>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルとトヨタがミドシップスポーツを共同開発?スバルはこれをBRZ、トヨタはMR2とし、次期86はロードスターと共通になると予想

スバルのミドシップスポーツは基本的に「ない」と考えるその理由 レスポンスによると、トヨタとスバルとが共同にてミドシップスポーツカーを開発の可能性がある、とのこと。もともとはスバルがミドシップスポーツカーを開発するというウワサに対し、「スバル単独でこれを開発するのは難しく、トヨタがこれに参加し、トヨタ側ではMR2としてこれを販売するのでは、という見解を示したもの。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型シボレー・コルベットはデトロイト・モーターショーでの発表ナシ?登場がまた遠のく可能性も

すでにプロトタイプが頻繁に見られるものの、発表はまだまだ? 新型シボレー・コルベットについてはウワサが絶えず、これまでにも価格やグレード、発売時期、エンジンについての話題が登場。さらには様々な予想レンダリング、キーの画像までネット上に登場し、「発表までカウントダウン状態か」というのが現状です。そして2019年1月に開催されるデトロイト・モーターショーにて新型コルベットが発表されるだろうというのが最近の定説でしたが、最新のウワサでは「デトロイト・モーターショーでは新型コルベットは発表されない」と言われている ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】これがブガッティの本社だ!まるで城のような外観、昔ながらの工場をユーチューバーが紹介

| ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティ・シロンの製造現場へ | 人気ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティの本社へを訪問。 ブガッティはフランスの自動車メーカーで、その本拠地は「モルスハイム」。 なお、最近SHmee150氏は本名の「ティム・バートン」を前面に押し出すことが多くなり、本名での活動に切り替えるのかもしれませんね。 ちなみにパープル系の衣類を好んで着用していますが、これも「セルフブランディング」のひとつなのかもしれません(ジャケットはShmee150氏のオリジナル)。 こち ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディQ4発売が近いとのウワサ。TTっぽいルックスの高級クーペSUVとなり、PHEVも投入か

| アウディはQ4を高級クーペSUVとして投入するとのウワサ | アウディQ4の発表が近い、との報道。 アウディはブランド初のクーペSUV「Q8」を今年発表したとことですが、Q4はそれに続くクーペSUV、ということに。 ただ、メルセデス・ベンツがGLCクーペ/GLEクーペというラインアップを持ち、BMWがX4/X6を発売していたのに対し、アウディはSUV大好きなメーカーであるにも関わらず、これまで「クーペSUVのラインアップはゼロ」。 こちらもオススメ、関連投稿 アウディ「Q8」のプロトタイプが走行中。後 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】アルファロメオ4Cがブッチギリ!ロータス・エキシージ、BMW M2との加速競争で「軽さ」の威力を見せつける

| アルファロメオ4Cがこうやってドラッグレース動画に登場するのは初めて? | アルファロメオ4C、ロータス・エキシージがドラッグレースにて対決するという珍しい動画が公開に。 動画は二本立てとなっていて、前半はBMW M2(MT)/BMW M2(DCT)/BMW M2コンペティションとが対決(こちらも相当に珍しい)。 その後にM2シリーズの覇者となったM2コンペティションを交え、合うrファロメオ4Cとロータス・エキシージとが勝負するという構成です。 こちらもオススメ、関連投稿 BMW M2/M4/M5/M ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW 8シリーズ・グランクーペのプロトタイプ再び。地味目のバンパーを装着する”エントリーモデル”か?

キャビンは大きく、しかし8シリーズクーペとは異なる雰囲気に BMW8シリーズ「グランクーペ」のプロトタイプが目撃に。BMWはすでに8シリーズクーペ(G14)、8シリーズ・カブリオレ(G15)を発表し、残す8シリーズは「グランクーペ(G16)」とM8(クーペ/コンバーチブル)のみ。 そして8シリーズ・グランクーペのプロトタイプは先日初めて目撃されたところですが、今回捕捉されたのはそのプロトタイプとは異なり、「ベースグレード」のようですね。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ガヤルドにリコール。「エラー記録がエンジンオフのたびに消えてエラーが出ていることがわからなくなる」

ランボルギーニはもともとリコールが非常に少ない車だが Lamborghini gallardo 今回のリコールはアメリカ国内にて届け出られたもので、2010年6月23日から2013年11月20日の間に製造され、かつアメリカに輸入された1,152台のみが対象となります。 その内容としてはECUのプログラムに不具合があり、エンジンをオフにする都度エラー記録が消えてしまい、よって「エラーが出ていたことに気づかず」に運転することで事故の可能性がある、とのこと。「事故の可能性」についてはどこにエラーが出るかによって ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型スープラ「米国納車第一号」が競売へ。ボディカラーはマットグレー、ホイールはブラック、ミラーはレッド

トヨタが公式に新型スープラをオークションへ出品。画像も公開 トヨタUSAが新型スープラの発売にあわせ、2019年1月19日にアリゾナにて開催されるオークション(バレットジャクソン主催)にて、「アメリカ第一号」のスープラを出品する、と発表。※スープラの発表自体は1/14さらにこの落札代金は、9/11テロにおいて(軍人や消防士など、救助活動にあたり)負傷した人々とその家族の救済に充てられる、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿まさかの2000GTも!トヨタ各車に加えホンダNSXやS2000の「もしも」系レン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2RSはなぜ「王の中の王」たりうるのか?裏側から技術的に解説してみた

ポルシェ911GT2RSの裏側はこうなっている。クルマの表より裏側が好きな人は必見 ポルシェ911GT2RSは言わずとしれた「ニュルブルクリンク王者」であり、ポルシェ911の頂点に君臨する「王の中の王」。これまでも数々のレビューが公開されているものの、今回ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)がTPCレーシングのガレージを訪問し、整備中の911GT2RSを使ってその構造を説明しています。 こちらもオススメ、関連投稿光の速さで登場。新型ポルシェ911「スピードスター」「カブリオレ」のもしも系レンダリング ...

ReadMore

>フォード(FORD) >その他アメリカ車

知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシップ化されるチャンスが過去にあった!

ダッジ・ヴァイパーのミドシップ化プロジェクトは「フォードGT」となって結実したとも言える こちらもオススメ、関連投稿FCAが公式にヴァイパー後継を否定。「そんなものは無い。そのカネも無い」またまたレアカーが競売に。車とは思えない形をしたコンセプトカーなど5台が登場【動画】コルベットをベースにした「ジェノベーションGXE」市販モデル公開。EVなのにMTも用意、すでにギネス最速記録も保有新型コルベットにはまだまだ秘密がある?今度はミドシップ化に伴い「放熱エンジンフード」をパテント登録新型コルベット怪情報。「名 ...

ReadMore



>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが「セナ」新色とその秘密を公開。「シートは3kgしかない」「機能のためにデザインを犠牲にした」

投稿日:

| マクラーレンセナの開発コンセプトは”3つの800” |

マクラーレンが最新ハイパーカー「セナ」の別カラーを公開。
あわせてデザイナーであるロバート・メルヴィーユ氏のインタビューも紹介しています。
ロバート・メルヴィーユ氏はマクラーレンの新任デザイナーで、それまでデザイン部門を統括していたフランク・ステファンソン氏の後任。








セナのデザインが独特なのには理由があった

セナのキーワードは「3つの800」にあるといい、それは「800馬力」「トルク800Nm」「ダウンフォース800kg」。
セナは「デザインがダサい」とは言われるものの、その理由はインタビューから判断する限り、「他のマクラーレンのクルマとは異なり、パフォーマンスの重要性がデザインの重要性に勝っていたため」と言えそうですね。

2018-mclaren-senna (1)

マクラーレン・セナのデザイン過程では不調和があった

「どんな車にもデザインにおける衝突、不協和はある。マクラーレン・セナも同じだ。だが、セナのゴールは一つしかない。我々はそのビジョンを共有し、同じゴールに向かった。720Sや570Sでじはエンジニアリングよりデザイン性を優先させているが、セナにおいてはデザインを機能に歩み寄らせている」

2018-mclaren-senna (2)

セナにおけるもっともチャレンジングな部分は?

「もっともチャレンジングだったのは、デザインによって求められる性能をどうやって実現させるかだ。セナでは800kgのダウンフォースを発生させる必要があったが、それを一体どうやって実現するのか。すべての法規をクリアしながらもブランドとしてのアイデンテティも満たさねばならない。求められる要素を一つのポットに入れて溶かし、それを抽出した」

2018-mclaren-senna (7)

セナの最も好きな部分は?

「それは”ポッド”だ。フロントセンターにはラジエター冷却用のダクトがあり、そこから左右の、アクティブエアロデバイス内装のポッドに導かれる。リヤのポッドからはルーバーを通じ、高温になったエアが排出される。これはビジュアルがクルマの機能を語る部分だ」

2018-mclaren-senna

インテリアで最もユニークな特徴は?

「シートとドアだ。ドアにに設けられたウインドウは、外観と内装両方とに影響を与える。そしてシートは軽量な、一体式の構造になっている。これは見た目の印象と実際の機能とがマッチしている」

2018-mclaren-senna (5)

自分のセナをどういった仕様にする?

「それは非常に難しい質問だ!だがボディカラーはブラックかホワイトがいい。いやホワイトのほうが伝統的なレーシングカーといったイメージがあるかもしれない。MSOを通じてスプリッターをブルーもしくはグリーンにペイントするのもいいかもしれない」

2018-mclaren-senna (8)



なお、マクラーレン・セナは2年前に「プロジェクト15」としてスタートした、とのこと。
「軽量性」が重要な課題であったといい、そのためにP1で採用されたハイブリッドシステムを排除。
カーボンファイバーほか軽量素材を大量に使用し、ドア単体の重量は720Sの半分(約10キロ)しかないとしています。

2018-mclaren-senna (9)

上述の「軽量シート」は指二本だけで持ち上げられるほどだといい(約3.35キロ)、リアウイングの重量はあれだけの大きさにも関わらずわずか10キロ。
なおマクラーレンP1の重量は1395キロ、マクラーレン720Sは1283キロ、マクラーレン・セナは1198キロに収まっており、「いかに軽いか」もわかりますね。

なお、今回0-100キロ加速が2.8秒、最高時速が340キロであることも公開されています。

2018-mclaren-senna (6)

あわせて読みたい、マクラーレン・セナ関連投稿

2018-mclaren-senna (3)

なお、マクラーレン675LTを所有するユーチューバー、MrJWW氏が早速マクラーレン・セナの動画を公開。
そのサウンドも披露しています。
マクラーレン本社の様子、セナ付属のヘルメットなど、なかなかほかでは見られないカットも収録。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.