ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

後継

ランボルギーニ

マジカヨ!ランボルギーニ・ウラカン後継モデルはV8ターボ+ハイブリッド、ただし7,000回転までは「NA+モーター」、そこから10,000回転までは「ターボ」という前代未聞のセットアップに

| さすがはランボルギーニ、すべての条件を満たし、しかも予想外のソリューションを提供するようだ | まさかこの方法で自然吸気を守ってくるとは思わなかった さて、ランボルギーニは年内に「ウラカンの派生モ ...

アウディR8

アウディはR8後継モデルを2025年に「ピュアエレクトリックカー」として発売するようだ!ポルシェのプラットフォームを使用し、アウディ史上最強、そして「R8」を名乗らないかも

| 3代目にしてついにランボルギーニと袂を分かち、ポルシェとの共同開発に? | ただしまだまだ公式発表があるまでは「わからない」 さて、アウディR8はもっとも検索されたスポーツカー、そしてもっともSN ...

日産GT-R

日産「次期GT-R、フェアレディZの動力源は未定。ただ、純電動化しつつクルマ好きを唸らせるようなスポーツカーを作るのは、控えめに言っても困難だ」

| ピュアエレクトリック化の前にハイブリッドを挟む可能性もあるが、日産としてはそんな「ムダ」を許さないだろう | よって「最小限のコストにてガソリンエンジンを維持しつつ、機会を見つつピュアエレクトリッ ...

パガーニがウアイラ後継、新型ハイパーカー「C10」のティーザー動画を公開!「我々の新しい章がいま始まり、我々のビジョンを祝福し肯定する」

パガーニがウアイラ後継、新型ハイパーカー「C10」のティーザー動画を公開!「我々の新しい章がいま始まり、我々のビジョンを祝福し肯定する」

| オラチオ・パガーニは芸術家が作品を作り上げるかのようにC10をデザインする | おそらくはこれまでのパガーニを総括し、そして新しい時代へと向かう提案が盛り込まれそう さて、つい先日目撃されたばかり ...

パガーニ・ウアイラ後継「C10」が目撃される!雰囲気的には「ちょっと前のレトロなレーシングカー」、しかしパガーニらしい芸術性あふれるディティールも

パガーニ・ウアイラ後継「C10」が目撃される!雰囲気的には「ちょっと前のレトロなレーシングカー」、しかしパガーニらしい芸術性あふれるディティールも

| このパガーニC10の限定台数は今のところ「99台」とも「300台」とも言われている なんといっても目玉はマニュアル・トランスミッション搭載 さて、パガーニは9月12日に新型ハイパーカー「C10(こ ...

R34スカイラインGT-RとR35 GT-Rとのマッシュアップ?デザイナーが「新型R36 スカイラインGT-R」のレンダリングを公開

R34スカイラインGT-RとR35 GT-Rとのマッシュアップ?デザイナーが「新型R36 スカイラインGT-R」のレンダリングを公開

| 現実的に「レストモッド」としてどこかのショップが作ってくれそうだ | デザイナーの考えるR36 GT-Rのルックスは未来的でシャープ、なかなかにカッコいい さて、日産R35 GT-Rは黄昏の刻を迎 ...

ブガッティ・シロン後継モデルにはW16エンジンの搭載「無し」。デザインチームはすでに小型・小排気量絵エンジンの搭載を前提に動いているようだ

ブガッティ・シロン後継モデルにはW16エンジンの搭載「無し」。デザインチームはすでに小型・小排気量エンジンの搭載を前提に動いているようだ

| たしかに公式に「W16エンジンを積むのはミストラルが最後」だと語られている | しかしブガッティが他ブランドのクルマよりも小型のエンジンを積むというのは想像が難しい さて、先日ブガッティはシロン世 ...

ランボルギーニ

ランボルギーニが合成燃料の開発を開始!「いかなる手段を用いてもガソリンエンジンを存続させ、そのためにはハイブリッドも活用する」

| ランボルギーニは他の自動車メーカーとはやや異なる「電化への」姿勢を持っている | なおウラカン後継モデルについては「ターボ」の可能性を否定出来ないようだ さて、電動化に熱心なフォルクスワーゲングル ...

ブガッティが突如ナゾの新型車を予告!「アイコンを開放する」というコメントともにツイッターへと動画を投稿

ブガッティが突如ナゾの新型車を予告!「アイコンを開放する」というコメントともにツイッターへと動画を投稿

| 見たところ、これまでのブガッティのモデルとはずいぶん違うデザインを持つようだが | 様々な可能性が囁かれるも、とにかくブガッティからの正式発表を待つしかない さて、新型ポルシェ911GT3 RSな ...

レクサスのプレジデントが「LFA後継、エレクトリファイド・スポーツにはフェイクMT搭載するかも」と語る!ステアバイワイヤ、前後トルクベクタリングの可能性も

レクサスのプレジデントが「LFA後継、エレクトリファイド・スポーツにはフェイクMT搭載するかも」と語る!ステアバイワイヤ、前後トルクベクタリングの可能性も

| ただし現時点では何一つ確定していないようだ | それでもLFAを名乗るからには「時代を超越した」スーパースポーツとなることを望みたい さて、レクサスのインターナショナル・プレジデントである佐藤恒治 ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

ランボルギーニ・ウラカン後継モデルに新情報!「エンジンはV6~V12までの可能性」「HVシステムは専用開発」「出力は850馬力以上」。実現すればゲームチェンジャーに

| ランボルギーニは「電動化」をむしろスーパーカーの可能性を拡張する機会だと捉えているようだ | きっと驚きのパッケージングを見せてくれるに違いない さて、ランボルギーニ・ウラカンは思ったよりも早くそ ...

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニがハイブリッド化のために「予定より30%増しの」2120億円を投資するとコメント!その全容が明らかになる日を心待ちにしたい

| ランボルギーニはスーパーカーメーカーの中では「エレクトリック化」に比較的遅れを取ってしまった部類となったが | しかしそのぶん、より優れたクルマが発表されることを期待したい さて、ランボルギーニは ...

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルのスペックやデザインを予測!「フェラーリへの対抗上、1000馬力を突破」そしてさらにアグレッシブなルックスへ

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルのスペックやデザインを予測!「フェラーリへの対抗上、1000馬力を突破」そしてさらにアグレッシブなルックスへ

| ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルは謎が多い | おそらく1000馬力突破、そして3モーター式ハイブリッドシステムを採用するのは間違いないだろう さて、英国カーメディア、Carwowがラン ...

【動画】ランボルギーニ本社からナゾの試作車が登場?一台はウルス「レスキューカー」、もう一台はウラカン後継モデルのテスト車両か

【動画】ランボルギーニ本社からナゾの試作車が登場?一台はウルス「レスキューカー」、もう一台はウラカン後継モデルのテスト車両か

| この1~2年、ランボルギーニはかつてない忙しさを迎えることになりそうだ | それと当時に「いまだかつてないほどの新型車ラッシュ」に さて、イタリア拠点にてフェラーリやランボルギーニのスパイビデオを ...

日産GT-R

日産が未来のGT-Rについて語る!「いずれは間違いなく内燃機関を捨てる」「しかし今の我々の技術ではGT-Rにふさわしい電動化技術を持っていない」「ZとGT-Rは美女と野獣」

2022/5/6    , , , ,

| 日産はフェアレディZ、GT-Rの価値を「非常に高く」評価しているようだ | 現在は資金的に苦しいかもしれないが、必ずや誰もが驚くスポーツカーとして復活してくれるものと信じている さて、日本ではGT ...

ランボルギーニがV12モデルのグランドフィナーレを飾る究極のアヴェンタドール、LP780-4ウルティメが走行する画像を一挙公開。V12エンジン単体で走るクルマはこれが最後

ランボルギーニがV12モデルのグランドフィナーレを飾る究極のアヴェンタドール、LP780-4ウルティメが走行する画像を一挙公開。V12エンジン単体で走るクルマはこれが最後

| もうV12エンジンのみを動力源とするクルマを新車で買えないと思うとちょっと寂しい | これからランボルギーニは「ハイブリッド」という新しい時代へと向かう さて、ランボルギーニはそのV12エンジン時 ...

ランボルギーニの次期V12モデルはこうなる?目撃された試作車のカモフラージュを剥がしてみた予想レンダリングが登場

ランボルギーニの次期V12モデルはこうなる?目撃された試作車のカモフラージュを剥がしてみた予想レンダリングが登場

| けっこうこの予想レンダリングは現実に近いかもしれない | ランボルギーニとしては「新しい」要素も見られるだけにアヴェンタドール後継モデルには期待したい さて、ランボルギーニは今年にウラカンのバリエ ...

パガーニ・ウアイラの後継ハイパーカー「C10」がはじめて路上で目撃される!レトロモダン、そしてスリムでスマートなデザインを採用するようだ

パガーニ・ウアイラの後継ハイパーカー「C10」がはじめて路上で目撃される!レトロモダン、そしてスリムでスマートなデザインを採用するようだ

| おそらくは「タイムレスな」デザインにて長きにわたり人々に愛される姿を採用するのだと思われる | オプションにはマニュアル・トランスミッションも用意し、ガソリン世代最後として有終の美を飾る さて、パ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5