ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>日産/インフィニティ(Infiniti)

新型フェアレディZにGノーズが登場したらこうなる?エアロダイナノーズにオーバーフェンダーで武装したデジタルチューンが登場

投稿日:

新型フェアレディZにGノーズが登場したらこうなる?エアロダイナノーズにオーバーフェンダーで武装したデジタルチューンが登場

| まず間違いなく現実世界でもGノーズが登場することになるだろう |

そうでなくとも、あの四角いグリルをなんとかしようとするチューナーが多数登場しそう

さて、主にスーパーカーやスポーツカーの「もしもこんなカスタムがあったなら」というレンダリングを作成し公開しているKhyzyl Saleem(キザル・サリーム)氏。

これまでにも様々な作品を公開しており、その一部はいくつかのショップとともに実際にワンオフモデルとして製造したり、またある一部はカスタムパーツとして発売されたりしています。

そして今回公開したのはハガティの共同企画によって製作された新型フェアレディZ「Gノーズ」。

こちらもCHECK

E30世代のBMW M3にE36/E46用パーツを組み込んだカスタムカー現る
E30世代のBMW M3にE36/E46用パーツを組み込んだカスタムカー現る!ボディキットはレンダリングアーティストのデザイン、カラーは1991年のDTMを走った「チックタック」

| 足回りにはエアサスペンション装備、極限までローダウン |この記事のもくじ| 足回りにはエアサスペンション装備、極限までローダウン |ホイールはレトロなディープリム「チックタック」BMW M3はこう ...

続きを見る

フェアレディZ「Gノーズ」とは?

この「Gノーズ」とは、1971年10月に日本国内向けに追加されたグレード「240ZG」に採用される、先端の尖ったグランドノーズ(もしくはエアロダイナ・ノーズ)と呼ばれるエアロパーツ。

ただ、海外向けには設定されなかったと言われ、そのためか海外での認知度はかなり低く、これまでに多数リリースされているバーチャルレンダリングにおいてもこのGノーズを採用している作品はごくわずかにとどまります。

61qi15NYURL._AC_SL1226_

現代版「Gノーズ」はこんな感じ

そして日本通、さらに日本車を愛するキザル・サリーム氏がこのGノーズを知らないわけはなく、今回製作されたのがこのレンダリング。

かつての240ZGのように突き出たノーズに前後オーバーフェンダー、そしてダックテールという出で立ちですが、それぞれが強調され、さらにはGノーズよりも飛び出たリップスポイラーが装着されています。

276138916_516160913209349_8613510058793731544_n

フェンダーはリベット留め、そしてホイールのリムはかなり深くなっていますが、懐かしの「RSワタナベ」風。

タイヤはスリック、車高もベッタリ落ちているというレーシングカーライクな仕様です。

275940067_516160903209350_8250204928446621871_n

ボンネットには放熱用のルーバーが付与されるというオリジナリティも。

275797251_516160919876015_6495631458217606767_n

フェンダーミラー装着だったらなあ・・・というのが偽らざる心境。

275287573_516160899876017_7762210792008857893_n

ダックテールリアスポイラーはかなり鋭い形状を持ち、リアフェイシア、リアディフューザーはカーボン製。

275177989_516160909876016_3944557907059616148_n

このバーチャルカスタムによって、いまひとつ評判の良くない「四角く開いた大きなエアインテーク」を隠すことができるデザインとなっていますが、日産自身もフロントのエアインテークの評判についてはけっこう気にしているようで、「フェアレディZ「カスタマイズプロト」にてそのインテークのインパクトを多少なりとも和らげようとしている様子が伺えます。

新型フェアレディZ「Gノーズ」のバーチャルカスタムを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、デジタルチューン関連投稿

2090年の未来をイメージしたランボルギーニ・カウンタックのレンダリング
2090年モデル、サイバーパンクなカウンタックが登場!完全自動運転、ドローン化された「XENOX カウンタック E.V.E」

| リヤフード上の発光エレメントはやはり「12個」ほしかった |この記事のもくじ| リヤフード上の発光エレメントはやはり「12個」ほしかった |カウンタックE.V.Eのモデルイヤーは2090他にはこん ...

続きを見る

もしランボルギーニ・ミウラが現代にエクストリームなオフローダーとして蘇ったなら!「ミウラ・オールテレーン」
もしランボルギーニ・ミウラが現代にエクストリームなオフローダーとして蘇ったなら!「ミウラ・オールテレーン」を見てみよう

| ランボルギーニ・ミウラがオフローダーとして登場する可能性はゼロに近いとは思うが、それでも興味をそそるレンダリング |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ミウラがオフローダーとして登場する可能性はゼ ...

続きを見る

ポルシェ911をミドシップ化したらこうなった
ポルシェ911をミドシップ化したらこうなった!職人によるCGが登場するも、最近の流れを見るに「実際に作る」ショップが登場しそうだ

| チューニング業界も「ネタ」に困っているのかもしれない |この記事のもくじ| チューニング業界も「ネタ」に困っているのかもしれない |ポルシェ911ベース、SINISTER 991はこんなクルマ実際 ...

続きを見る

参照:Khyzyl Saleem

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->日産/インフィニティ(Infiniti)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5