ad-728





>フェラーリ(Ferrari)

「210台目の」ラ・フェラーリ・アペルタは10.8億、488GTB「グリーンジュエル」はなんと1億円超で落札に

Pocket
LINEで送る

RMサザビーズによるオークションが開催され、「210台目のラ・フェラーリ」「ワンオフの488GTB”グリーン・ジュエル”がそれぞれ落札に。
その結果、なんとラ・フェラーリ・アペルタは10億800万円(830万ユーロ)、488GTBグリーン・ジュエルは1億420万円で終了。
ラ・フェラーリ・アペルタは予想落札価格の10億円に近い金額ですが、それでも以前の「500台目の」ラ・フェーリ(クーペ)に比べて3億円以上も高価となり、488GTBグリーン・ジュエルについては予想の5000万円を倍以上も上回る価格となっています。

なお、以前の「500台目の」ラ・フェラーリの落札価格(約8億円)は”21世紀に製造された車の落札価格(つまりヴィンテージカーやクラシックカーではない)”としては最も高価なもので、そして今回は昨年に樹立されたばかりのその記録をフェラーリ自らアッサリ塗り替えることに。

このラ・フェラーリ・アペルタは、すでに報じられた通り、「209台限定」であったラ・フェラーり・アペルタを「フェラーリ自身が」210台目として製造することを発表し、チャリティーのために提供したもの。
ボディカラーはRosso Fuocomで、そこへメタリック・ビアンコ・イタリアのレーシング・ダブル・ストライプが入り、インテリアはブラックのアルカンタラ(ボディカラー同色ステッチ入り)とグロス仕上げのカーボンという仕様。

フェラーリ488グリーン・ジュエルはフェラーリが設立70周年を祝うにあたりワンオフで製作したもので、他にも「マイケル・シューマッハー」「スティーブ・マックィーン」など、フェラーリに縁のある人物やチーム、レーシングカーをモチーフに作られた「5台の、それぞれ仕様が異なるフェラーリ」のうち一台。

フェラーリ自らによるカスタム、そして「ただ一台しか存在しない」ということ、かつてレース界で成功を収めたチームそしてレーシングカー(356 P2)のボディカラーをモチーフにした、ということで「高値がつくだろう」と予想されてはいたものの、488GTBの新車価格からも軽く3倍を越える落札価格となっています。

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , , , , , ,