ランキング

北米で「最も売れやすい車」「最も売れにくい車」公開!やはりスバルが強く、三菱、日産、ランドローバーが下位を埋める

| これを見るに、日産と三菱が業績を回復するのは並大抵のことでは難しいだろう | さて、米国 iSeeCarsが「もっとも回転のいい車」と「もっとも回転の悪い車」を発表。注意すべきは、この統計は「在庫 ...

2020年7月の国内自動車販売!新型ハリアーが4位に、そしてジムニーの登録が先月に続き3倍に。キックスははぜかランク圏外に落ちる

さて、2020年7月の国内自動車登録。台数ベースだと前年比80.4%となり、先月の(前年比)73.4%に比較して回復傾向にあるようですね。特筆すべき点としては4位にトヨタ・ハリアーが入っていることです ...

【動画】BMW M8がニュルにて”BMW歴代2位”のタイムを記録!BMWはついに「ターボ+8速AT+4WD」という”勝利の方程式”を確立か

| 重量1,885kgのクルマがこのタイムを出せるとは驚きだ | さて、おなじみSport AutoがBMW M8コンペティションをニュルブルクリンクへと持ち込んでタイムアタックを行い、7:32.79 ...

0-100km/h加速ランキング最新版!トップは和製ハイパーカー「アウル」の1.69秒、EV/ハイブリッドが上位を席巻

| もはや0-100km/h加速”1秒台”も珍しくない時代に | さて、しばらく更新していなかった「0-100km/h加速ランキング」。今回はここ最近で発表されたモデルを加え、内容を一新しています。こ ...

【最新版】ニュルブルクリンクのラップタイムTOP100!ポルシェ、ランボルギーニの優位は変わらずもフェラーリとマクラーレンが勢力を拡大中

| もはやフロントエンジンでは上位を狙えない | さて、2020年における年央のニュルブルクリンクラップタイム・ランキング。昨年後半からとびぬけたパフォーマンスを持つスポーツカーの発売がなく、また直近 ...

2020年4月の国内自動車登録はTOP10中8台がトヨタ!昨年比だとトヨタ91.7%、ホンダ78%、日産68.7%、マツダ94.3%、ホンダと日産が激減

| 乗用車全体だと昨年比で86.2% | さて、コロナ禍まっただ中における2020年4月の国内自動車登録状況が公開。普通乗用車と小型乗用車を足した販売台数は144,674台で、これは前年に比べると86 ...

2020年3月の輸入車登録ではフェラーリが2倍近く伸びる!3月までで「最も成長したブランド」に

| やはりフェラーリと日本市場は相性がいい | さて、2020年3月の輸入車登録状況。登録総数はコロナウイルスの影響か、前年比86.4%の31,630台に留まっており、さらには国産車の「89%」に比較 ...

2020年3月の国内自動車登録ランキング!フィットが今月もヤリスを抑え、ライズは後退。RAV4も落ち込みSUV人気に陰り

| 加えてプリウスも振るわず、「ハイブリッドよりもコンパクトカー」という風潮が拡大 | さて、2020年3月の自動車登録台数ランキングが発表に。直近でいくつか新型車が発売されたということもあり、その内 ...

メルセデスAMG GT”ブラックシリーズ”最新試作車が目撃に。見るたびに変更が加えられ、妥協のない開発が進められているようだ

| 特にフロント周りのエアロパッケージは大きく変更されている | さて、久しぶりにメルセデスAMG GTブラックシリーズと見られるプロトタイプが目撃に。2月に目撃されたプロトタイプに比較するとカモフラ ...

【動画】メルセデスAMG A45Sがニュルにて7:48を記録!ついに2リッターハッチでもフェラーリ599やランボルギーニ・ムルシエラゴ等ちょっと前のスーパーカーと同等のタイムを記録するまでに

| 技術の進歩とは恐ろしい | さて、メルセデス・ベンツは4気筒エンジンを搭載する量産車史上最高出力を持つ「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」を発表していますが、今回はおなじみSport ...

2020年2月の国産自動車登録ランキング!トヨタ・ライズが連続首位、ホンダ・フィットは7位に、そしてプリウスは屈辱の9位

| もう「我慢して乗る」エコカーブームは終焉を迎えた? | さて、2020年2月の自動車販売。コロナウイルスの影響を大きく受けたと考えてよく、前年比を大きく割り込むクルマも多数登場しています。そんな中 ...

「日本車の品質がいい」のは過去のこと?最新満足度ランキング(米)では日本のメーカーが下位に。唯一上げたのはマツダのみ(4位)

| とにかくこういったランキングでは韓国勢が強い | 世の中には様々な調査会社、格付機関がありますが、北米で大きな力を持つと言われるのがコンシューマーレポート(Consumer Report=CR)。 ...

【動画】どうしたアストンマーティン・ヴァンテージ!アストンきってのピュアスポーツなのにニュルのタイムはふるわず。これはメルセデスAMGの”呪い”?

| もっと速いタイムを出して当然だと考えられていたが | 独カーメディア、Sport Autoがアストンマーティン・ヴァンテージをニュルブルクリンクに持ち込んでタイムアタックを行い、7:43.92にて ...

米国品質調査においてヒュンダイ「ジェネシス」がレクサスに大差をつけて”もっとも信頼性の高いブランド”に。韓国車はそんなにいいクルマになったのか?

| ヒュンダイはデキるスタッフを揃えただけにその進化が早い | JDパワーが自動車メーカー各社の信頼性調査を行い、その結果を公開。この内容を見ると、驚くべきことにヒュンダイの上位ブランド「ジェネシス」 ...

プリウスの販売急落!なぜこうなったのか→「プリウスミサイルのイメージが浸透した」「自分も加害者候補だと思われたくない」から?

| 日本は特にそういったイメージを気にする傾向がある | さて、2020年1月の国内乗用車登録において衝撃的だったのが「トヨタ・ライズがランキング1位を獲得」ということ、そして「トヨタ・プリウスのラン ...

2020年1月はまさかの「トヨタ・ライズ」が1位!SUVが首位を取る例は記憶になく、プリウスは7位に沈み”ハイブリッドの終焉”か。そしてRAV4も順位低下

| 一方でRAV4も順位を下げてトヨタの「自社内カニバリズム」が明確になる | さて、2020年1月の日本国内における乗用車販売台数ランキング。なんと1月は「トヨタ・ライズ」が首位を獲得しており、ぼく ...

フェラーリは「ブランドの強さ」では1位なるも「ブランド価値」ではユニクロより低い206位。ユニクロはエルメスよりも上、最も優れた日本人経営者は豊田章男

| 見方によってランキングの算出方法は大きく変わるようだ | Brand Financeが発表したところによると、「世界中の数あるブランドのうち、フェラーリがもっとも強力」。同様の統計は多くの調査会社 ...

2020年”新成人のカーライフ調査”。クルマ離れが進むも「クルマを持っている人はカッコイイ(女性)」「欲しい車トップは男女ともアクア」

| アクアはここ数年、不動の一位 | さて、毎年ソニー損保が公開する「新成人のカーライフ意識調査」。やはり毎年「若者のクルマ離れ」が感じられる内容となっていて、まず運転免許保有率は56.4%(うちオー ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5