>フェラーリ(Ferrari)

特注カラーの「ジアッロ・モデナ」に彩られたエンツォフェラーリが販売中。そのデザインにはこういった秘話があった

| 最終的に採用されたデザインは「代案」だった | ロンドンのエキゾチックカーディーラー、DDクラシックスにて、エンツォフェラーリの中古が販売中(価格はASK)。ボディカラーは「ジアッロ・モデナ」で、これはエンツォフェラーリの場合、スペシャルオーダーカラー扱いになる、とのこと。ちなみにF40のボディカラーは選択の余地がなく「全てレッド」だったとされていますが、その後のF50や、このエンツォフェラーリも同じような状況だったのかもしれませんね。 フェラーリF40は今年で30歳。その歴史、仕様などを振り返ってみ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダCX-30欧州スペックの画像、そしてエンジンラインアップが公開。その美しい姿を見てみよう

| 価格は公開されていないが、おそらくはCX-5に近い値付けになりそう | マツダが欧州仕様のCX-30についてスペック、そして画像を公開。CX-30はマツダ3に続く新世代商品第二弾という位置づけとなっており、CX-3とCX-5との中間といった設定。印象としてはCX-5のクーペ版というもので、プレミアム感の強い内外装を持っています。なお、CX-30のボディサイズは全長4,395ミリ、全幅1,795ミリ、全高1,540ミリ。CX-3は全長4,275ミリ、全幅1,765ミリ、全高1,550ミリ、そしてCX-5 ...

ReadMore

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

車内に暖炉!ルノーの斬新なコンセプトカー「ルノー・フォー・ロシア」を見てみよう

| ピュアEV、完全なる自動運転車 | CGアーティスト、 Artyom Trofimenko 氏がルノーの新型コンセプトカー、「RENAULT FOR RUSSIA」を発表。名称はそのまま「ロシアのためのルノー」となりますが、これはデザインコンペに出展された作品のようですね。そのスタイルは先進的で、外観から想像できるとおり「自動運転」を備え、パワートレーンは「フルエレクトリック」。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマ ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

まさかの公式!VWがかつての「ワーゲンバス」をEVにコンバートし公開。サスペンションはポルシェとの共同開発

| ホイールなどのデザインは「ボタニカル」 | フォルクスワーゲン・オブ・アメリカが「ワーゲンバス」ことフォルクスワーゲン・タイプ2をレストア。これは、フォルクスワーゲンの「エレクトロニクス・リサーチ・ラボラトリー」が名称を変更し「イノベーション・アンド・エンジニアリング・センター・カリフォルニア」として新たに出発することを記念したプロジェクトだそう。 こちらもオススメ、関連投稿VWがゴルフGTI最強モデル「TCR」の詳細画像を公開。専用エアロ、そしてクーリングやブレーキも強化され専用ボディカラーも196 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

G-SHOCKにカーボンモデル続々発売!MUDMASTERにもカーボンケース&ベゼル採用のGG-B100が登場

| これにソーラーが内蔵されていれば「即買い」だったが | カシオが7月の新製品として、カーボンを使用した「MUDMASTER GG-B100」系を発売。カシオはこれまでも「強固、堅牢」な素材としてウレタン樹脂とメタルとケース素材に採用してきましたが、ここ最近は「第三の素材」としてカーボンを採用し、積極的に新製品を投入しています。今回発売されたGG-100系のカラーバリエーションは全3色で、価格はいずれも45,000円(税別)。ただしG-SHOCKの常として、すぐに価格が下がって「20%オフくらい」で買え ...

ReadMore

>ロータス(Lotus)

思ったより凄いの出た!ロータスが「世界最高出力」2000馬力のハイパーカー”エヴァイヤ”発表。日本には早くも9月8日に上陸予定

| 見た目は「クルマ」の形をしているが、中身はレーシングカーと考えたほうが良さそうだ | ロータスが先日よりティーザーキャンペーンを行っていたハイパーカー「Evija(エヴァイヤ)」を正式発表。ロータス初のEVそしてハイパーカーとなりますが、ざっと見ると「アストンマーティン・ヴァルキリー」なみのエクストリームな構造を持っており、一般的な「クルマ」の範囲を大きく超えた乗り物のようです。最近は先行するフェラーリやランボルギーニを追い上げるメーカーが新規/既存問わず多数登場しており、そしてアストンマーティンや今 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期アウディR8はない→一転し次期R8はV10エンジンで登場との報道。なぜそうなったのかを考える

| そこには様々な要素が複雑に絡み合っている | 次期アウディR8についてはその情報が交錯しており、「後継はない」「ピュアEVになる」等様々な話が出ています。そして今回はアウディスポーツのマネージングダイレクター、オリバー・ホフマン氏が英国Autocarに対し、「次期アウディR8はV10エンジン継続」と語ったと報じられています。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「新型2シリーズ・グランクーペはFF」。じゃあ次期2シリーズクーペやM2は?「安心しろ。それらはFRだ」

| BMWのボディ形状や、シリーズ間での差異はますます難解に | BMWは先日、「FRからFFベースにスイッチした」新型1シリーズを公開しましたが、やはりFFベースとなる新型2シリーズ・グランクーペも発表間近、との報道。なお、現在2シリーズにラインナップされるのは「2シリーズ・クーペ」「2シリーズ・グランドツアラー」「2シリーズ・アクティブツアラー」「2シリーズ・カブリオレ」。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

【動画】新型スープラをトップギアがテスト!なんとランボルギーニ・ムルシエラゴ、フェラーリF430より速いタイムを記録する

| しかしながらターゲットとするポルシェ718ケイマンSには及ばず、それよりもテスラ・モデル3のほうが速いのには驚きだ | スティグが新型トヨタ・スープラのステアリングホイールを握り、トップギア・テストトラックを走行。トップギア・テストトラックは、文字通りトップギアが所有しているサーキットで、もともとは飛行場、そしてその後はロータスのテストコースであり、2002年以降は現在のようにトップギアが使用する、という形態に落ち着いています。全長は2.83kmで、カーブ数は「12」。直線とカーブとが連続しており、ブ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ「マツダ3のマツダスピード版を作るだけの技術は既にある。だがやらない」。しかしボクがマツスピ版を必要だと思うワケ

| ハイパフォーマンスカーはひとつの「夢」であり、「夢」を持たない自動車メーカーにはついて行けない | 近年のマツダに対する評価は非常に高く、とくにそのデザイン言語、内装のフィニッシュ、高い環境性能を持つエンジンについては国内外から称賛の声が上がるほど。ただ、その高い評価と販売とはシンクロしないようで、2019年3月期においては前期比で43.3%の減益を記録しています。ただ、これは2018年4月~2019年3月の数字なので、マツダ3はじめとする新しい世代の製品群へと切り替わるにつれ、その内容も評価に連動し ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニの知られざる事実15選。「身売りして数年後に倒産」「デザインモチーフは虫」

投稿日:2017/09/03 更新日:

lamborghini

「ランボルギーニの知られざる15の事実」が動画で公開。
ランボルギーニは創立50周年をつい最近迎えたばかりの(自動車メーカーとしては)新しい会社で、1964年に最初の車「350GT」を発売した後に「ミウラ(1966)」「カウンタック(1974)」と名車を次々発売し、1974年には完全に身売り、1978年には倒産という、まさに「時代を駆け抜けた」会社。

その後6回も会社の持ち主が変わっており、現在の親会社であるアウディとなってからは「スーパーカーのみ」をリリースしていますが、もともとはトラクターやエアコンを作っていたり、LM002という豪華SUVを作っていたり、4人乗りの高級GTを作っていたり、と今とは随分イメージの異なる謎カンパニー。
ここでその「知られざる事実」を見てみましょう。








1.フランク・シナトラは熱心なランボルギーニのファンであった
ランボルギーニは設立後間もなくアメリカ市場へと参入していますが、フランク・シナトラ、マイルス・デイヴィスなど著名人の多くがその魅力に取り憑かれた、とされています。

2.ランボルギーニ創業者、フェルッチョ・ランボルギーニは第二次大戦中、捕虜として囚われていた
招聘された後に整備兵となり、その後ギリシャに駐屯。
その後1964年に捕虜となり、1966年に帰国した、とのこと。

3.ランボルギーニはトラクター会社としてスタートした
ランボルギーニは創業者、フェルッチョ・ランボルギーニが戦争より復員後、戦時中に培った技術やコネクション、先見の明をもってトラクタービジネスをスタート。
これが大ヒットし、それでえた莫大な富でスーパーカービジネスをはじめることに。

4.ランボルギーニのロゴ、車の名前は闘牛に由来する
ランボルギーニのエンブレム「ファイティングブル」はフェルッチオ・ランボルギーニがおうし座だったことに由来するとされることが多いものの、息子であるトニーノ・ランボルギーニによると「単に力強そうだったので」選ばれた、とされています。

そこで商才あふれるフェルッチオはこのエンブレムを闘牛と関連付けようと(プロモーション上の理由で)考えたのか、ミウラ、エスパーダなど闘牛に由来するものがいくつか。
現代のランボルギーニもそれを受け継いでおり、「ディアブロ」「ムルシエラゴ」「アヴェンタドール」「ウラカン」もそれは同じ。

ただ「ウルス」は闘牛とは異なり「太古に存在した巨大な牛の種類」となっていますが、牛に由来するのは変わりがないようです。

5.ランボルギーニ・ヴェネーノはもっとも高価で、最もレアな市販車の1台である
ランボルギーニ・ヴェネーノ(やっぱり闘牛の名前)は3台のみが製造され、その価格は邦貨換算で3億6000万円ほど。
ランボルギーニの限定車においても、この「3台」というのは異例中の異例であり、レアさではトップレベルとなっています。

6.ランボルギーニのエンジンはパワーボートにも使用される
自動車のランボルギーニ(会社)の正式名称は「ヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA」で、これはトラクターを扱っていた「ランボルギーニ・トラットリーチ SpA」から切り売りされたもの。
ランボルギーニはほかにマリン事業部をもっていて(これも自動車とは別部門)、そこでボート用エンジンも製造。
なおランボルギーニ・ミュージアムにはその巨大なV12エンジンが展示されています。

7.ランボルギーニの初展示となる車にはエンジンが積まれていなかった
これは単に「間に合わなかった」からだとされており、むしろ「それでもやってしまえ」という勢いの感じられるエピソードでもありますね。
逆に「ミウラ」はシャシーとエンジンのみでボディがない状態で展示されたようですね。

8.フェルッチョ・ランボルギーニが会社を売却した数年後、ランボルギーニは倒産した
1974年にフェルッチョ・ランボルギーニはランボルギーニの自動車部門をロゼッティに売却(それより先に株式の51%を1971年にやはりロゼッティに売却)していますが、そのわずか4年後、1978年にランボルギーニは倒産。
フェルッチョはこういった「危機をうまく切り抜ける」才能に恵まれていたようですね。

9.アヴェンタドールのデザインモチーフは飛行機と虫だった
ランボルギーニは少し前からイタリア空軍とのコラボを行っており、「レヴェントン」でステルス機をモチーフにしたデザインを行っていて、アヴェンタドールにも多分にその影響が。
しかしデザイナーのフィリッポ・ペリーニ氏によるとそのモチーフは「カメムシ」とのこと。
なおウラカンは「折り紙」、アヴェンタドールSは「毒蛇」と「サメ」。

10.ランボルギーニはエンツォ・フェラーリに見下されたことで対抗できる車を作ろうと考えた
現在の最も有力な説ではあるものの、家族によると「抗議に行かなかった」、ビジネスパートナーのパオロ・スタンツァーニ氏によると「抗議に行ったがエンツォは丁寧に対応してくれた」とあり、実際は不明。

ただ会社を早々に売却したところを見ると、エンツォ・フェラーリのように車そのものに対する情熱は薄く、単に「ビジネス」としてこれを考えていた可能性も(レースに参戦しなかったのも単に採算の問題だったのかも)。
実際にこの見方も強く、「生まれたばかりのランボルギーニを宣伝するため、エンツォとのエピソードをでっち上げた」とする推測もありますね。

なお、ぼくがランボルギーニ本社を訪れた際にこれを(本社の人に)聞いてみると、「フェラーリに行ったら”トラクター野郎はトラクターでも作っとけ”と言われたのが創業の由来」と語ってくれ、本社ではこの説が信じられている模様。
しかしこのエピソードは従業員の「ランボルギーニ愛」をより強くするのに役立っているようで、何が本当か分からないにせよ、「今なおその心意気は活きている」と言えそうです。

11.ランボルギーニは移植用臓器輸送用として、ランボルギーニのパトカーをイタリア政府に提供している
ガヤルド、ウラカンと2世代にわたってランボルギーニはこれをイタリア警察やローマ警察に提供。
車両は警察用の無線や装備、パトライト、そして臓器収納用の冷蔵ケースが設置されています。
アルプスを超えることもあるといいますが、4WDのガヤルド/ウラカンはこれに適任なのかもしれませんね。
そのほか、ボローニャ空港ではアヴェンタドール、ウラカンが「誘導車」として使用されていたことがあり、公共で働くランボルギーニは意外と多いようです。

12.ミッシー・エリオットのランボルギーニ・ディアブロ(パープル)は盗まれた後に事故を起こした状態で発見された
非常に残念な事件ですが、クリス・ブラウンのアヴェンタドールも「クリス・ブラウン以外が乗って」大きな事故を起こしたことが報じられています。

13.ランボルギーニは2016年に販売台数の記録を更新している
2016年には3457台をデリバリーし、2005年の1600台に比べると実に「倍以上」。
しかしながらフェラーリは8000台以上を販売しており、まだまだフェラーリを捉えるのは難しそうです。

14.ワンオフで制作された「コンセプトS」はオークションへと出品予定
以前に一度オークションに出品された際は「流札」しましたが、今回落札されるのかどうかは不明。
なお、このコンセプトSは3台が製造されて販売された、という話もありますね。

15.ランボルギーニは特別製のゴルフカートも作っている
これは初耳ですが、エンブレムを見ると自動車の「ランボルギーニ」ではなく、息子が運営する「トニーノ・ランボルギーニ」製。
なおトニーノ・ランボルギーニは小型自動車の設計や販売にもかかわっていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.