>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツがGクラス「エクスクルーシブ・エディション」発表。「二番目に高価なGクラス」

投稿日:2017/05/10 更新日:

メルセデス・ベンツがGクラスに「エクスクルーシブ・エディション」を追加(今のところ本国のみ)。
先日は「G650ランドーレット」をマイバッハブランドから発表していますが、今回のエクスクルーシブ・エディションはG650ランドーレットに次いで「二番目に高価な」メルセデス・ベンツGクラスになる、とのこと。
なお以前に「最も安価な」Gクラス、「プロフェッショナル」なるグレードも発売されていますね。

Gクラス・エクスクルーシブ・エディションはG63とG65に設定され、価格はG65だと邦貨換算でなんと3500万円くらい(日本に導入されるとさらに高価になることは容易に想像できる)。
日本だとG63(V8)は19,710,000円、G65(V12)は35,640,000円という価格設定ですが、メルセデスAMGのV12はV8エンジン搭載車に比べて極端に価格が上がるようで、SクラスにおいてもS63(V8)は24,830,000円、S65(V12)は32,970,000円という価格設定(そう考えるとGクラスはSクラスよりも高い設定)。

仕様としてはステンレス製のアンダーガード、AMGロゴ入りサイドストライプ、ボディカラー同色スペアタイヤカバー、セラミックポリッシュ加工の21インチ5スポークホイールが与えられ、通常のボディカラーの他に「AMGモンツァ」「グレー・マグノ(マットカラー)」がGクラス・エクスクルーシブ・エディション専用色として設定(角ばった大きな車でレッドのボディカラーはなかなか格好良い)。

内装では2トーン仕上げ(ナッパレザー)となり、いくつかのカラーバリエーションが用意。
シートやセンターパネルにはダイアモンドステッチが施され、シートヒーター、カラーシートベルト、2トーンAMGパフォーマンス・ステアリングホイールなど。

エンジンは標準モデルと変わりはなく、G65では6リッターV12(630馬力)、0-100キロ加速は5.3秒、最高速度は時速230キロ。

今回もう一つ特別仕様のGクラス「メルセデスAMG デジーノ・マニファクチャー・エディション」も発表され、こちらは逆に「お買い得」。
メルセデス・ベンツによると「同じ仕様のGクラスに比べると24%お買い得」としています。

関連投稿

メルセデス・ベンツもカスタムを強化。「デジーノ」を独立部門へ

現在各メーカーがカスタム部門を強化していますが、メルセデス・ベンツも既存のカスタマイゼーション・プログラム「デジーノ」を格上げし、独立したDesigno Manufaktur division」として活動させる模様。

今までにも日本ではデジーノでカスタムした限定車などを販売していましたが、今後は顧客が自由にカスタムできるようになるのだと思われます。

まずはGクラスのカスタム例を披露していますが、マットカラーはじめ様々なボディカラーを選ぶことができ、内装においてもカラーや素材について選択肢が広がっているようです。
もちろん、サンプルにないカラーや素材も選択できると思われ、とくに中東や中国においては非常に人気が出そうですね。

x-default

現在、こういったパーソナリゼーション・プログラムとしてはアストンマーティンが「Q」、フェラーリが「テーラーメード・プログラム」、ランボルギーニが「アド・ペルソナム」、マクラーレンが「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ」、ランドローバーは「SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)」、といった感じで活動中。
中にはクラシックカーのレストアやカスタムを行う例もあり、今後各メーカーの大きな収入源ともなりそうですね。

x-default

なお、まだ活動規模やカスタム内容(自由度)は大きくないようですがポルシェの「エクスクルーシブ」、BMWには「M」「インディビデュアル」、アウディだと「エクスクルーシブ」がありますね。

ポップなクレイジーカラーも登場。新しくなったメルセデス・ベンツGクラス

メルセデス・ベンツGクラスがアップデート。
エンジンに新しくツインターボV8が追加されたのがトピックですが、16パーセントのパワーアップ、しかしより低燃費になっているそうです。

V8ツインターボはAMG GTとC63に使用されているのと同じもので、571馬力を発生し0-100キロ加速はなんと5.4秒に。
V12バージョンは630馬力でさらに0-100キロ加速は速くなって5.3秒。
サスペンションも変更を受け、G500ではアダプティブダンパーを採用しているようです。

外観だとパンパーホイールアーチが変更されてより近代的に。
内装ではメーターも変更されてモデルごとに異なるインターフェースになっている、とのこと。
2トーンレザーやインストルメントパネルなど、高級さにも磨きがかかっているようですね。

以前に報道された通り、オプションのカラーパッケージにてクレイジーカラーがラインナップされるのも特徴で、ソーラービーム、トマト・レッド、エイリアン・グリーン、サンセット・ビーム、ギャラクティック・ビームといったポップなカラーが揃います。

メルセデス・ベンツがGクラスに「クレイジーカラー」オプションを設定

メルセデス・ベンツがG63 AMG/G65 AMGに「クレイジーカラー」オプションを設定。
2月2日から受け付けるそうですが、ソーラービーム、トマト・レッド、サンセット・ビーム、ギャラクティック・ビーム、エイリアン・グリーンの5色。

15348ユーロから19962ユーロまでで、ケッタイな色であることを考えると、さほど高くはないのかもしれません。

中国で人気が出そうなカラーですね。

メルセデス・ベンツがGクラス・クレイジーカラーのミニカー発売。1/18サイズで登場

メルセデス・ベンツG63にクレイジーカラーを設定していましたが、そのモデルカーが1/18サイズにて登場。
ソーラービーム、サンセットビーム、エイリアングリーン、トマトレッド、ギャラクティックビームの5色ですが、いずれも実車と同じカラーを身にまといます。

モデルカーは100以上のパーツで構成されるとのことで、かなり精巧に出来ていますね。
なおGクラスのコードネーム「W463」にちなんで463台のみの限定販売となるそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5