>パガーニ(PAGANI)

パガーニがレストアサービスの様子を動画で公開。「納車された時の感動をもう一度感じてほしい」

投稿日:2017/12/25 更新日:

| 顧客が望むならばネジ一本に至るまで新品に |

パガーニは先日そのレストアプログラム「Pagani Rinascimento」を発表していますが、今回はそのレストアをどんな風に進めるのか、を動画で公開。
パガーニは創業1992年で25年の歴史を持つ会社。
最初の車は1999年にリリースしており、これまでにも137台の車を販売しています。

「顧客は我々を信頼している」

動画ではゾンダをショールームコンディションへと戻す様子が紹介されていますが、まさに「全部分解」してボディパネルひとつひとつを丁寧に修復。
この様子を見ると「新車を作るよりも手間がかかる」ということがわかり、レストアの費用や時間が「かなりのもの」になる理由もわかります。

なおパガーニ創始者、オラチオ・パガーニ氏は自身の製品に対して強い愛着を持っているようで、事故を起こした車両も「新車レベルに」修復し、その情熱を語る動画も過去に公開。

そういったこともあってかパガーニのオーナーたちは「オイル交換を行うにも」わざわざパガーニの工場まで車を持ち込むと言われますが、今回の動画においてもオラチオ・パガーニ氏は「我々はパガーニのオーナーに、新車を受け取った時の感情とスリルを呼び覚ましたいのだ」と語っています。

おそらくは、ほとんどのオーナーがレストア時には最新のアップデートされたパーツやエアロパッケージを組み込むと思われ(ボディカラーや内装色を変更する人もいそう)、こうやって車を「一生大事に」してゆくのでしょうね。

工場と呼ぶにはあまりに美しい空間

pagani3

スタッフのユニフォーム(カーゴパンツにまで!)にはパガーニの文字やクワッドエキゾーストのイラストが。
このクワッドエキゾーストはパガーニのアイコンのようなもので、新社屋に設置された巨大な時計の文字盤にも使用されていますね。

pagani

リアのサブフレーム(シャシー)も車体本体から完全に分離して整備。

panagni2

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->パガーニ(PAGANI)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.