ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >マツダ(MAZDA)

トヨタの安全運転支援デバイスは90%も事故を減らせることが判明。トヨタは2018年末までに9割の車にこれを採用

2017/09/11

Pocket
LINEで送る

トヨタ車に採用される新技術で最大90%も追突事故を減少させることが出来る、とトヨタが発表
この技術とは「Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティ・センス=衝突回避支援パッケージ)」と「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」で、トヨタ・セーフティセンス単体で装着している場合は事故が(装着していない車に比べて)50%減少する、とのこと。
さらにはこのトヨタ・セーフティセンスに加えてICSを装着した車両では追突事故がなんと90%減少(つまり1/10に)した、としています。

なお、トヨタによると「Safety Sense PおよびICSを搭載する車両」は「安全運転サポート車(高齢者推奨)のワイドに相当」とのこと。
最近この「安全運転サポート車」という表現をよく聞きますが、詳細を把握できていないので調べてみると、これは経済産業省が取り組んでいる安全運転サポート車の普及啓発活動に関連するもので、その安全装備の内容によって「ワイド」「ベーシック」「ベーシック+」とに分かれる模様。

その内容は下記のように定められています(”ワイド”が一番安全性に優れる)。

ワイド → 自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを装備
ベーシック+ → 自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置を装備
ベーシック → 低速自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置を装備

加えて経済産業省では安全運転サポート車を「セーフティ・サポートカーS」とし、相性を「サポカー」「サポカーS」とわかりやすく決めてロゴを配布するなど啓蒙活動を推進中。

なおトヨタは「Toyota Safety SenseとICSとを組み合わせて装着する車両の設定を、2018年度末までにコンパクトカーも含め、販売車両全体の約9割まで拡充」としており、これが進むと事故が大幅に減ることになりそうです。
加えてマツダも独自の安全運転支援技術「i-ACTIVSENSE]を2017年中に全車種に搭載すると発表しており、こちらも大きな期待ができますね。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >マツダ(MAZDA)
-, , , ,