>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲンがオフロード風味のビートル「デューン」第二弾発売。今度はブラック

投稿日:

フォルクスワーゲンが「ビートル・デューン」第二弾を発売。
今回も限定モデル(300台)となり、価格は3,269,000円。
なお前回は500台限定、3,210,000円となっています。
エンジンは150馬力の1.4リッターTFSI、トランスミッションは7速DSGとなっており、これは前回と同じスペックですね。

特別装備としてはシルバーのドアミラー、アンダーガード付きの前後バンパー、大型リアスポイラー、専用サスペンション(15ミリアップ)、18インチ専用アルミホイール。
ボディカラーはディープブラック・パールエフェクト、ホイールはブラックとサンドストーム・イエローメタリックとのコンビカラー。

内装についてもボディカラーと同じサンドストーム・イエローメタリックがダッシュボードに使用されており、専用ファブリックシート、そしてステアリングホイールとシフトノブにはイエローステッチが与えられます。
画像を見る限りは昨年のビートル・デューンのインテリアと変更は無いように見えますね。

ちなみに現行ザ・ビートルのプラットフォームは「A5」で現行ゴルフ(ゴルフ7)のプラットフォームは「MQB=Modulare Quer Baukasten」。
MQBは設計やパーツを共有することで車種間のコストを抑えること、最高レベルの強度確保を目的に開発されたフォルクスワーゲン・アウディグループのキモ入りプラットフォーム。
「コスト削減」と聞くといい気はしないかもしれませんが、別の視点から見ると「削減した分のコストで別の部分にコストを掛けることが出来る」、「下位モデルであれば上位モデルと同等のプラットフォームを使わせてもらえる」という利点も。

MQBが使用されるモデルはゴルフ7、ゴルフトゥーラン、B8パサート、AD1ティグアン、アトラス(北米専用)、最新モデルのアルテオン。
アウディでMQBを使用するのはQ2、8V型Q3、8S型TT、B9型A4。

ゴルフ7にとっては「上位モデルと同じプラットフォームが与えられた」ことになりますが、この差は結構大きく、ビートルとゴルフとでは明確に乗り味に差がある、と考えています(どちらも好みの問題で、ゴルフは欧州車らしいカッチリ感があり、ビートルはアメリカっぽいおおらかさがある)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.