ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

中東の自動車メーカー

結局一般向けには一台も販売されてない?ライカン・ハイパースポーツがドバイの救急隊に納車される

投稿日:2022/02/04 更新日:

結局一般向けには一台も販売されてない?ライカン・ハイパースポーツがドバイの救急隊に納車される

| 近年これほどまでに話題になり、そして謎が多いスーパーカーもほかにない |

ただしWモータースは「普通の」現地向け警察車両の生産を行っているようだ

さて、2015年に限定7台にて販売されたライカン・ハイパースポーツ。

これはドバイを拠点とするWモータースがリリースしたスーパーカーですが、当初はピュアエレクトリックカーとして企画され、しかしその後にはガソリンエンジンへとパワーユニットを変更して発表されることに。

詳細が公開されていないのでナントモですが、車体はルーフCTR3を流用している可能性が高く、エンジン(3.7リッター・ツインターボ・フラットシックス/740馬力)はもちろん、インテリアの多くもルーフCTRと共通しているように見えます。

Lykan Hypersport (5)

生産わずか50台、2010年に最高速380km/hを実現したルーフCTRが中古市場に。さらにこの個体はレアな「クラブスポーツ仕様」
参考生産わずか50台、2010年に最高速380km/hを実現したルーフCTRが中古市場に。さらにこの個体はレアな「クラブスポーツ仕様」

| ルーフのコレクション価値は非常に高く、とくにCTR3はなかなか売り物が出てこない |この記事のもくじ| ルーフのコレクション価値は非常に高く、とくにCTR3はなかなか売り物が出てこない |ルーフC ...

続きを見る

ドバイの救急隊にライカン・ハイパースポーツが配備される

そして今回報道されたのが、ドバイの救急隊にライカン・ハイパースポーツが配備されたというニュースで、現在ドバイにて開催中の「ドバイ万博2020」にて公開されたもよう。

この車両は救急隊専用のカラーリングが施され、「ハイパースポーツレスポンダー」と命名されていますが、もちろん救急搬送を行うための車両ではなく、非常事態に「素早く現場にかけつける」ことを目的としたものです。

Lykan Hypersport (3)

ドバイ救急サービス公社にてチーフ・エグゼクティブ・オフィサーを務めるハリファ・ビン・ダライ氏によると「ドバイは他にないもの、そして世界一のものの代名詞となっています。今回のハイパースポーツ・レスポンダーは、イノベーションにおいて世界をリードする都市の一つであるドバイを象徴するクルマであり、このハイパースポーツ・レスポンダーの導入によって緊急時の対応時間を大幅に短縮し、適切な処理を実現できるようになるのです」とのこと。

ボディカラーはホワイトにレッド、そしてブルーのアクセントが入り、「ドバイ・・世界で最も住みやすい都市」という文字がリアフェンダーに入っていますね。

Lykan Hypersport (2)

隣国、アブダビではライカン・ハイパースポーツをパトカーに

なお、ドバイの隣のアブダビではライカン・ハイパースポーツを警察車両(パトカー)に採用したことがあり、今回の「ハイパースポーツ・レスポンダー」はこのパトカーを譲り受けたものでは、という意見もあるようです。

世界にはこんな過激なパトカーが存在する
【動画】世界にはこんな過激なパトカーが存在する!1台3.5億、一人乗り、中身がフォーミュラーカetc・・・。シビック・タイプRやランエボも

| 無駄のようにも思えるが、導入したのにはちゃんとした理由もあるようだ |この記事のもくじ| 無駄のようにも思えるが、導入したのにはちゃんとした理由もあるようだ |世界にはこんなパトカーが走っているラ ...

続きを見る

実はライカン・ハイパースポーツは市販されていない?

そしてこのライカン・ハイパースポーツについてですが、「7台の限定販売に対して100件以上の申し込みがあった」と言われるものの、ライカン・ハイパースポーツを購入した、そして納車されたという報告例がまったくなく、じつは販売されなかったんんじゃないかという意見も。

ただ、現地の正規ディーラーやエキゾチックカーディーラーに展示されている(いた?)ことは間違いがなく、そしてアブダビ警察のパトカー、今回のハイパースポーツレスポンダーなど数台が存在するのは紛れもない「事実」(ただ、それ以上の台数が作られたり、一般向けに販売されたかどうかが疑問視されている)。

「ワイルド・スピード」に登場し話題となったライカン・ハイパースポーツとはいったい何だったのか?
「ワイルド・スピード」に登場し話題となったライカン・ハイパースポーツとはいったい何だったのか?3.7億、限定7台にて発売されるも「1台も生産されていない」「壮大な詐欺だった」説

| やはりスーパーカー/ハイパーカービジネスは難しい |この記事のもくじ| やはりスーパーカー/ハイパーカービジネスは難しい |ライカン・ハイパースポーツはこんなクルマ実際にライカン・ハイパースポーツ ...

続きを見る

なお、このライカン・ハイパースポーツは映画「ワイルド・スピード」に登場したことで一気にその名が世界に広がることになりましたが、映画撮影のためには「9台」のレプリカが製作されており、仮にライカン・ハイパースポーツが計画通り「7台」製造されていたとしても、レプリカのほうがより多く作られた、ということになりそうですね。

ライカン・ハイパースポーツ
「ワイルド・スピード」に登場し話題となったライカン・ハイパースポーツ!映画撮影のために9台のみが製作されたうちの「唯一生き残った一台」が競売に

|もちろん「レプリカ」だが、見た目はライカン・ハイパースポーツそのもの |この記事のもくじ|もちろん「レプリカ」だが、見た目はライカン・ハイパースポーツそのもの |今回販売されるのは「スタントカー」ラ ...

続きを見る

合わせて読みたい、Wモータース関連投稿

ライカン・ハイパースポーツのデザイナーが興した「ジャナレリ」。イタリアのスーパーカー開発・製造メーカーと提携し、軽量なロードスター「デザイン1」を製造
ライカン・ハイパースポーツのデザイナーが興した「ジャナレリ」。イタリアのスーパーカー開発・製造メーカーと提携し、軽量なロードスター「デザイン1」を製造

| 中東からの資金的バックアップを受けてデザイン1市販化の道を模索していたが、今回ようやくそれが実現しそう |この記事のもくじ| 中東からの資金的バックアップを受けてデザイン1市販化の道を模索していた ...

続きを見る

ドバイのディーラーがライカン・ハイパースポーツ、フェニア・スーパースポーツを中古で販売中

わずか7台のみが製造された、ライカン・ハイパースポーツが中古市場に登場。 ライカン・ハイパースポーツはドバイを拠点とする「Wモータース」の最初の市販車となりますが、今回中古にて販売されるのもやはりドバ ...

続きを見る

【動画】製造元はライカン・ハイパースポーツをリリースした「Wモータース」!ドバイ警察がまたスーパーなパトカーを導入したぞ

| ドバイがまた凄そうなパトカーを導入した | ドバイ警察はブガッティ・ヴェイロンやランボルギーニ・アヴェンタドールなどのスーパーカーをパトカーとして保有していることで知られますが、今回は別の意味で凄 ...

続きを見る

参照:Khaleej Times 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-中東の自動車メーカー
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5