日本

【動画】ランボルギーニがワンオフモデルのアヴェンタドールSVJ「JP63」公開!歌舞伎にインスパイアされた和風ランボ

| まさかこう来るとは思ってなかった。片岡愛之助の演舞にてアン・ヴェール | さて、ランボルギーニ・デイ・ジャパン2019へ。ランボルギーニ・デイ・ジャパンとは今年で4回目を迎える「年例」ランボルギー ...

日本におけるアストンマーティンの12%超を一人で売る男!気をつけているのは「顧客への提案」「身だしなみ」「顧客と同レベルの知識」

| 現代においてスーパーカーを売るのは大変だ | NIKKEI STYLEにて、「日本でもっともアストン・マーティンを売る男」という記事が掲載に。この人はアストンマーティン東京にてセールスを務める有井 ...

タイにて三菱「ミラージュ」がダイナミックシールド顔へとマイナーチェンジ。日本版もあわせて変更される?

| ホイールもダイヤモンドカットへ変更され高級感UP | 三菱がタイにて、そのコンパクトカー「ミラージュ」のフェイスリフト(マイナーチェンジ)を実施。現行ミラージュは2012年に登場しており、日本市場 ...

2019年10月の国産車登録TOP50!トヨタ・カローラが11年ぶりに1位へ返り咲き、トヨタ/レクサスはなんと29台もランクイン。マツダはCX-30が上位に登場するもCX-3がその影響か「販売激減」、日産は存在感を失う

| トヨタはやはり強かった | さて、2019年10月の国産車登録状況。けっこう大きな変化が見られ、まずはモデルラインアップが拡充された「カローラ」が首位に返り咲いたこと。そしてそこから「ベスト5」ま ...

ベントレーがV字回復を遂げ黒字化。日本ではなんと前年比87.7%の伸びを示し「史上最高」の台数を記録する可能性が大。その成長のヒミツとは?

| それはシックな高級さを持つロールスロイスに対し、きらびやかな高級さを押し出して差別化が明確になったから(だと思う) | レスポンスによると、2019年1月〜9月におけるベントレーのグローバル販売は ...

no image

日産はジュークを日本で販売せず、代わりに「キックス」投入とのウワサ。たしかに日産の選択肢はこれしかなさそう

| ただしキックスはもともと低所得地域向けに安く作られたクルマだ | ベストカーによると、日産は「ジュークの代わりに、キックスを日本市場へと投入予定」とのこと(記事を読むと、確定したわけではないらしい ...

ホンダ・シビックは米で販売好調!前年比26%増加しホンダのシェアを押し上げ。日本での販売は?

| 北米だとシビックはホンダで「2番めに安く」、日本だと「7番目に安い」クルマ | ホンダが北米市場にて好調な販売を記録している、とのこと。報道によればホンダは8月の北米地域における販売にて前年比20 ...

レクサスが北米にてNXの限定モデル「ブラックライン」設定。内外装にブロンズアクセント、ホイールアーチはNX「初」のボディカラー同色

| 欧米では「ブロンズ」アクセントが流行の兆し | レクサスが北米向けに「ブラックライン・スペシャル・エディション」の第二世代をNXに設定(2,000台のみの限定販売)。第1世代とは異なり「ブロンズ」 ...

ヒュンダイが米にて「試乗したら50ドルプレゼント」という大胆キャンペーンを実施。なりふり構わぬ戦略に

| そのうち、日本車から乗り換えると高額ボーナスを出す、とか言い出しそうだ | 北米市場にて、ヒュンダイが「試乗すればお金(50ドル!)をもらえる」という異例のキャンペーンを展開中。このキャンペーンは ...

世界に一台!日本限定、アヴェンタドールS記念モデル「地(グリーングラデーション)」が中古市場に登場

| アヴェンタドールSロードスター 50th Japan アニバーサリー・エディションは極度にコレクション価値が高い | ランボルギーニは2017年に日本導入50周年を記念し、「5台のみ」それぞれ個別 ...

マツダCX-30はすべてメキシコで生産され、世界中に輸出されるとの報道。日本で販売されるCX-30もメキシコ製に?

| フツウに考えると日本で売るCX-30は日本で生産すべきだが | マツダがその新型車「CX-30」をメキシコにて製造する、との報道。これは現地カーメディア、Autonews Mexicoが報じたもの ...

アウディが「市販車史上最強」620馬力エンジンを積む新型R8を日本国内でも発売。あわせて世界限定222台の限定モデルも10台のみ発売

| 新型アウディR8はこれだけの性能アップ、装備充実を考えると実質「値下げ」 | 海の向こうではすでにフェイスリフトを迎えたアウディR8ですが、今回ようやく日本でも新型アウディR8クーペ/スパイダーが ...

1台1.5億、1000馬力、500台限定のアストン・マーティン”ヴァルハラ”の細部はこうなっている!日本での購入者は15人、保証金は4000万円

| その姿はあまりに強烈過ぎた | GQにて、先日日本にて公開されたアストンマーティンのハイパーカー「ヴァルハラ」が紹介。日本へとやってきたのは「モックアップ」ですが、完全に想像を超えているその姿を見 ...

誰も興味ない?いやボクも興味ないけどヒュンダイ・ソナタに2020年モデルが出たらしいぞ。日本上陸はちょっと気になる

| 日本に再上陸するようなので、一応情報を上げとこうと思って | さて、ほとんどの人が興味などサッパリないと思われるヒュンダイ。10月の東京モーターショーにて「日本再上陸」をアピールすることになると思 ...

ランボルギーニは2019年前半に「昨年同期比で倍」の台数を製造したと発表。そのうち60%はウルスが占め、このままだと年間1万台に到達しそう

| ランボルギーニは当初、ウルスの販売を「3000台くらい」と見積もっていた | ランボルギーニが2019年前半(1月から6月)の販売状況を公開し、当然ながら過去最高であったこと、そして4,553台を ...

アウディが日本でもフラッグシップSUV「Q8」発表!V6ターボ+ハイブリッド、押し出しの強いルックスを持ち9,920,000円から

| おそらく実車は強い衝撃を受けるほど格好良いと思う | アウディジャパンが、日本市場において「Q8」を発表。Q8はアウディのSUVにおけるフラッグシップであり、「スポーティーかつラグジュアリー」なク ...

BMW M8/M8コンペティションが日本でも発売。8シリーズに比較して「320i一台分」の価格差は納得できるか?その詳細を見てみよう

| 値下がり率もM8のほうが低いと思われ、M8は割高とは言い切れない | BMWジャパンが「M8」「M8コンペティション」を日本国内にて発表。つい先日もX7、新型7シリーズ、X3 M/X4 Mを発売し ...

BMWが新型X7(1079万円~、7シリーズ(1090万円~)、X3M/X4M(1268万円~)を発表。7シリーズの最上位モデルは2523万円

| 最近のBMWは強気の価格設定を行うことが多いようだ | BMWが一気に新型7シリーズ、X7、X3M/X4Mを国内にて発表。これまでの例からすると国内発表のタイミングはかなり早いと思いますが、ここで ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5