●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

BMW M2 CSの怪情報。「1000台限定、ボディカラーは新色登場、2018年から受注開始」

投稿日:2017/09/05 更新日:

BMW Blogによると「M2 CSの予約(発売)は来年早々に開始される」、とのこと(画像はフェイスリフト後のM2)。
さらには「1000台限定」と報じられており、となるとM4 CSの3000台よりもはるかに少ない台数ということになります。
なおボディカラーはシルバー・ホッケンハイムとサンセットオレンジの二色になると言われ、内装はスポーツシートにブラック・ダコタレザー、そしてポーラブルーとキャラミオレンジのコントラストステッチが入るという具体的な情報も。

エンジンについては、M2の365馬力に対し、M2 CSでは400馬力を発生するとされ(エンジンそのものはM4と同じ)、そのパワーを受け止めるべくブレーキも容量アップ。
もちろん価格も上がることになり、アメリカでは53,500ドル、ドイツでは59,500ユーロからスタート、とされています(なぜアメリカがこうも安いのかいつも不思議で仕方がない。やっぱりドル相場はちょっとおかしい?)。

ちなみに同じ掲示板では別の情報源として過去に「999台限定、2018年3月から生産開始」「さらにパワーアップしたM2 GTS登場」という情報も。
なおM5発表前は怪情報が飛び交っており、残念ながらその多くは「外れて」いたので今回の情報についても「話半分」程度に考えた方が良いのかもしれませんね。

VIA:BMW blog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.