>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタが「GR GT3コンセプト」を公開!カスターマーチームへの供給を前提としたレーシングカー、そしてそのロードバージョンを発売か

投稿日:

トヨタが「GR GT3コンセプト」を公開!カスターマーチームへの供給を前提としたレーシングカー、そしてそのロードバージョンを発売か

| 今のトヨタの勢いを見るに、本当にGR GT3のロードバージョンを市販しそうだ |

そしてその場合、レーシングカーをまず作り、そこから市販車へとコンバートするようだ

さて、トヨタが東京オートサロン2022にて、待望の「GR GT3コンセプト」を公開。

ただしその情報は多くなく、数値的なものだとボディサイズが「全長4590ミリ、全幅2040ミリ、全高1140ミリ、ホイールベース2725ミリ」だと公開されてくらい。

よってパワートレイン含むパフォーマンス的なものは「謎」のままですが、トヨタはGR GT3コンセプトについて下記の通り紹介しています。

TGRは、モータースポーツ業界をサステナブルにしていくために、カスタマーモータースポーツ活動の取り組みをさらに加速させます。ドライバーファーストのクルマづくりを推進し、カスタマーモータースポーツの最高峰であるGT3のお客様に選んでいただけるような魅力的なクルマをご提供したいという思いで「GR GT3 Concept」を発表しました。

今後は、GRヤリス同様モータースポーツ用の車両を市販化する、という逆転の発想で、TGRがモータースポーツの現場で得た知見、磨いてきた技術をGT3車両開発だけではなく量販車開発でも生かし、「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」をさらに推進していきます。

TOYOTA

トヨタはGR GT3コンセプトのロードバージョンを市販?

なお、今回のコメントを見ると「カスタマーモータースポーツの最高峰であるGT3のお客様に選んでいただけるような魅力的なクルマをご提供したいという思いで」とあり、これは非常に重要な部分かもしれません。

というのも(FIAの統括する)GT3には「モータースポーツ専用に開発された」車両では参加することができず、あくまでも市販車を規定に沿って改造したクルマでないとならないため。

20220114_02_01_s

よって、もしトヨタが本当にGT3へ参戦するためのカスタマーカーを提供するのであれば、まず公道走行可能な市販車を発売する必要があるわけですね(ただ、トヨタはGT3レギュレーションにあわせたレーシングカーを先に製作し、それを市販モデルに転用するという手法を採用するようだ)。

ちなみにトヨタはレクサスRCをGT3用マシンに転用していますが、今後TGR(Toyota Gazoo Racing)ではGT3のみならずそのほかのモータースポーツにおいてもカスタマーチームをバックアップしてゆく意向を持っているものと思われます。

2022-01-14 9.51.46

参考までに、すでにスープラでは「GT4」参戦用のカスタマーカーを提供しており、今後こういった活動が拡大するであろうことも容易に予想できますね。

20220114_02_02_s

え?2116万円のスープラ?トヨタが出力430馬力、280kg軽量化されたレーシングカー「GRスープラGT4」を発表!

| まずは欧州にて先行発売、日本では2020年10月から購入可能 | トヨタが「GRスープラGT4」の市販スペックと価格を公開。GRスープラGT4の発売自体はすでにアナウンスされていたものの、今回はそ ...

続きを見る

トヨタはすでにGT3参戦のバックアップ体制を構築

現在でもトヨタはGT3参戦チームへのサポートを行っており、「GT3車両の販売」「スペア部品の販売」「エンジニアリングサポート」を通じて世界中のカスタマーチームをバックアップ。

トヨタによるとGT3カテゴリについては下記の通り説明がなされています。

『GT3』というカテゴリー(規定)は、2005年にヨーロッパでGTカーレースを主催していたSROという組織が立ち上げた。当時、GTレースにはGT1、GT2という規定もあった。GT1はメーカー間の競争もあって参戦費用が高騰。アマチュア中心のGT2は勝てる車両が限られたことから、どちらも参戦車両が激減。その後、GT3がGTレースの主流に成長した。
GT3が支持されたのは、そのユニークな規定にある。まず、GT3車両は自動車メーカー(その直系チューナーも含む)が製造。チームやオーナーに販売し、その後のメンテナンスも提供する。車体やベースとなる市販車のモノコックを使用するが、エンジンには厳密な規制は定められていない。だが、レース運営によって性能調整がかけられるため、どのクルマも同じ競争力に抑えられる。メーカー側にしてみれば大規模な予算で開発しても、結局速さが同じになる。ならばと、乗りやすさやクルマの個性を押し立てるようになる。一方、ユーザーはどのクルマでも勝てる可能性があるなら、多くの車種から好みのクルマを選べる。勝つことより、個性が目立つだけに、見るファンも"好きなクルマ"をより積極的に応援する。このように、うまく製造側とユーザー、さらにファンのバランスをとったGT3カテゴリーは、その価値を高めていった。

TOYOTA

TOYOTA Gazoo Racing プレスカンファレンス動画はこちら

参照:Toyota

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5