>ポルシェ911関連

ポルシェチューナーが911のエンジンを搭載したハイパーカー発表。0-100キロ加速は2.4秒

投稿日:2017/10/02 更新日:

カナダのポルシェチューナーが911ターボエンジンを搭載したオリジナルのハイパーカーをリリース

ポルシェのチューンで有名な「Anibal Automotive」が独自のスーパーカー(というかもはやハイパーカー)を企画し、その概要を公開。

Anibaliはこれまでにも991世代の911をベースとした「911ATTACK」を公開しており、これは外装のほとんどをカーボン製に置き換えたチューニングカー(詳細は不明)。

出力は920馬力、0-100キロ加速はシロンよりも速い2.4秒

そのAnibaliが今回発表したハイパーカーが「ICON(アイコン)」。これはポルシェ911ターボS(991.2)の水平対向6気筒ツインターボ(3.8L)エンジンを920馬力にまで向上させた強心臓を持ち、0-100キロ加速はなんと2.4秒。
生産台数はわずか50台、そしてプラス5台をさらに過激なルックスをもつ「ドラスティック・エディション」として発売する、とのこと。

レイアウトはミドシップ、リアアクスルステアリングやカーボンセラミックディスクブレーキなどのお約束はもちろん、アクティブダンパーといった最新デバイス、ハイパーカーには欠かせないガルウイングも装備。

シャシー構造は不明ですが、重量は1540キロほどとされているところから想像するに、ポルシェ911ターボSの車体を一部使用しているのかもしれません。
なお、過去にルーフがポルシェ911(997世代)の車体を流用し、しかし後半を作り変えることでミドシップ化した「CTR3」を発売していますね。

Anibali ICONのルックスは?

画像も同時公開されていますが、見た目はまんま「ハイパーカー」。
比較的独自性が強いようにも見えますね。

3

テールランプはポルシェ911のものをそのまま流用。
ほかドアミラーも911のものを使用しているようで、それがまた「異様な雰囲気」を出しているように思います。

6

こういった「独自のスーパーカー/ハイパーカー」を計画する会社は相当数にのぼりますが、なかなか実現した試しはなく、しかし今回のICONについては「ベース(ポルシェ)がある」こと、ポルシェチューナーとして実績があることからも実現性が高いかもしれませんね。

2

ドアは「ガルウイング」というものの、開き方は不明。過激なルックスを持つという「ドラスティック・エディション」についても、それがこの画像なのか、もっと過激なのか不明。

8

ほかにどんなものがある?過去に企画されたスーパーカー/ハイパーカー

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ911関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.