ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

CR-V

マイチェンしたホンダのピックアップトラック「リッジライン」がカッコいい!ハイラックス同様、ぜひ日本にも導入してほしい

| 今までの「インテリ顔」から一気に「ワル顔」へ | ホンダが2021年モデルのリッジライン(フェイスリフト版)を発表し、ぼくの中でカッコいいと話題に。このリッジラインは見ての通りピックアップトラック ...

ホンダCR-Vがマイチェン!「流れるウインカー標準装備」、チョイ悪なブラックエディション追加でRAV4追撃を図る

| このBLACK EDITIONは現在の流れを変えてくれそうだ | 奇しくも新型トヨタ・ハリアーの発売とほぼ同時に、ホンダがCR-Vのマイナーチェンジを敢行。内容としては「シーケンシャルウインカーや ...

シビック・タイプR、CR-Vほかホンダ車、プジョー/シトロエン、アウディにリコール。シビック・タイプRは走行中エンストの恐れ

| ホンダは日英の工場で同じパーツを使用していたようだ | ホンダがイギリスにて生産されたシビックをリコール(リコール届け出番号:外-3039)。形式はDBA-FK7 / DBA-FK8で、製造期間は ...

トヨタRAV4

トヨタRAV4が累計生産1000万台達成!発売初年度はわずか5万台、今では年間100万台を売る人気モデルに成長

2020/4/19    , , , ,

| とくに現行モデルはアドベンチャー風味にスイッチしたのが良かったようだ | トヨタが「RAV4の累計生産が1000万台に達した」と発表。これは今年2月末で達成した数字であり、1994年の発売後から2 ...

【動画】ホンダがエクストレイル、フォレスターを名指しし「CR-Vのほうが優れる」という比較動画を公開

| ホンダはこれまで他社と自社製品を比較することはほとんどなかったように思われる | ホンダが珍しく「比較広告」を動画にて作成し公開。これはアメリカ市場向けの広告となり、ホンダCR-Vが現地でのライバ ...

中国専売、CR-Vのロング版「BREEZE」はアコード顔!全身真っ黒な”ブラックエディション”も用意され、なかなか格好良い仕上がりに

| 中国ではなにより「大きな車」が好まれる | ホンダが中国にて「Breeze」を発表。これは日本や北米だと「CR-V」として販売されているモデルと基本的には同一ではあるものの、全長が拡大されているこ ...

ホンダがSEMAに展示する布陣を公開!FR化した926馬力のシビックや、CR-V「ウイークエンド・ウォリアー」など。アメリカっぽいカスタムを見てみよう

| ドリフト用シビックは市販化希望 | ホンダが11月5日より一般公開されるSEMAにて展示するカスタムカーの布陣を公開。SEMAはアフターマーケット製パーツやカスタムカーを中心としたショーで、日本の ...

ホンダ・シビックは米で販売好調!前年比26%増加しホンダのシェアを押し上げ。日本での販売は?

| 北米だとシビックはホンダで「2番めに安く」、日本だと「7番目に安い」クルマ | ホンダが北米市場にて好調な販売を記録している、とのこと。報道によればホンダは8月の北米地域における販売にて前年比20 ...

こんなはずじゃなかった!ホンダCR-VはトヨタRAV4の1/10へと販売が転落。ホンダはどこでどう間違ったのか

| ホンダは過去の成功体験から抜け出せずにいたのかもしれない | 先日、ふと気になったのが「トヨタRAV4とホンダCR-Vとの販売動向」。そのうちひとつは日米で売れ行きに差があること、そしてもう一つは ...

マイチェン版ホンダCR-Vが走行中。登場したばかりなのにもう変更を加えるナゾ

| フルモデルチェンジ後CR-VはRAV4に販売を逆転されている | ホンダCR-Vは2017年にメインマーケットの北米で発売され、2018年に日本でも発売されたところですが、早くもフェイスリフト(マ ...

2.2億円のブガッティ納車後15分でホンダ車に当てられてしまった米俳優。その修理費用は2200万円、相手の保険ではカバーできず自腹の可能性も

| あまりに不幸としか言いようがない。ボクらも加害者にならないように注意しよう | 先日、納車されたばかりのブガッティ・ヴェイロンをホンダCR-Vと接触させてしまい、世界中で大きく報じられた米人気コメ ...

ホンダ/レクサスがエイプリルフールネタを公開。ホンダはCR-Vのルーフを実際にカット(自動車業界41/ネタまとめ~1)

エイプリルフールは毎年参加企業が減少中 ホンダがエイプリルフールネタとして「CR-Vロードスター(文字通りCR-Vのオープントップ版)」を公開。 さらに今回は公表時に「エイプリルフール」と題して最初か ...

販売減少続く米国市場。トヨタとホンダはSUVの数が少なく生き残りが難しい?

アメリカでは相変わらず「SUVブーム」ですが、トヨタとホンダは今ひとつそのブームに乗れていない、とフォーブスが指摘。 現在アメリカは世界第二位の自動車市場ではあるものの、その販売台数が減少中。 今まで ...

ホンダが5世代目CR-Vを発表。「パフォーマンス、積載性、経済性はかつてないほど向上」

2016/10/14    , ,

ホンダが5世代目となる新型CR-Vを公開。 今までに比べ大型化しスペースユーティリティが向上しており、デザインも一新されています。 日本では大型化に伴い人気が低迷していますが、北米ではホンダにとって「 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5