>シトロエン/DS(CITROEN/DS) >プジョー(PEUGEOT)

変態ここに極まれり。DSが「3Dスキン」を持つDS3”ダークサイド”発売

投稿日:

けっこうな度合いで「変態車」を登場させるPSA(プジョー・シトロエン)。
その中でもシトロエンとDSは群を抜いているように思いますが、そのDSから30台のみの限定モデル「DS3ダークサイド」が登場。
その名の通りダークな色調が特徴で、しかし「単に黒い」だけではないのがDSのDS所以たるところ。
今回はボディ表面に凹凸のある「3Dスキン」を採用したことが最大の特徴となっています。

これはDSいわく「3Dスキンテクノロジー」によって再現されたとしていますが、DS独特の模様”DSモノグラム”が立体で再現されたもの。
まずベースカラーの上にDSモノグラムを転写し、その上にクリアコート塗装、さらにマット塗装にて仕上げたもの。

具体的にはこんな模様ですが、これがボディサイド、テール付近に再現されています。

くわえて「ダークサイド」だけに内装もブラック一色となり、しかしアクセントとして「チタニウムインナードアハンドルアクセント」を採用。
3Dレーザープリント技術にて複雑な柄が再現されているとしていますが、機能パーツでもない飾りに対しチタンを使用するなど、「まさに素材と技術の無駄遣い」。

ただ、ぼくはこういった無駄が大好きで、他自動車メーカーがおそらくは「絶対にやらない」であろうことを取り入れる姿勢は高く評価します。

なお、装備の差はあるものの、同じエンジンを積む「DS 3 Chic DS LED Vision Package」の価格が274万円、そして今回の「DS3 DARK SIDE」は303万円となっており、その差額は「塗装とレザーシート」ということになりそう。

「DS」はシトロエンのプレミアムブランドとなりますが、シトロエンは「エアバンプ」採用や奇抜な顔つきを持つC4カクタスはもちろん、

日本には入っていないもののコンセプトカーのような「Eメアリ」、

フロントウインドウがルーフ上にまで達する「シトロエン・スカイ」を持つC4ピカソなど珍車がいっぱい。

同じグループのプジョーも負けてはおらず、車体前後で色の異なる「308GTI(GTIになるとこのカラーが選べる模様)」など個性的な車が揃っており、これからもPSAには大いに期待したいところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->シトロエン/DS(CITROEN/DS), >プジョー(PEUGEOT)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.