ad-728



>フォード(FORD)

ランボルギーニ・ウラカンとフォードGTとの加速勝負。「ミドシップ」以外共通項のない勝負の行方は?

2017/08/05

Pocket
LINEで送る

同じみドラッグレース系ユーチューバー、「DragTimes」がランボルギーニ・ウラカンとフォードGTとのドラッグレースを収めた動画を公開。
このフォードGTは最新の「フォードGT」ではなく旧世代のもので、2005年〜2006年にかけて製造されたもの(つまりは10年以上も前)。
生産は1500台のみ、グランツーリスモの山内一典氏が所有していることでも有名ですね。

エンジンは5.4リッターV8スーパーチャージャーで558馬力を発生しますが、この個体はECUやエキゾーストのチューンにて700馬力にまで出力を向上。
トランスミッションは6MT、重量は1600キロ、駆動輪は後輪のみ(ミドシップ)。

対するランボルギーニ・ウラカンはV10自然吸気エンジンをミドシップに搭載し610馬力を発生。
駆動方式は4WD、トランスミッションは7速デュアルクラッチ。

「ミドシップ」と言うほかはほぼ共通項のない二車ですが、停止状態からの加速競争ではランボルギーニ・ウラカンの圧勝。
ただしスタートは一瞬フォードGTの方が先んじていますね(MTであることを考えると驚き。やはりスーパーチャージャーの発生するトルクは侮れない?)。

時速50キロ程度からのローリングスタートになるとフォードGTはそのパワーとトルクにモノを言わせ、意外やウラカンと並び、そして徐々に引き離す加速を見せています。
やはり4WDやDCTはスタートに有利で、ターボやスーパーチャージャーなどの過給器は加速に有利と言えそう。
そうなると「全て」持っている日産R35GT-Rの無双ぶりも理解でき、2.5リッターながらターボエンジン(400馬力)+4WDのアウディTTRSが、ベースグレードのアウディR8(自然吸気540馬力)より優れる0-100キロ加速タイムを持っているのも理解できるところですね。

こちらがランボルギーニ・ウラカンとチューンド・フォードGTとの4本勝負を収めた動画、「720HP Ford GT takes a Lamborghini Huracan LP610-4 Drag Racing and Roll Racing」。

こちらもドラッグレースでは無双ぶりを発揮するテスラ・モデルS P100Dに1000馬力のトヨタ・スープラが挑む動画、「Tesla Model S P100D Ludicrous vs 1,000 HP Toyota Supra Turbo Drag Racing and Roll Racing」。

->フォード(FORD)
-, , , , , , , ,