ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

レンダリング

アップルカーはこうなる?人気ユーチューバーが大胆予想。やはり利益率の高いラグジュアリーセグメントへの参入となる可能性が大

アップルカー(iCar)はこうなる?人気ユーチューバーが大胆予想。やはり利益率の高いラグジュアリーセグメントへの参入となる可能性が大

| アップルはおそらく普及価格帯にて大量にアップルカーを販売する気はないだろう | ハードウエアのアップデートの頻度がちょっと気になる さて、チャンネル登録者が1000万人に到達しようという勢いの人気 ...

このクルマを現実世界で購入できないのは残念だッ・・・!ホンダ・シビック・タイプR「ワゴン」のレンダリングが登場。タイプR普及のためにぜひ発売希望

このクルマを現実世界で購入できないのは残念だッ・・・!ホンダ・シビック・タイプR「ワゴン」のレンダリングが登場。タイプR普及のためにぜひ発売希望

| ホンダは現行シビック・タイプR(FL5)にてより多くのユーザーに門戸を開いたと考えている | その流れから「ワゴン」という選択肢があってもいいんじゃないかと思う さて、いつも美しい「もしも」系レン ...

新型BMW M5が登場したらこうなる?ただしM3同様、M5は巨大キドニーグリルが与えられるのではとボクは考えている。なお新型M5ではワゴンが復活というウワサ

新型BMW M5が登場したらこうなる?ただしM3同様、M5は巨大キドニーグリルが与えられるのではとボクは考えている。なお新型M5ではワゴンが復活というウワサ

2022/9/18    , , , ,

| パワートレインはおそらくハイブリッド、XMと同じセットアップにて650馬力を発生か | 最後のノンハイブリッドMモデルであるM2発表後に「ハイブリッド」Mモデルとして登場するものと思われる さて、 ...

もしレクサスLFAにオープンモデルが存在したら?なおLFAのオープンは正式にコンセプトとして発表されるも、リーマンショックの影響か「お蔵入り」に

もしレクサスLFAにオープンモデルが存在したら?なおLFAのオープンは正式にコンセプトとして発表されるも、リーマンショックの影響か「お蔵入り」に

| もし少数であってもレクサスLFAのオープンモデルが発売されていたら、今頃とんでもない相場となっていただろう | エレガントな内外装カラーを採用すれば、クーペ版LFAとしっかり差別化ができていたと思 ...

新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4をベースに映画「キャノンボール」に登場したカウンタックLP400Sを再現してみた!フロントウイングもちゃんと装着

新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4をベースに映画「キャノンボール」に登場したカウンタックLP400Sを再現してみた!フロントウイングもちゃんと装着

| さらにはアーティストの独自エッセンスも付与されて独特な仕上がりに | 映画「キャノンボール」にはリバイバルのウワサもあったが さて、3Dアーティスト、ジョン・シバル(Jon Sibal)氏が新型ラ ...

ローマはやっぱりどんなスタイルでもよく似合う!「フェラーリ・ローマ・シューティングブレーク」が発売されるとこうなる?

ローマはやっぱりどんなスタイルでもよく似合う!「フェラーリ・ローマ・シューティングブレーク」が発売されるとこうなる?

| フェラーリ・ローマは「ベース」がいいだけにどんなボディ形状でも似合ってしまうようだ | 残念なのはおそらく「実際に発売される可能性が限りなく低い」こと | さて、最近だと「スパイダー」の試作車が目 ...

先代スバルBRZを超ワイド&ローにバーチャルカスタム!横一文字のテールランプはアフターパーツとして発売して欲しい

先代スバルBRZを超ワイド&ローにバーチャルカスタム!横一文字のテールランプはアフターパーツとして発売して欲しい

| 実際にトヨタ86用としてはこれらカスタムパーツが発売されるようだ | 最近は3Dアーティストの作成するレンダリングを元にしたリアルワールドのカスタムパーツも少なくない さて、新型が登場したとしても ...

スーパーカー系チューナーがランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルを「チューンした」という設定の予想CGを公開!ウイング付きでなかなかアグレッシブ

スーパーカー系チューナーがランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルを「チューンした」という設定の予想CGを公開!ウイング付きでなかなかアグレッシブ

| チューナーがこういった「新型車の予想CG」を公開する例は非常に珍しい | アヴェンタドール後継モデルの名称は「レブエルト」と言われるが、今まで事前のウワサが当たったためしはない さて、ランボルギー ...

初代ホンダNSX「ワイドボディ」バーチャルカスタム登場!高い品質で内外装をカスタムしたNSXを専門的に手がければ一つの大きなビジネスになりそうな予感

初代ホンダNSX「ワイドボディ」バーチャルカスタム登場!高い品質で内外装をカスタムしたNSXを専門的に手がければ一つの大きなビジネスになりそうな予感

| 初代ホンダNSX」が「憧れだった」人々のいくばくかは、現在相当なお金持ちになっている可能性もある | その憧れを現代のクオリティとともに届けるビジネスも悪くない さて、日本車を中心に様々なバーチャ ...

2080年のリマックはこうなる?AIによる設計、3Dプリンタによって製造されるリマック・スカラタン・ヴィジョン2080が異次元すぎた

2080年のリマックはこうなる?AIによる設計、3Dプリンタによって製造されるリマック・スカラタン・ヴィジョン2080が異次元すぎた

| 2080年になれば、クルマの設計技術そのものが今とは全く異なるものとなっているだろう | もちろんクルマの存在そのものが今とはぜんぜん違う捉えられ方をしているのかも さて、アウディやメルセデス・ベ ...

R32 スカイラインGT-Rが現代風に!3Dコンセプトアーティストがデジタル上でカスタムしたGT-Rがカッコいい

R32 スカイラインGT-Rが現代風に!3Dコンセプトアーティストがデジタル上でカスタムしたGT-Rがカッコいい

| R32 GT-Rのバーチャルカスタムは意外と多くない | やはりアメリカにとってはGT-Rというと「ワイルド・スピード」で大ブレイクしたR34以降? さて、「R36 スカイラインGT-Rコンセプト ...

新型フェアレディZが凶暴に!3Dアーティストがポケモンの進化のようにフェアレディZを進化させたらこうなった

新型フェアレディZが凶暴に!3Dアーティストがポケモンの進化のようにフェアレディZを進化させたらこうなった

| もしかするとSEMAあたりにこのエアロキットを装着したフェアレディZが登場するかもしれない | もっと実用的な「純正交換型」エアロパーツも考案されている さて、魅惑的な「もしも」系バーチャルチュー ...

その雰囲気はやっぱりA70スープラのまま!80スープラの影に隠れて人気が盛り上がらないA70スープラにスポットライトを当てたデザイナーがレストモッドを披露

その雰囲気はやっぱりA70スープラのまま!80スープラの影に隠れて人気が盛り上がらないA70スープラにスポットライトを当てたデザイナーがレストモッドを披露

| A80スープラの人気が高すぎて、A70スープラを見てもそれがスープラだとわからない人も多いようだ | このウェッジシェイプが懐かしい さて、トヨタ「スープラ」の人気は世界中にて非常に高く、しかしそ ...

大反響の「スカイラインR36 GT-Rコンセプト」にNISMOバージョンが登場したぞ!さらに過激に、そしてさらに未来的になったルックスを見てみよう

大反響の「スカイラインR36 GT-Rコンセプト」にNISMOバージョンが登場したぞ!さらに過激に、そしてさらに未来的になったルックスを見てみよう

| ちょっと腕に覚えのあるショップならば、このスカイラインR36 GT-R APXを作ってしまうところがあるかもしれない | ボディカラーはR35 GT-R T-Specのミレニアムジェイドをイメージ ...

フェラーリ・テスタロッサが現代風に・・・!超ワイドボディ、スーパーシャコタンなデジタルチューンが登場。もちろんサイドのフィンも健在

フェラーリ・テスタロッサが現代風に・・・!超ワイドボディ、スーパーシャコタンなデジタルチューンが登場。もちろんサイドのフィンも健在

| そのうち現実世界でもこういったフェラーリ・テスタロッサのレストモッドが登場しそう | テスタロッサは生産数も多く、オーナーの中には「オリジナルを維持しなくてもいいだろう」と考える人がちょっとはいる ...

なかなかユニークなスタイルだが発売されないだろうな・・・。日産フェアレディZ「シューティングブレーク」のレンダリングが公開

なかなかユニークなスタイルだが発売されないだろうな・・・。日産フェアレディZ「シューティングブレーク」のレンダリングが公開

| 新型フェアレディZの主戦場である北米では「ワゴンボディ」の人気が低い | たしかにこれまでほか管自動車メーカーの「シューティングブレーク」も苦戦してきた さて、GR86やレクサスLC、レクサスIS ...

その名は「テスラ・スペースXモデルR」!ロケットエンジンで走る未来のテスラ、2,950馬力に最高速度は526km/h、コーナリングフォースはなんと4G

その名は「テスラ・スペースXモデルR」!ロケットエンジンで走る未来のテスラ、2,950馬力に最高速度は526km/h、コーナリングフォースはなんと4G

| イーロン・マスクがこれを見たら本気で開発にかかりそう | もはやその姿は自動車というよりも宇宙船 さて、東京在住の自動車デザイナー、マキシミリアン・シュナイダー氏が「テスラ・スペースXモデルR」な ...

車体の中でキャビンが「フロート」!いかなる傾斜でもシートを地面と水平に保つ「ランボルギーニ・ズブロン・コンセプト」

車体の中でキャビンが「フロート」!いかなる傾斜でもシートを地面と水平に保つ「ランボルギーニ・ズブロン・コンセプト」

|設計者が”EVネイティブ”になればこういった自由な発想のクルマが出てくるのかもしれない | ボディサイドはランボルギーニ・マルツァルをイメージ 東京在住のドイツ人カーデザイナー、マクシミリアン・シュ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5