ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

新興

フェラーリやランボルギーニでV12エンジンを設計した伝説のエンジニア、「ビッザリーニ」の名がハイパーカーとなって蘇る!デザインを担当するのはジウジアーロ親子

フェラーリやランボルギーニでV12エンジンを設計した伝説のエンジニア、「ビッザリーニ」の名がハイパーカーとなって蘇る!デザインを担当するのはジウジアーロ親子

| ビッザリーニ「ジオット」のデリバリーは早くても2025年以降 | 搭載されるのはなんと自然吸気V12エンジン さて、2020年に復活がアナウンスされた「ビッザリーニ」。これは1960年代にフェラー ...

新興ハイパーカーメーカー、エストレマが放つ2040馬力の「フルミネア」。クラウドファンディングで資金を調達しニュルへ挑戦する予定なるも未達成で計画が頓挫

新興ハイパーカーメーカー、エストレマが放つ2040馬力の「フルミネア」。クラウドファンディングで資金を調達しニュルへ挑戦する予定なるも未達成で計画が頓挫か

| 「ソリッドステートバッテリー搭載」など現実味に欠ける要素も多いハイパーカーだった | それでもまたプロジェクトは継続しているというが さて、イタリアの新興ハイパーカーメーカー、アウトモビリ・エスト ...

「バッテリーを持たない」電解液チャージ式EV、ナノフローセル。7年ぶりのニューモデルとして4,000kmの航続距離を持つ「トゥエンティファイブ」を発表

「バッテリーを持たない」電解液チャージ式EV、ナノフローセル。7年ぶりのニューモデルとして4,000kmの航続距離を持つ「トゥエンティファイブ」を発表

ナノフローセルは25年の歴史を持ち、実際にEVを販売しながらも活動中 ただしその価格は「非常に高価」 さて、ロンドン拠点の新興EVメーカー、「ナノフローセル」。ほかのEVメーカーが製造するEVと異なる ...

ランボルギーニのデザイナーの手による「4枚ガルウイング」EV、Aehra SUVが正式発表!室内空間はNBA選手4人がらくらく乗れるほどの空間を実現

ランボルギーニのデザイナーの手による「4枚ガルウイング」EV、Aehra SUVが正式発表!室内空間はNBA選手4人がらくらく乗れるほどの空間を実現

| 実際に市販できるかどうかが目下の問題 | デザイナーはランボルギーニ・アヴェンタドール、ウラカンを手掛けたフィリッポ・ペリーニ さて、11月に情報が公開されたイタリアの新興EVメーカー「Aehra ...

まだ一台も車を作っていない中国シャオミが「年間1000万台を製造し、世界トップ5の自動車メーカーになる」と宣言!スマホ市場を実際にひっくり返しただけに実現しかねない

まだ一台も車を作っていない中国シャオミが「年間1000万台を製造し、世界トップ5の自動車メーカーになる」と宣言!スマホ市場を実際にひっくり返しただけに実現しかねない

| シャオミは昨年9月に自動車関連企業を設立済み、ただしまだ市販モデルの話は出ていない | それでもこの発言を行うということは、相当な自信があるのだと思われる さて、中国の家電メーカー、シャオミ(小米 ...

米新興EVメーカー、「アルファ」より1950年代風のレトロなルックスを持つモンタージュ・クーペ登場!EVはデザイン的自由度が高く、今後も同様の例が登場しそう

米新興EVメーカー、「アルファ」より1950年代風のレトロなルックスを持つモンタージュ・クーペ登場!EVはデザイン的自由度が高く、今後も同様の例が登場しそう

| EVのスケートボード型シャシーはガソリン車のモノコックに比較すると様々なボディ形状に対応しやすい | そして各新興EVメーカーは様々な趣向を凝らし、競合に対し優位に立とうと努力している さて、これ ...

新興EVメーカー「ドラコ」より2,000馬力のハイパーSUV、ドラゴン登場。巨大ガルウイングドアを持ち0-100加速1.9秒、最高速322キロ。いかなるSUVよりも優れた性能を保有

新興EVメーカー「ドラコ」より2,000馬力のハイパーSUV、ドラゴン登場。巨大ガルウイングドアを持ち0-100加速1.9秒、最高速322キロ。いかなるSUVよりも優れた性能を保有

| ただし納車は2026年以降、実際に発売できるかどうかはわからない | そのデザインはイタリアにて、そしてフェラーリの要素も随所に見られる さて、カリフォルニア拠点のEVスタートアップ「ドラコ」。今 ...

ウィリアムズが「2000馬力級、他社に供給できるEVプラットフォームを開発した」と発表。最近級に増えた「2000馬力の新興電動ハイパーカー」はこれを使用していた?

ウィリアムズが「2000馬力級、他社に供給できるEVプラットフォームを開発した」と発表。最近級に増えた「2000馬力の新興電動ハイパーカー」はこれを使用していた?

| 現在、「コンセプター」が富豪を狙い数億円のエキゾチックハイパーカーを発売するというビジネスが人気化 | そういったコンセプターにとってウィリアムズはまたとないパートナーなのかも さて、ウィリアムズ ...

イタリアより1.6億円のハイパーカー「アンジェレッリ・アウトモビリ・スーパーペルフォルマンテD-One」登場!1350馬力、最高速は490km/h

イタリアより1.6億円のハイパーカー「アンジェレッリ・アウトモビリ・スーパーペルフォルマンテD-One」登場!1350馬力、最高速は490km/h

| 3Dプリントされた有機的なフレームを持ち、V6もしくはV8ツインターボにハイブリッドという組み合わせ | ただし実際に発売できるかどうかはわからない さて、ここ数年はスーパーカーやハイパーカーのス ...

英国よりピニンファリーナデザイン、「水素」「燃料電池」を使用した1100馬力、車重1000kgのハイパーカー「ヴィリテック・アプリケール」が登場

英国よりピニンファリーナデザイン、「水素」「燃料電池」を使用した1100馬力、車重1000kgのハイパーカー「ヴィリテック・アプリケール」が登場

| ヴィリテックはパフォーマンスを追求したわけではなく、「最も条件が厳しい」ハイパーカーを作ることで技術力を高めたかったようだ | そして得られた知見は「持続可能なモビリティへと」転用することで社会に ...

本当に発売してきた!スイスの新興ハイパーカーメーカー「ピカソ」より1.15億円の660LMS登場。660馬力、車重980kg、むしろレーシングカーに近いハードコアマシン

本当に発売してきた!スイスの新興ハイパーカーメーカー「ピカソ」より1.15億円の660LMS登場。660馬力、車重980kg、むしろレーシングカーに近いハードコアマシン

| ほとんどの新興ハイパーカーメーカーが「企画倒れ」になる中、ピカソはちゃんと発売できたようだ | ただし実際に納車が開始されるまでは安心できない さて、スイスにて立ち上げられたハイパーカーメーカー、 ...

ドイツから製造、使用、廃棄時に至るまでサステイナブルなEV「e.wave X」登場!アルピーヌみたいなルックスにオーバーフェンダーがカッコいい

ドイツから製造、使用、廃棄時に至るまでサステイナブルなEV「e.wave X」登場!アルピーヌみたいなルックスにオーバーフェンダーがカッコいい

2022/5/12    , ,

| さすがはドイツ、環境へのこだわりがハンパない | 今後のEV選びにはこういった「企業の姿勢」も大きく影響しそうだ さて、環境先進国ドイツでは様々なEVが登場していますが、今回EVブランド「e.go ...

フロントとリアは「無限ループ」をイメージ!2,230馬力、0−100キロ加速1.99秒の超絶ハイパーカー、デウス・ヴィアンがNYにて発表

フロントとリアは「無限ループ」をイメージ!2,230馬力、0−100キロ加速1.99秒の超絶ハイパーカー、デウス・ヴィアンがNYにて発表

| 開発や生産を請け負うコーチビルダーや工場の登場によって新興ハイパーカービジネスが花盛り | デウス・ヴィアンの限定台数は99台、価格は現在未公表 さて、先日予告していたとおり、新興ハイパーカーメー ...

今度はウィーンから新興エレクトリックスーパーカー「デウス・ヴィアン」登場!イタルデザイン、ウィリアムズとの共同開発によって4月にNYで発表

今度はウィーンから新興エレクトリックスーパーカー「デウス・ヴィアン」登場!イタルデザイン、ウィリアムズとの共同開発によって4月にNYで発表

| 新興スーパーカーメーカーなれど、イタルデザイン、ウィリアムズのバックアップがあればちゃんと発売できそうだ | デザインはオーソドックス、クラシカルで優雅なスタイルを採用 さて、今年は世界中にてモー ...

【動画】今度はスロバキアから新興スーパーカー「マタドールMH2」登場!水素推進システムを採用しゼロエミッションにて600馬力を発生

【動画】今度はスロバキアから新興スーパーカー「マタドールMH2」登場!水素推進システムを採用しゼロエミッションにて600馬力を発生

| 現時点では実際にこのマタドールMH2が発売されるのかどうかはわからない | 「水素推進システム」の詳細やチャージ方法、航続可能距離も現時点ではナゾのまま さて、女流スーパーカー系ユーチューバー、ス ...

【動画】見た目はバットモービル、6モーターを搭載し1250馬力を発生する電動ハイパーカー「タキオン」は実現できる?なぜここまで新興ハイパーカーが増えたのか

【動画】見た目はバットモービル、6モーターを搭載し1250馬力を発生する電動ハイパーカー「タキオン」は実現できる?なぜここまで新興ハイパーカーが増えたのか

| ただし実際に発売できるクルマは多くはないだろう | 技術的に設計することは難しくなくとも、各国の法規に合致させて製造することは難しい さて、ここ最近になり聞いたことがないような自動車メーカーがどん ...

英小規模スーパーカーメーカー「アラッシュ」が最新エレクトリックモデル「AFX」発表!いまだ詳細は不明なるも前作AF10では2080馬力を発生。リマック・ネヴェーラの対抗なるか

英小規模スーパーカーメーカー「アラッシュ」が最新エレクトリックモデル「AFX」発表!いまだ詳細は不明なるも前作AF10では2080馬力を発生。リマック・ネヴェーラの対抗なるか

| アラッシュはニューモデルを発表する都度、時代に即した進化を遂げているようだ | 今回のアラッシュAFXには大きな期待が持てる さて、イギリスのスーパーカーメーカー、アラッシュ・モーターカンパニー( ...

【動画】米ヘネシーが「2,000馬力オーバー、価格3.4億円」の6輪ハイパーGT計画を公開!贅沢な4人乗り、豪華仕様のグランドツアラー

【動画】米ヘネシーが「2,000馬力オーバー、価格3.4億円」の6輪ハイパーGT計画を公開!贅沢な4人乗り、豪華仕様のグランドツアラー

| さすがアメリカのチューナーならではの雄大な発想 | こういったクルマを「考え」はしてもなかなか実行することはできない さて、先日「顧客向けのヴェノムF5の納車を開始した」とアナウンスしたばかりのヘ ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5