ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニが「クルティ(CULTY)」とのコラボレーション第二弾、ルームフレグランスに次いでアロマキャンドルを発表!さらにNFTプロジェクト第一弾も入札開始

投稿日:2022/02/11 更新日:

ランボルギーニがルームフレグランスに次いでアロマキャンドルを発表!「クルティ(CULTY)」とのコラボレーション第二弾。さらにNFTプロジェクト第一弾も入札開始

| 現在ランボルギーニは子供服など様々な分野に進出 |

クルティ(CULTY)は「ウッドスティックアロマ」の第一人者

さて、ランボルギーニはフレグランスブランドのCULTI(クルティ)とのパートナーシップを8ヶ月前に発表していますが、今回はこれまで展開していたルームディフューザーに加え、同じ香りを持つアロマキャンドルを発売する、と発表。

もちろんその仕様は専用となり、ランボルギーニいわく「スタイルとデザインが新しい提案の主役となる革新的なプロジェクト」だと述べています。

新発売のアロマキャンドルはスクエアな形状を持ち(210g)、マットなパール仕上げのホワイトにスーパーカーのボディカラーを連想させるブロンゾゼナスのアクセントが付与され、クルティ、そしてランボルギーニのロゴが入ります。

Lamborghini-Culty (4)

その香りもランボルギーニのオリジナル

そしてこのアロマキャンドルの香りもオリジナルとなり、ランボルギーニの表現を借りれば「エネルギッシュで大胆、グレープフルーツとビターオレンジの柑橘系のオープニングから、ベチバーとベルガモットのハートに達するとフレッシュで生き生きとしたノートに変わり、最後はシダーとサンダルウッドの包み込むような息吹で締めくくる」オリジナルの香りを持っています。

販売ルートとしてはクルティとランボルギーニの公式オンラインショップ(まだランボルギーニ・ストアには登場していないようだ)、サンタアガタ・ボロニェーゼ(本社)のランボルギーニ・フラッグシップストア、ミラノ、トリノ、ローマ、フォルテ・デイ・マルミ、ナポリ、バーリのクルティショップ、加えて厳選されたクルティ取扱店になる、とのこと。

Lamborghini-Culty (5)

クルティは1990年にアレッサンドロ・アグラーティ氏によって創業された比較的新しいブランドで、アロマリキッドで満たされたボトルに木の棒を刺し、それがアロマリキッドを吸い上げることで香りを空気中に拡散せるという「ウッドスティック式ルームフレグランス」の元祖としても知られます。

日本だと「アクタス」にて扱いがあり、ときどき香りが入れ替えとなる際に(ディスコンのアロマが)セールにかかることになり、ぼくはそういったセール品を愛用していますが、このランボルギーニとのコラボ製品について、店頭て見かけることがあれば一度購入してみたいと思います。

Lamborghini-Culty (2)

ランボルギーニはNFT第一弾のオークション出品を開始

さて、ランボルギーニは先日「宇宙に送ったカーボンファイバーを使用した芸術作品を用いたNFTプロジェクトを開始する」と発表しており、今回その第一号「時空の記憶」を出品したと発表。

この記念すべき第一弾のアート作品はファビアン・オーフナー氏によるもので、アヴェンタドールLP780-4ウルティメをモチーフとしていると紹介され、これについて同氏は以下のように語っています。

604093

ランボルギーニもNFTに参入!宇宙へ送っていたカーボンを5つの「キー」に分け、それぞれのコードを読み取るとデジタルアートへと接続
ランボルギーニもNFTに参入!宇宙へ送っていたカーボンを5つの「キー」に分け、それぞれのコードを読み取るとデジタルアートへと接続

| いったいこのNFTブームがどこまで拡大するのかはわからない |この記事のもくじ| いったいこのNFTブームがどこまで拡大するのかはわからない |さらに、このランボルギーニ・スペースキーの価格がどこ ...

続きを見る

「私は宇宙開発世代の生まれなので、スペースシャトルが夜空に打ち上げられる映像を見て育ちました。私にとって、この作品は単にクルマに関するものではありません。この作品は、私にとって思い出の品です。このプロジェクトは、車を分解するだけでなく、宇宙の鍵、つまりカーボンファイバー製の鍵をも意味していて、デジタルとフィジカルという2つの世界を結びつけるものなのです。それが、私をワクワクさせるのです。そこで、どうすれば究極のショーを作ることができるか、今までにない方法で見せることができるかを考えたとき、車がロケットのように空に向かって飛び出すというコンセプトを思いつきました。形而上学的な話ですが、ラテン語のUltimaeは「最後の」という意味と同時に、「最も遠い」という意味もあります。今までで人類が到達した一番遠い場所は月だったので、想像力をかきたてる場所ということで、月をモチーフとしています。私たちは皆、探検家であり、新しい世界を発見するのが好きなのです」

603787_v2

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニのアートカー史上No.1?ミラノの芸術家によってスピードと雄牛が全面に表現された「ウラカンEVO ミノタウロス」がカッコいい
ランボルギーニのアートカー史上No.1?ミラノの芸術家によってスピードと雄牛が全面に表現された「ウラカンEVO ミノタウロス」がカッコいい

| なお、このペイントはすべて「指」で描かれる |この記事のもくじ| なお、このペイントはすべて「指」で描かれる |表現されるのはランボルギーニを見て体験したときの感情、そしてスピードと時間ランボルギ ...

続きを見る

ランボルギーニが「内装の端材」を使用したバッグやキーケース、スマホケース等を発売!価格は抑えめ、「送られてくるまで何色が来るかわからない」という楽しみも
ランボルギーニが「内装の端材」を使用したバッグやキーケース、スマホケース等を発売!価格は抑えめ、「送られてくるまで何色が来るかわからない」という楽しみも

| カラーはランダムに「その時によって」割り当てられることに。ただ、内装と同じ素材のグッズを持てるのは嬉しい |この記事のもくじ| カラーはランダムに「その時によって」割り当てられることに。ただ、内装 ...

続きを見る

ランボルギーニが「一般に知られていない、しかし環境のために取り組んでいること5つ」を公開
ランボルギーニが「一般に知られていない、しかし環境のために取り組んでいること5つ」を公開。例のハチミツ生産のほか、そしてカーボンやレザーをリサイクルして小物を作っているようだ

| 残念ながらハチミツは社員へのプレゼント用、カーボンリサイクルパーツは本社併設ストアでしか購入できないようだ |この記事のもくじ| 残念ながらハチミツは社員へのプレゼント用、カーボンリサイクルパーツ ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5