>ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーのコンフィギュレーター公開(1)。ボディカラー編

投稿日:

| ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー専用色も |

ランボルギーニがウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーの簡易カーコンフィギュレーターを公開。
すでにウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーの日本語ページも公開されていますが、最近のランボルギーニはワールドプレミアとほぼ同時に日本語ページも公開されるようになっており、ちょっと前までのランボルギーニからすると信じられないほどの飛躍です(そんなに前でなくとも、公式ページが無い時期もあったくらい)。

ボディカラーはこんな感じ

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーのボディカラーは全部で16色。
イメージカラーに使用されている「Blu Aegeus」が今回の新色かつウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーの専用色となるようですね。
カタログカラーとして30色近くがラインアップされるフェラーリに比べるとちょっとさびしいように思いますが、標準色で満足できない場合はランボルギーニのカスタマイズ・プログラム「アドペルソナム」で対応できるので問題はなさそうです(ストライプを入れたり、ということもできる)。

なお、ランボルギーニのボディカラーについて、そのほとんどは星座やギリシャ神話に由来。
たとえば「ビアンコ・イカルス」の”イカルス”は蝋で固めた羽で空高く飛び立ったあの若者のことで、「ロッソ・マルス」の”マルス”は闘神、「ヴェルデ・マンティス」の”マンティス”は預言者のこと。

今回の新色、Blu Aegeusの”Aegeus”は、日本だとアイゲウスと表記されることが多く、ギリシャ神話上では「アテネの設立者」にしてその王であり、「エーゲ海」の名称の由来でもあります(それで今回のカラーがブルーなのかも)。

ソリッド系

まだウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーのプライスリストを入手できてはいないものの、これまで通りだとソリッドについては「追加費用なし」となっています。
ちなみにサイドの「イタリアントリコローレのストライプ」はステッカーで、これは「あり」「なし」が選択可能(ボディカラーによっては”なし”のみ)。

Nero Noctis。

huracan2

Bianco Monocerus。

huracan3

メタリック系

クーペ版のウラカン・ペルフォルマンテだとオプション費用は「245,592円」。

Nero Helene。

huravcan4

Grigio Lynx。

huracan6

Grigio Nimbus。

huracan7

Bianco Icarus。

huracan8

Rosso Mars。

huracan1

パール系

こちらもクーペモデルのウラカン・ペルフォルマンテだと477,468円の追加費用が必要に。
「スパイダー」はルーフが無いぶん塗装面積が小さくなっており、そのぶんオプション費用が抑えられているのか同課は不明です。

Arancio Borealis。

huracan9

Giallo Inti。

huracan10

Verde Mantis。

huracan11

マットペイント系

これもクーペモデルだと1,446,012円のオプション。

Nero Nemesis。

huracan12

Grigio Titans。

huracan13

Bianco Canopus。

huracan14

Arancio Anthaeus。

huracan16

Giallo Horus。

huracan17

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.