ad-728





>マセラティ(Maserati)

マセラティがこの1年で5度目のリコール。ブレーキ、ギアに続き「ガソリン漏れ」。最悪の場合は火災も

2018/01/11

| マセラティがここ1年で5度目のリコール |

マセラティがさらに(北米で)リコールを発表。
今回の内容としては燃料ラインからガソリンが漏れる可能性があり、最悪では発火に至る、とのこと。
対象車種はクワトロポルテとギブリ、台数はあわせて1406台で、現在ディーラーでは受注をストップしこの問題に全力で対処している、とのこと。

弱り目に祟り目のマセラティ

マセラティはこれまでもギアやブレーキの問題でリコールを何度か出しており、「かなり」リコールの多いメーカーに(北米では5回め)。
加えて度重なる(生産調整のための)工場稼働休止など、ここ数年はあまり良い話題のないメーカーでもありますね。

なお、現在アルファロメオもマセラティと同じくFCAに属しますが、アルファロメオも新型車「ステルヴィオ」、そして頼みの綱のジュリアにてリコールを発表。
こちらはブレーキフルードが漏れてブレーキシステムにダメージを与える可能性、加えてブレーキが効かなくなる可能性があるとしており、程度や発生率は不明ではあるものの、かなり重大な内容と言えそうです。

FCAにとってマセラティ、アルファロメオは数少ない有力ブランドかつ稼ぎ頭ではありますが、グループ全体として「資金難」でもあり、そのためたびたび「売却」の話も。
今のところFCAは売却について否定してはいるものの、ある日突然売却が発表される日が来るのかもしれません。

あわせて読みたいマセラティ/アルファロメオ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->マセラティ(Maserati)
-, , , , ,