ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

中国にて「テスラの充電スペースにガソリン車を停めて充電できなくする」行為、アイシングの防止策が導入。充電スペースにロック板が導入されることに

投稿日:

中国にて「テスラの充電スペースにガソリン車を停めて充電できなくする」行為、アイシングの防止策が導入。充電スペースにロック板が導入されることに

| テスラオーナーはアプリでこのロック板を解除して充電スペースに駐車することに |

しかし、そこまでしないと問題が解決できない状況は非常に悲しい

さて、42HOWのツイートと動画によると、テスラが中国にて、テスラオーナーが「充電ブロック=アイシングを回避」するための無線ソフトウェアアップデートを開始した、とのこと。

この場合における「アイシング」とは、ガソリン車(ICE=ガソリンエンジン)オーナーがEV用の充電スペースへと意図的に駐車し、EVが充電できないようにする行為を指しており、とくに米国では大きな問題になっていると報じられています。

中国でもアイシングが問題に?

なお、今回の報道を見るに、中国でも結構な問題となってたようで、これはちょっと意外です。

というのも、アメリカでのアイシングは、ガソリン車愛好家が電気自動車に反対したり、「需要によって電気料金が変化する」契約が多いとされる状況において、EVが大量に電力を使用した場合に「家庭用電気料金が高騰する」ことに反感を持つ人々が電気自動車を攻撃するケースが多いため。

寒波到来のため電力需要が急増、変動料金を選択した場合は1月の電気代が170万に
寒波到来のため電力需要が急増、変動料金を選択した場合は1月の電気代が170万円に、EVの充電が一回あたり4〜9万円というケースも。そしてお決まりの「充電ブロック」も多発

| やはり新車販売をEVのみとするのは性急すぎる |この記事のもくじ| やはり新車販売をEVのみとするのは性急すぎる |「定額制」と「変動制」を選べるようだがアメリカのEV普及率は1.7%お決まりの「 ...

続きを見る

国や地域によっては、EV充電スペースにガソリン車が停まっていると「レッカー移動」をさせることが可能ではあるものの、多くの国ではそういった対応を取っておらず、よってEVオーナーはアイシングに対しては「指をくわえて見るだけ」となってしまうことに。

ただ、中国ではそういった風潮が特に報じられているわけではなく、よって今回のように「対策」をほどこすまでに状況が深刻化していたのか、と驚いているわけですね。

さすがドイツ!EV充電スペースに駐車したランボルギーニが即刻レッカー移動。日本もこれくらいやってほしい

| 充電したいときに充電できないのは本当に困る |この記事のもくじ| 充電したいときに充電できないのは本当に困る |ドイツでこういった例があるのは意外アメリカでは意外と「充電器ブロック」が多いようだ中 ...

続きを見る

いったいどうやってアイシングを防止?

そこで今回報じられているテスラの新機能ですが、これはテスラのオーナーが専用のスマートフォンアプリを使用し(テスラの)スーパーチャージャーステーションにあるフロアロックを解除することができるもので、これによって(ふだんはフロアロックが上がっているので)テスラオーナー以外は充電スペースに駐車することができなくなります。

なお、以前からもこのシステムは存在していたそうですが、これまではテスラオーナーがフロアロックを解除するためには、特別なQRコードをスキャンして、認証を受ける必要があるなど非常に「煩雑」で、しかし今回はこういった作業が不要となり、自分の携帯電話を通じ、簡単な2ステップのプロセスを踏むだけでシステムを解除することができるようになったようですね。

49309485483_3308bfbc30_k

正直、ぼくもEVに乗っていた頃にはこういったアイシングに悩まされたことが多々あり、よって今回の対策については大賛成。

ただし「ここまでやらないと問題を解決できないのか」という虚しさも残り、ここは世間においてのEVに対する理解、ガソリン車オーナーのマナー向上を期待したいところです。

なお、日本の場合は「いやがらせ」のためのアイシングではなく、「そこがEV用充電スペースだと知らずに」停めたり、たいていの場合EV要充電スペースは商業施設において「最も便利な場所」に設置されているので、そのスペースが空いていると「思わず」停めてしまうのかもしれません。

ただ、このアイシングが解決したとしても、EVオーナー同士で「ケーブルを差し替えたり」といった問題も報じられており、そのほかにも解決すべき問題が山積していて、これらの抜本的な解決がないままにEVが増えてしまうとカオス状態となってしまいそうです。

【動画】これはアウト!BMW i3のオーナーが、充電中の他人のテスラから勝手に充電ケーブルを外し、自分のi3に充電する
【動画】これはアウト!BMW i3のオーナーが、充電中の他人のテスラから勝手に充電ケーブルを外し、自分のi3に充電する

| 場合によっては、テスラ・モデル3のオーナーは他人の充電料金を支払うことに |この記事のもくじ| 場合によっては、テスラ・モデル3のオーナーは他人の充電料金を支払うことに |電気自動車の充電について ...

続きを見る

アイシング防止策を紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

【動画】EVオーナーが嫌がらせに抗議してガソリンスタンドを占拠するという案件が発生!EVとガソリン車との仁義なき戦いが勃発する

| 人々はなぜEVを嫌ったり甘く見たりするのか |この記事のもくじ| 人々はなぜEVを嫌ったり甘く見たりするのか |アイシングはこんな行為今回は「逆アイシング」こんな記事も読まれています クロアチアの ...

続きを見る

【動画】日本のあおり運転など目じゃない!米にて、「テスラに追い抜かれた」男が怒りのあまりテスラに4発発砲、一発は車内へと貫通

| 当たれば死ぬという可能性を認識していたかったのが疑問。殺そうとしたのであればなお悪い |この記事のもくじ| 当たれば死ぬという可能性を認識していたかったのが疑問。殺そうとしたのであればなお悪い | ...

続きを見る

参照:E for Electric

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5