ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタがオートサロン2022に謎の「GR GT3コンセプト」を展示すると発表!そのシルエットはメルセデスAMG GT似。なお”フルチューン”GRヤリスも同会場でお披露目

投稿日:

トヨタがオートサロン2022に謎の「GR GT3コンセプト」を展示すると発表!そのシルエットはメルセデスAMG GT似。なお”フルチューン”GRヤリスも同会場でお披露目

| モータースポーツ専用車両らしいが、レース(グループGT3)に出るにはベースとなる車両を市販せねばならない |

既存のいずれのトヨタ車、そして発表済みコンセプトカーとも関連性がないようだ

さて、もはや日産やホンダを抑え、「スポーツカーイメージ」が強くなってきているトヨタですが、2022年1月14日から16日にかけて開催される東京オートサロン2022において「GR GT3コンセプト」「GRヤリスのフルチューンモデル」を公開すると発表。

これらについて詳細の発表はなく、GR GT3コンセプトについては、ただ単に「TGR(Toyota Gazoo Racing)がモータースポーツの現場で得た知見、磨いてきた技術を織り込んだレース専用車両のコンセプトカー」と紹介されるのみ。

画像を見る限りではトヨタの既存スポーツカー(GRスープラ、GR86)との共通性はなく、むしろメルセデスAGT GTに近いデザインを持っているようにも見えますね。

トヨタは既存ラインアップに加えて新型スポーツカーを投入?

さらにこのGT GT3コンセプトはGRスーパースポーツとも異なる車体構造を持ち、そもそも長いボンネットからするに「FR」のようにも。

記憶の範囲でこれに近いモデルとなると、先日トヨタが発表した電動化戦略の中にあった「レクサスLFAの後継モデルっぽい」コンセプトカーが思い浮かびますが、このコンセプトカーともリアフェンダーの形状などが異なるようですね。

20211214_BEV_03_s

レクサスLFAがついに復活?レクサス「0−100km/h加速2秒台、航続距離700km、LFAを通じて得た”秘伝のタレ”を継承するスポーツカーを開発する
レクサスLFAがついに復活?レクサス「0−100km/h加速2秒台、航続距離700km、LFAを通じて得た”秘伝のタレ”を継承するスポーツカーを開発する

| どうやらレクサスは次の時代へと向けて大きく変化、レクサスLFA後継には期待したい |この記事のもくじ| どうやらレクサスは次の時代へと向けて大きく変化、レクサスLFA後継には期待したい |トヨタは ...

続きを見る

そして「トヨタブランド」として発表された一連のEVにもそれっぽいクルマは見当たらず。

20211214_BEV_04

なお、「モータースポーツ」「GT3」というところからすると、FIAT定めるところのグループGT3を指しているのだと思われますが、これ(グループGT3)は「市販の2シーターもしくは2+2クーペをベース」にしている必要があり、レースのために開発されたクルマで戦うことは不可。

よってトヨタが「もし」GT3にこのGR GT3コンセプトでレースに参加しようとするならば、まずはベースとなるモデルを発売する必要があるわけですね。

いくらなんでも、現在のGRスープラ、GR86といったラインアップを持つ中に「新型FRスポーツ」を追加投入するとは考えにくく、よってこのGR GT3コンセプトについては、文字通りコンセプトカーにとどまり、モータースポーツ用としてはもちろん、市販車としても日の目を見ないかもしれません。※トヨタがFRを極めるつもりではない限り、新型スポーツカーを投入するのであればMR2後継モデルのほうが(自社内の競合が少なく、他社のシェアを奪えるという意味で)理にかなっている

【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザーの後継っぽいモデルも公開
【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザー、MR2後継っぽいモデルも公開

| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか |この記事のもくじ| トヨタとレクサスはいったいいつの間にここまで計画を進めていたのか |豊田章男社長らしくEV世代となっても「ス ...

続きを見る

GRヤリスのフルチューン版は「GRMNヤリス」として発売?

そしてもう一方の「GRヤリスのフルチューン版」についてですが、こちらはシルエットからして(過激ではあるものの)まだ現実的なように見え、これはたびたびニュルブルクリンクを走る姿が目撃されているGRヤリスのハードコアモデルなのかもしれません。

ボンネットやフロントバンパーが変更され、新デザインのリアウイングが与えられているようにも見え、ヤリスのGRMN版として市販される可能性が高いんじゃないかとも考えています。

hardcore-toyota-gr-yaris-teaser

GRヤリス「エクストリーム」?サーキットに特化したスパルタンなGRヤリスのプロトタイプがテスト中
【動画】GRヤリス「エクストリーム」?サーキットに特化したスパルタンなGRヤリスのプロトタイプがテスト中

| ダウンフォース、エアフローを強化したオンロード特化型のGRヤリス? |この記事のもくじ| ダウンフォース、エアフローを強化したオンロード特化型のGRヤリス? |話題性向上を考えても、トヨタがこのG ...

続きを見る

加えてトヨタは、今回のオートサロン2022へ「GRヘリテージパーツの一部」を展示するもよう。

このGRヘリテージパーツとは、トヨタの過去のアイコニックなモデルの保存を目的とし、そのオーナー向けに補修用パーツを「再販」するもので、A70、A80スープラや2000GT、ランドクルーザー40シリーズ向けの復刻パーツがラインアップされています。

トヨタは「アツい」会社に変貌を遂げていた!70/80スープラのパーツ復刻に加え、「売れなければ、売れるようになるまでスポーツカーを作る」と宣言

| なかなか頼もしいことを言うじゃない | トヨタが新型GRスープラの発表にあわせ、70/80スープラのパーツを復刻する、と発表。これは実際に、新型スープラ発表イベントの場にて、Gazoo Racin ...

続きを見る

合わせて読みたい、トヨタ関連投稿

トヨタはGRスーパースポーツを普通の人に売る気はないようだ
トヨタはGRスーパースポーツを普通の人に売る気はないようだ!問い合わせの際には2000GTやLFAの所有、現在持っている高性能スポーツカーやモータースポーツとの関わり、ライセンスについても聞かれるぞ

| トヨタGRスーパースポーツの購入ハードルは思ったよりも高そうだ |この記事のもくじ| トヨタGRスーパースポーツの購入ハードルは思ったよりも高そうだ |トヨタは広く一般にGRスーパースポーツを販売 ...

続きを見る

トヨタ「スポーツカー三本柱の最後は安価なクルマになるだろうと皆予想しているだろうが、それは違う」。スープラ、86に続くスポーツカーは”安くない”模様

200万円以下の「S-FR」は望めそうにない トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏は以前にトヨタのスポーツカーに対して「三本柱を構築」と語っていますが、現在の「スープラ」「86」に続く第三のス ...

続きを見る

参照:TOYOTA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5