインされ(ベゼルはホイールのスポークとの関連性が見られる)、周囲のパネルのテクスチャも新しいデザインへ。

bmw-concept-xm (10)

一方でドアインナーハンドルやドアインナーパネル上のスイッチは従来のBMWとの共通性が見られるところ。

bmw-concept-xm (11)

リアシートの背もたれこそ独立しているものの、座面はベンチシートとなっており、「ラウンジのような雰囲気」を出そうとしていることもわかります。

bmw-concept-xm (12)

シート座面にはダイヤモンドステッチ入りベルベット、そしてフロアマットには毛足の長いカーペットが使用されており、一風変わった高級感を演出しているようですが、BMWとしては、メルセデス・ベンツやベントレーなどと異なる方向にてプレミアム感を出したかったのでしょうね。

ちなみにヘッドライナーには「パープル、ブルー、レッド」という3色のMカラーを用いたアンビエント照明が用いられている、とのこと。

bmw-concept-xm (13)

現時点ではコンセプトXMの価格については何ら情報はなく、しかしプラグインハイブリッドに750馬力、そしてこのインテリアや独特の(専用設計パーツの多い)エクステリアを見るに、その価格はけして安価なものではなく、「かなり高価」、しかもBMWでもっとも高価な部類となるかもしれません。

参照:BMW

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5