>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■ニュース

未来派から世紀末まで。ランボルギーニ・カウンタックやミウラの「もしも」系レンダリング9連発

クラシックランボルギーニは「IF系カスタム」の格好の標的 さて、山のように出てくる「もしも」系レンダリングですが、やはり人気なのは「過去のアイコニックなモデル」をオマージュしたもの。それらの中には、過去のモデルをそのままモディファイしたもの、はたまた現代風に解釈したもの、もしくは未来にまで行ってしまったものなどがあるようです。ここで、そういった「もしも」系レンダリングにはどんなものがあるのかを見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ・ミウラが現代に蘇ったら。デザイナーがレンダリングを公開 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルとトヨタがミドシップスポーツを共同開発?スバルはこれをBRZ、トヨタはMR2とし、次期86はロードスターと共通になると予想

スバルのミドシップスポーツは基本的に「ない」と考えるその理由 レスポンスによると、トヨタとスバルとが共同にてミドシップスポーツカーを開発の可能性がある、とのこと。もともとはスバルがミドシップスポーツカーを開発するというウワサに対し、「スバル単独でこれを開発するのは難しく、トヨタがこれに参加し、トヨタ側ではMR2としてこれを販売するのでは、という見解を示したもの。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型シボレー・コルベットはデトロイト・モーターショーでの発表ナシ?登場がまた遠のく可能性も

すでにプロトタイプが頻繁に見られるものの、発表はまだまだ? 新型シボレー・コルベットについてはウワサが絶えず、これまでにも価格やグレード、発売時期、エンジンについての話題が登場。さらには様々な予想レンダリング、キーの画像までネット上に登場し、「発表までカウントダウン状態か」というのが現状です。そして2019年1月に開催されるデトロイト・モーターショーにて新型コルベットが発表されるだろうというのが最近の定説でしたが、最新のウワサでは「デトロイト・モーターショーでは新型コルベットは発表されない」と言われている ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】これがブガッティの本社だ!まるで城のような外観、昔ながらの工場をユーチューバーが紹介

| ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティ・シロンの製造現場へ | 人気ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティの本社へを訪問。 ブガッティはフランスの自動車メーカーで、その本拠地は「モルスハイム」。 なお、最近SHmee150氏は本名の「ティム・バートン」を前面に押し出すことが多くなり、本名での活動に切り替えるのかもしれませんね。 ちなみにパープル系の衣類を好んで着用していますが、これも「セルフブランディング」のひとつなのかもしれません(ジャケットはShmee150氏のオリジナル)。 こち ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディQ4発売が近いとのウワサ。TTっぽいルックスの高級クーペSUVとなり、PHEVも投入か

| アウディはQ4を高級クーペSUVとして投入するとのウワサ | アウディQ4の発表が近い、との報道。 アウディはブランド初のクーペSUV「Q8」を今年発表したとことですが、Q4はそれに続くクーペSUV、ということに。 ただ、メルセデス・ベンツがGLCクーペ/GLEクーペというラインアップを持ち、BMWがX4/X6を発売していたのに対し、アウディはSUV大好きなメーカーであるにも関わらず、これまで「クーペSUVのラインアップはゼロ」。 こちらもオススメ、関連投稿 アウディ「Q8」のプロトタイプが走行中。後 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】アルファロメオ4Cがブッチギリ!ロータス・エキシージ、BMW M2との加速競争で「軽さ」の威力を見せつける

| アルファロメオ4Cがこうやってドラッグレース動画に登場するのは初めて? | アルファロメオ4C、ロータス・エキシージがドラッグレースにて対決するという珍しい動画が公開に。 動画は二本立てとなっていて、前半はBMW M2(MT)/BMW M2(DCT)/BMW M2コンペティションとが対決(こちらも相当に珍しい)。 その後にM2シリーズの覇者となったM2コンペティションを交え、合うrファロメオ4Cとロータス・エキシージとが勝負するという構成です。 こちらもオススメ、関連投稿 BMW M2/M4/M5/M ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW 8シリーズ・グランクーペのプロトタイプ再び。地味目のバンパーを装着する”エントリーモデル”か?

キャビンは大きく、しかし8シリーズクーペとは異なる雰囲気に BMW8シリーズ「グランクーペ」のプロトタイプが目撃に。BMWはすでに8シリーズクーペ(G14)、8シリーズ・カブリオレ(G15)を発表し、残す8シリーズは「グランクーペ(G16)」とM8(クーペ/コンバーチブル)のみ。 そして8シリーズ・グランクーペのプロトタイプは先日初めて目撃されたところですが、今回捕捉されたのはそのプロトタイプとは異なり、「ベースグレード」のようですね。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ガヤルドにリコール。「エラー記録がエンジンオフのたびに消えてエラーが出ていることがわからなくなる」

ランボルギーニはもともとリコールが非常に少ない車だが Lamborghini gallardo 今回のリコールはアメリカ国内にて届け出られたもので、2010年6月23日から2013年11月20日の間に製造され、かつアメリカに輸入された1,152台のみが対象となります。 その内容としてはECUのプログラムに不具合があり、エンジンをオフにする都度エラー記録が消えてしまい、よって「エラーが出ていたことに気づかず」に運転することで事故の可能性がある、とのこと。「事故の可能性」についてはどこにエラーが出るかによって ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型スープラ「米国納車第一号」が競売へ。ボディカラーはマットグレー、ホイールはブラック、ミラーはレッド

トヨタが公式に新型スープラをオークションへ出品。画像も公開 トヨタUSAが新型スープラの発売にあわせ、2019年1月19日にアリゾナにて開催されるオークション(バレットジャクソン主催)にて、「アメリカ第一号」のスープラを出品する、と発表。※スープラの発表自体は1/14さらにこの落札代金は、9/11テロにおいて(軍人や消防士など、救助活動にあたり)負傷した人々とその家族の救済に充てられる、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿まさかの2000GTも!トヨタ各車に加えホンダNSXやS2000の「もしも」系レン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2RSはなぜ「王の中の王」たりうるのか?裏側から技術的に解説してみた

ポルシェ911GT2RSの裏側はこうなっている。クルマの表より裏側が好きな人は必見 ポルシェ911GT2RSは言わずとしれた「ニュルブルクリンク王者」であり、ポルシェ911の頂点に君臨する「王の中の王」。これまでも数々のレビューが公開されているものの、今回ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)がTPCレーシングのガレージを訪問し、整備中の911GT2RSを使ってその構造を説明しています。 こちらもオススメ、関連投稿光の速さで登場。新型ポルシェ911「スピードスター」「カブリオレ」のもしも系レンダリング ...

ReadMore



>三菱(MITSUBISHI)

三菱がe-EVOLUTIONコンセプト公開。「オフロード」「4WD」という三菱のヘリテージを進化させたEV

投稿日:

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT発表。三菱のヘリテージを踏襲し、未来を示すEV

三菱が先日から予告を行っていた、「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT(ミツビシ・イーエボリューション・コンセプト)」を東京モーターショーにて公開。
三菱によると、そのコンセプトは下記の通り。

『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』は、当社の強みであるSUV、EV、そしてシステムの融合による新たな運転体験という3つの価値をお客様に訴求する、技術的なプロトタイプとして提案します。EVとの融合によるSUVのブレークスルー、システムが生み出すクルマの新しい魅力、三菱自動車のDNAである走りのパフォーマンスを具現化し、新しいブランド・メッセージ“Drive your Ambition”に込めた想い、これからの三菱自動車のクルマづくりの方向性を提示します。








MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPTはどういった車なのか?

高出力モーターをフロントに一つ、リアに二つ搭載する、トリプルモーター採用のピュアEV。
バッテリーはリチウムイオンで車体中央のフロア下に配置するという構造を持っています。

リアはそれぞれのモーターが独立した駆動力を発生させる「デュアルモーターAYC」。
さらには車両運動統合制御システム「S-AWC」を併せ持ち、ブレーキキャリパーも電動化することで4輪の駆動力を高いレベルで制御する、とのこと。
AYCによってアクティブに外輪のトルクを増加させ、加えてブレーキによって内輪のトルクを抑えるという「二重」の制御を行い、高い旋回性能を発揮する車と言えそうですね。

なお「AI」の搭載も一つの特徴で、道路状況や交通状況を認識し、ドライバーの操作から「ドライバーの意図する運転」を読み取ることで「安全で快適な」ドライブを実現する模様。
加えて「コーチング機能」を付与し、車両の考える「基準となる運転」と実際のドライバーによる運転との差を把握して「運転技術を工場させるためのメニュー」を表示し、音声対話やディスプレイへの表示によって様々なアドバイスを行ってくれるという便利機能も内蔵。

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPTのフロントを見てみよう

現在三菱は“Drive your Ambition”というメッセージを掲げていますが、これは「大きな志を持つことで生まれる独創的で存在感のある商品・サービスを通じて、世界中のお客様とともに成長していきたいという、三菱自動車の決意を込めた」もの。
そしてブランド構築の要として「デザインアイデンテティの確立」を掲げており、デザインフィロソフィとして”Robust & Ingenious”を発信。
こちらは「三菱自動車の持つ力強さ、本物感、考え抜かれた機能性を感じさせる独自性ある魅力的なデザインを創造する」としています。

三菱は現在「オフロード」「4WD」というふたつのヘリテージを持ちますが、今回のe-EVOLUTION CONCEPTは「4WD」に特化したコンセプト。
それを視覚的に表現するため、大きなタイヤを4隅に配置して「力強さ」「軽快感」を表現しているようですね。

EVらしくグリルは非貫通ですが、ヘッドライトの下にあるダクトからエアを取り込み、「電動ブレーキキャリパー」を冷却する構造。
最低地上高を高く設定し、ショルダー部を張り出させる反面、ボディ下部を絞り込むことで「四隅に張り出した」ホイール周りを強調しているとコメントしているとおり、実際にかなり力強い印象を持っていると思います。

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPTのリアを見てみよう

mitsubishi-e-evolution-concept-3

リアハッチの「六角形」はパジェロに搭載されていたスペアタイヤをイメージしているとのことで、これによって「オフロードでの走り」「三菱自動車のヘリテージ」を表現。
CピラーはBMW「i」シリーズや日産、トヨタにも見られるデザインを持ち、それによってルーフが浮いている(フローティング)構造に。
これについて三菱は「飛行機の垂直尾翼がモチーフ」と述べています。

インテリアについては画像は現在のところ未公開ではあるものの、三菱は「フローティングしたインストルメントパネル及び小型のメータークラスター、機能を集約したハイコンソール、前面大型ディスプレイにより、全く新しいコックピットを表現」と発表。
加えてランドローバーが以前に発表していた「透明ボンネット」、つまりボンネットに隠れて見えない「地面やタイヤの動き」をカメラとモニターを通じて投影することができるようですね。
なおガラスは「ラップラウンド型」で、これも航空機をイメージしたと思われる部分でもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->三菱(MITSUBISHI)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.